2015年09月21日

お江戸生活

お彼岸の連休(シ★バーウィークとは言いません)、
皆様いかがお過ごしですか?

私は仕事です。

でも本日は朝からお墓参り。
両国経由の浅草という大好物なサイクリングコースです。

途中、前々から狙っていた横綱バーガーにピットイン。

IMG_1898_R.JPG

和牛のパテの大きさが
横綱150g、大関110g、小結80gと、
相撲好きの心をくすぐる店です。

IMG_1899_R.JPG

10分ほどかかりますが、
ハンドメイドな味わい。

隅田川公園で、スカイツリー眺めつつ
いただきました。

IMG_1900_R.JPG

ちなみに、大関450円也。
100円で、アボカドやチーズ、タルタルソースなど
トッピングできます。

隅田川公園、彼岸花がたくさん咲いていました。

IMG_1902_R.JPG

毎年、お彼岸には必ず通っているはずなのに、
初めて気が付きましたよ。

IMG_1911_R.JPG

いや、去年まではなかったはず…。
こんなに群生していたら、覚えているはずです。

そういえば今年、あちこちで彼岸花を目にします。
風に乗って、エリアを広げているのでしょうか?


お墓参り後はお約束の待乳山聖天さんにお参りです。

IMG_1914_R.JPG

むさぼり、あがき、怒りの象徴である大根を奉納し、
代わりに心の静けさを与えてもらえます。

IMG_1916_R.JPG

境内では、10月4日まで浮世絵展も開催中。

IMG_1915_R.JPG

江戸の名所である待乳山は、広重はじめ、多くの絵師によって
描かれています。

待乳山から浅草寺方面を眺めた絵では、
中村座、猿若座、市村座などの芝居小屋に新吉原までが一望。

この時代の浅草をうろうろしたかったなあ。

今の時代の浅草はとんでもなく混んでいました。
にぎわっていていいのですが、
「え、こんな店に?」と首かしげたくなる店にまで
長蛇の列。

横綱バーガーにするか、尾張屋で天そばにするか
迷っていたのですが、横綱バーガーで大正解。
尾張屋なんて、絶対入れなかったよ…。

それはまた平日昼間に
ふらっと行っての楽しみとしましょう。

お江戸生活はいいなあ。
タグ:美術 下町
posted by はたまゆ at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

慈しみ

大相撲九月場所が始まりましたね。
日馬富士に続き、
初日からまさかの連敗を喫した白鵬の休場。

ガーン!どころじゃなかったです。

というのも、
今場所13日目のマス席をゲットしているからー!

こうなったら、ひとり横綱になった鶴竜の優勝を
全力で応援しよう!と思っているのですが、すでに1敗。

連日ハラハラな取組で、胃が痛いです…。

でも白鵬がいない分、優勝争いは混戦必至。
13日目はきっとおもしろくなっているはず!

楽しみだわ〜。

…と、こちらではお気楽なことばかり書いていますが、
私自身、今年はなかなか波乱の年で。

foodpic5982318.jpg

お手伝いした『運命の変え方』『運命を変える言葉』
ともに、10万部超の人気占い師、ゲッターズ飯田さんに

「今年は予想外なことが起こる年なので、
それを楽しんでください。
最後は楽しんだもの勝ちです」

と、言われていたものの、

予想外にも程があるだろう―!!!

と、ちゃぶ台ひっくり返したくなるほどのことが
続いています。

「あ、もうこれで落ち着くかな。うれしいな」と
思ったところで、それがまたどんでん返しされる。

これってね、精神的にじわじわきますよ。
「楽しもう」と、自分に言い聞かせ乗り越えてきましたが、
大小さまざまな傷のようなものが積もり積もって、
呼吸がうまくできていない状態になってきました。

自分を守ろうとして、不必要な力が入ってしまって、
体がガチガチになってしまっている感じ。

こうなると、単なるマッサージや温泉などでは
解消できないのです。

はてさて、どうしたものか…と思っていたところ、
宇宙調律エナジーワーカーのひらくさんから
あるご案内が。

「宇宙調律エナジーワーカー?」

と、思われるでしょうか?

詳しくは、コチラをご覧いただくとして、
私流に解釈すると、
思い込みや過去に受けた傷から解放されて、
少し楽に生きられるような気付きを与えてくれる人。

自分のエナジーをそのまま自由に使えたら
楽に、楽しく生きられるのですよ。
そんな調律をサポートしてくれる人です。

イラストレーター、デザイナーでもあるので、
実は、私の名刺はひらくさん作。

IMG_5293_R.JPG

「藤ですか?」と言われるのですが、
今の私に必要なエナジーの変化によって、
花の色が変わる仕組みになっているのです。

最初は水色だったんですよ。
次あたり、また違う色になっているかもしれません。

さて、そんなふうに頼りにしているひらくさんが
新しく「フィジカルチューニング」なるものを始めた、
というご案内がきたのです。

これまで遠隔でもエナジーチューニングをしてきた
ひらくさんが、実際に体に触ってチューニングをする。
これって、とんでもなく効きそうじゃないですか!

喜び勇んで行ってまいりました!
京王多摩川駅から徒歩5分ほどのマンションの1室。

横になっている私を見て、
手の平や手の甲などをスッスッと触るくらいなのですが、
なんだか体がみるみる楽になっていく…という
不思議な施術でした。

同響法という整体法で、
ひらくさんは足元にいるのに、
なぜか顔の奥の骨だか細胞?だかが
ぐるぐる動いていく感覚がしたり。

施術中、歯をかみ合わせてみたら、
いつもと全然違う感覚になっていました。
ひらくさんによると、ズレていた顎が
本来の場所に戻ったらしい。

施術後、立ち上がったら、
いつもより身長が伸びたような気がしました。
視界が広がったのか、しゃんとした感じ。

人によって違いはあるでしょうが、
これから効果や変化が徐々に起こってくるようなので、
日々その感覚を楽しみたいと思います。

10月末までは、特別に90分4000円で
体験できますよ。
詳細、予約などはコチラから、どうぞー。

ついつい肩に力が入りすぎてしまったり、
反対に「なんだかやる気が出ない」など、
自分とうまく付き合えていないなあ…と思う方はぜひ!

自分とうまく付き合えないのに、
他人とうまく付き合えるはずはない。

まずは自分のことを大事にして、
自分と仲良くなろうと思う、この秋です。

posted by はたまゆ at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

重陽の節句

雨が続きましたが、
11日のNHKカルチャー講座
『改めての東京寺社めぐり〜由緒を訪ねて〜』も
無事終了しました。

真夏日との予報に
「ああああ、神様の大サービスVol.3なるか」と
思いましたが、そこはもう秋。

ときおり心地いい風が吹き、
楽しい歴史散歩となりました。

第2クール最終回となるこの日めぐったのは、人形町。

残暑の折、3時間歩くのはつらいかなと思い、
大観音寺のご住職様に講話をお願いしました。

IMG_1853_R.JPG

比叡山で修行され、千日回峰行もされたご子息による
護摩行と御加持も受けられ、
ありがたいことこのうえなし。

IMG_1857_R.JPG

境内には、回峰行でのわらじも。

護摩行は毎月11日の御縁日の11時と15時に
行われているそうです。

御本尊の開帳は本来、毎月17日だけだったのですが、
11日も開帳となったありがた〜い理由は
コチラをどうぞ。

この講座、10月からも続きます。
現在、新規の生徒さんも募集中。
毎月第2金曜日の13〜16時です。

月1回、歴史をたどりつつ、おいしいもの食べて、
のんびり歩いてみませんか?

詳細・お申込みはコチラから。

お待ちしております!

この講座でもいつも思うのですが、
私は見ること聞くこと食べること、
日々のすべてが仕事につながる。

そういうことをお伝えして、喜んでいただけるのは
このうえなく幸せなことです。

そんな思いもあり、9月9日、重陽の節句の日。

朝から台風のどしゃ降りでしたが、
赤坂の日枝神社では「回廊で重陽の節句茶会実施」と聞き、
立ち寄ってみることにしました。

IMG_1832_R.JPG

これ以上ないくらいのどしゃ降り!
ドリフのオチで使われるくらいの水圧でしたが、
粛々とお茶会は行われていましたよ。

IMG_1835_R.JPG

奈良時代より宮中行事として取り入れられ、
菊の花を漬け込んだお酒をいただいたり、
前夜から菊の花に真綿をかけておき、
菊の香りと朝露をふくんだ真綿で体を清めたりしたと
伝えられています。

IMG_1839_R.JPG

御神酒に菊の花びらを浮かべたもの。
これだけでも、菊のいい香りがしました。

IMG_1836_R.JPG

お煎茶のお点前でした。
きちんと見たのは初めてですが、
お道具がおままごとのように小さくて、
かわいかったです。

この後、お茶の稽古だったので、
皆様にもお裾分け…と、菊の葉と花びらを持っていったら、
先生がこんな素敵な趣向にしてくださいました。

IMG_1842_R.JPG

ああ、いいなあ。

ハロウィンとか恵方巻とか
ワケわからん商業主義に乗せられる前に、
こういう日本の文化を大事にしてほしいなあ。

といいつつ、こんなことになりましたけどね。

12006182_802219329896113_8595119416607289860_n_R.jpg

菊ビール、オツな味がしましたよ。
こういうことも経験経験。

posted by はたまゆ at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

仕打ち

雨が続きますね。
今日の朝は、クロックスみたいなのをはいた若い男の子が
駅の階段で滑って転がり落ちてました(2〜3段だけど)。
どこもかしこもジメジメのじっとじと。
お日様が恋しいです。

その後、先ほどまで会議室にこもりきりだったので、
鬼怒川決壊のニュースも知りませんでした。
帰ってきて、ニュースを見てビックリ。
どうか被害がこれ以上、広がりませんように。

こんなとき、いつも思い出すのが、
昭和32年、防衛大学校第1期学生の卒業式での、
吉田茂の訓示です。

「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、
歓迎されることなく、自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。
御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、
外国から攻撃されて国家存亡の時とか、
災害派遣の時とか、
国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君達が日陰者である時の方が、
国民や日本は幸せなのだ。どうか、耐えてもらいたい。

一生御苦労なことだと思うが、
国家のために忍び堪え頑張ってもらいたい。
自衛隊の将来は君達の双肩にかかっている。
しっかり頼むよ」

読むたび、泣けます。

1441868999_1441868998_1441868992_aflo_owde916262.jpg

今も憲法上はそういう日陰の存在である自衛隊。
日本のために日々尽くしてくれている自衛隊に
いつまで仕打ちを続けるのか。

一日も早い憲法改正を願います。
タグ:愛国
posted by はたまゆ at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする