2010年12月19日

本格的に冬ですねえ。
毎年こちらに書いていることですが、
湯沸かし器をつけていないため、
水オンリーの我が家のキッチン

ここ数日、手がちぎれんばかりの冷たさです。

お皿を洗うにも、
料理するにもしんどい季節になりましたが、
このときだけはちょっとだけ
その冷たさが救いになります。

お水.JPG

数年前、京都で仕事をしていたとき。

夕方、ちょっと荷物を置きに帰ったホテルで
テレビをつけると、青山繁晴氏が出ていました。

硫黄島(「いおうとう」が正式名称です)へ
行ってきた直後らしく、
現在の島の状況、
あの硫黄島での戦いの体験者などから聞いた話を
熱く語っていました。

話の内容もさることながら、
『TVタックル』などの討論番組では
ちょっと斜に構えている印象の青山氏が
涙まで流しながら話しているのに驚いて
聞き入ってしまった私。

硫黄島での戦い。
栗林忠道中将以下、300名あまりが、
日本本土へのアメリカの進攻を一日でも遅らせるため、
アメリカ軍に少しでも損害を与えるため、
地下坑道にこもり、1か月以上を戦い抜いた
太平洋戦争末期の戦闘。

地下坑道は地熱で、時には50度にもなる熱さ。
飲み水もすぐに底をつき、
その喉の渇きは
「たとえようもない苦しさだった」そうです。

青山氏は泣きながら

「その喉の渇きの中で、
何百人もの日本兵が死んでいきました。
いまだに骨も拾ってもらえていません。
皆さん、せめて、毎朝1杯の水を
彼らに捧げてもらえないでしょうか」

と訴えていたのです。

以来、毎朝、コップ1杯の水を供えるのが
私の習慣になりました。

夏は水もなまぬるいので、
なんだか申し訳ない気持ちになります。

冬の寒い朝、水がキンと冷えている日は

「硫黄島で戦ってくださった皆さん、
今日の水はおいしいですよ」

と、ちょっとうれしい気持ちで手を合わせるのです。

先日、菅直人がどういうつもりか、
硫黄島を訪ねていましたが、
そのニュースの中で

「地熱のあまりの熱さに、
わずかな時間しか地下坑道の中にいられないため、
遺骨収集がはかどらない」

と、何気なく伝えられていました。

現代の元気な人間が
わずかな時間しか耐えられないほどの熱さの中に
日本兵は1か月以上もこもって戦い続けたんですよ。

そのニュースを見て、また涙が出てしまいました。

毎朝手を合わせているときも、
今、NHKで放送されている『坂の上の雲』を見ても、
先人たちが必死の思いで築き上げ、
必死の思いで守ってきた、この国を
私たちは台無しにしてしまっているんじゃないか…。

そんな不安と申し訳なさで、胸がいっぱいになります。

今年も、何もできないまま暮れていきますよ。
しょんぼり。


ラベル:愛国 季節
posted by はたまゆ at 20:16| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。