2009年02月19日

佐原おまけ

先日訪れた香取神宮のある佐原は、
「重要伝統的建造物群保存地区」として有名。

「佐原おまけ」どころでなく、
江戸情緒が残るこの町並みを目当てに
訪れる人が多いんですよね。

佐原町並み.JPG

先日、城下町が残る信州・上田に行ってきたばかりなので、
ちょっとばかりデジャヴ。

上田は真田一族の本拠地。
池波正太郎の『真田太平記』の影響も大きいのでしょう、
真田幸村は戦国好きの中でも
かなりの支持を集めていますよね。
家康に何度も泡を食わせ、無謀と言われつつも
最期まで抵抗した姿はまさに日本人好み。
私も好きです。

こちら佐原。というか、香取郡を領土としていたのは
国分氏

真田氏と北条氏の争いが発端となり始まった
豊臣秀吉の北条攻め(小田原征伐)。
これにより関東一円が
秀吉に制圧されたことは知っていましたが、
国分氏の矢作城もこのときに落城させられたそう。
その軍勢を率いていたのがまた!徳川家康ですよ。

そして、この佐原はその国分氏の遺臣であった伊能氏が
帰農して開墾した土地なんだとか。

伊能、といえば?

はい、伊能忠敬です。
我が町・深川の富岡八幡宮には
忠敬の銅像が立っています。

彼が婿養子に入ったのが、この佐原の伊能家。
その家が今も残っています。

忠敬はやはり優秀な人だったようで、
当時の家業だった酒造業と米穀売買をみるみる軌道に乗せ、
村の名主としても抜群の手腕を発揮していたようです。

そんな彼が家督を息子に譲り、天文学を学ぶため
江戸に出てきたのが50歳のとき。
それから全国測量の旅に出るわけですから。
大したもんだなあ。
そういうふうに生涯現役でいきたいなあ。

忠敬が江戸で住んでいたのが私が今、住んでいる辺り。
そして、いつも富岡八幡宮にお参りしてから、
測量に旅立っていたそうなのです。

深川と佐原と上田と。
本で読んだり、知識として知っていることも、
実際にその土地に行って、見て歩いて、
はじめて腑に落ちるというか、“つながる”感じを得ます。
そういう瞬間がすごく好き。
歴史好きでよかったなあと幸せに思う瞬間です。


ラベル:歴史 深川
posted by はたまゆ at 23:11| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリギリガールズ

あーもー。
日々、ホントにギリギリの綱渡りを続けております。
綱、渡れてません、正直なところ。
途中、何度か落ちました。

でも、もうすぐ。
今日の午前中で終わるはず。

しかし、この間、ニュース見るたび腹の立つことばかり!

森!
報道陣に向かって、「どけ!」「うるさい!」とはなんだ。
ヤ●ザか!
あんなこと朝青龍がやったら大変ですよ。
報道陣よ、政治家には言わないのか。
政治家に品格は必要ないのか。

必要ないとしか思えないですよね。
ねー、中川!
酒にしろ、鎮痛剤にしろ、緊張感なさすぎ!

委員会で質問していた民主党議員!
追求すべきはそこだろう!
酒飲んだか、口つけたか、くだらないこと聞くな!

あの状態であの場に出した周りの人間もなんだ!
守るべきは国益と、なにより誇りだろう。
足の引っ張り合いはたくさんです。

そう声を大にして言いたい! 小泉!
ハンパに出てくるな!
問題を大きくするだけ大きくして、
後片付けはしないあなたのやり口はよーくわかってます。
靖國問題であなたがしたことを私は忘れない。

そして、麻生!
北方領土は「4島返還」!
これ大原則でしょう!
ニタニタ笑って握手なんかするなー!!!

あーもー!!!

ちょっとショックなことがあり、
頭カンカンして眠れないからブログ書き出したんだけど。
なんか余計、眠れなくなりました…。

仕事が全部終わったら、
今日はちょっとゆっくりする時間あり。
ブログに楽しいこと書きたいと思います。
ラベル:つぶやき 愛国
posted by はたまゆ at 03:05| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。