2012年01月09日

覚悟

正月早々、靖国神社放火のニュースに
「何を!!」と思っていましたが。
捕まりましたね、犯人。

ソウルの日本大使館にも火炎瓶を投げ込んだと聞き、
何ヤツ!?と思えば、
「祖母が従軍慰安婦だった」という中国人。
その理由が
「慰安婦問題に謝罪しない日本の態度に抗議して」というもの。

タチ悪い〜!

慰安婦問題を大きくしたい団体、大喜びですよ。
「気の毒に」なんてうっかり思ってしまう日本人もいそうだし。
あーもう。


さておき。
昨日は初釜でした。

東京ドームホテルの「熊魚菴たん熊北店」にて。

お店の奥に茶室があるのですよ。

茶室.JPG

素敵。

お茶の前に、まずお食事。

前菜.jpg

たん熊さんですからね、お味はもちろん
食器も素晴らしいのですよ。

小鉢.JPG

干支にちなんだ?龍の小鉢。

金つぎなどが施してあるお皿もあって、
いいものを大切に使っているのだなあと思いました。

そして茶室に移動。

花びら餅.JPG

とらやの花びら餅からスタート。

通常の花びら餅より、ひとまわり大きいのですよ。
お腹いっぱい食べたばかりで、一瞬「うわー」と思ったら…

ウマイ!!!!

絶妙なやわらかさのお餅にとろけそうな味噌あん。
縁高のふたを開けたとたん、ほわ〜と漂うごぼうの香り。

500円以上するのだそうですが、それも納得のおいしさでした。

さすが、とらや! 羊羹だけじゃないのですね。

続く干菓子もお正月らしく。

干菓子.JPG

私もお点前させていただいたりして。

お点前.jpg

よその社中はどんなだか知りませんが、
とても和気あいあいとした、楽しい初釜なのです。

順番にお点前したり、
お道具も持ち寄って、それぞれのエピソードなどを話したり。

お茶碗.JPG

それもこれも、先生のお人柄によるところ大かなと思うのです。

そういう先生だからこそ、優しい先輩方が集まり、
何年経ってもうまくならない私も
一緒に楽しませていただける。

「その人その人の楽しみ方、学び方がある」という思いが
浸透している場所なのです。

ああ、やはりお茶はいいなあと思いました。


数日前に、銀座の松屋で現在開催中の
上田宗箇展を見て。

ポスター.JPG

戦乱の世、命をかけて戦い、
束の間の休息を茶の湯と共に過ごした武人の生き様、
一服の茶にかける覚悟を感じたのですよ。

「仕事の合間にバタバタ行って、
おいしいお茶をいただいて『ああ、落ち着く〜』なんて
腑抜けたこと言ってる場合か!」

と自分に喝を入れたのですが。

やはり今の私にとって茶道は、
日常から切り離してくれて、ゆるっとさせてくれて、
でも「もっと勉強しなくちゃ!」とも思わせてくれる
優しいものだなあ、と思った次第。

この後、もっと厳しく向き合う時期も出てくるのかな。
それはそれで楽しみだなあ。

皆様にも、何かそういう楽しみはありますか?


ラベル:茶道 愛国 着物
posted by はたまゆ at 19:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。