2016年03月16日

チャンス

大相撲春場所が始まりました。

「荒れる春場所」の名にふさわしく?、
初日から白鵬、鶴竜に土。
3日目の昨日は、琴勇輝が日馬富士に涙の初金星。

一方、大関はそろって順調。

特に、「綱取り」ということで、
今場所一番の注目である琴奨菊は
調子いいみたいです。

私的には、ちょっとおもしろくないところですが(天邪鬼)。

だって、初日にインタビュー聞いて、
我が耳を疑いましたよ。

「チャンスはいくらでもあるから、
特別に綱取りを意識しない」
とか言ったんですよ!
なんたること!

甘い! チャンスなんか、そう何度もあるか‼

と言いたい。

意識すると、本来の力が出せないので、
あえてそういう発言をしているらしいのですが、
にしてもねえええ。

そんなことで本来の力を出せないヤツが、
綱の重みに耐えられるはずがない、と思ってしまいます。

この琴奨菊の注目されっぷりに発奮した
稀勢の里が今場所、優勝。
来場所からどっちが綱取りかで競い合う、
という筋書きが盛り上がる気がするのですがー。

私は最近、正代がお気に入りです。
ほんのり朝青龍似。

20140019.jpg

でも春場所、なかなかおもしろくなりそうですよ。


お知らせです。
明日17日(木)19時からは月に一度のお約束、
ニコニコ生放送の日です。

コチラから「タイムシフト予約」をしていただければ、
無料でご覧いただけます。

どうぞよろしくお願いいたします。
コメントもお待ちしていまーす!

ラベル:相撲 仕事
posted by はたまゆ at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

しばしのお別れ

また寒さがぶり返しましたねえ。

というか、ここ2〜3日は、
この冬一番の寒さのような気がします。

長らく、このブログをお読みいただいている方には
おなじみの、湯沸かし器のない我が家のキッチン。

毎年、冬は手がちぎれんばかりになりながら、
お皿を洗ったり、お米を研いだりしているのですが、
今年はそんな日が一度もなかったのです。

まあ、冷たいけど、それほどでもない。

一昨日昨日の冷たさに、
「そうそう、これこれ!」と思いました。
暖冬だったのでしょうねえ。

こういうこともわかるので、
湯沸かし器がないのはちょっとお気に入りでもあるのですが、
最近、ある疑念が…。

お隣が引っ越しをして、今、空き家なんですけど、
キッチンの窓ガラスに

はっきりと湯沸かし器が映っているのです。

なんで?

新しく隣に引っ越してくる人は、
湯沸かし器つきの部屋に住めるの?

もしかして、それでお家賃一緒なの????

なんだか、モヤモヤするわ〜。


本題。

先週、金曜日はNHKカルチャー『東京寺社めぐり』
本駒込〜白山編でした。

日光あたりでは雪が降った日だったので、
寒かったけど、そこここで花に迎えられました。

IMG_4835_R.JPG

駒込富士として有名な富士社。
御祭神のコノハナサクヤヒメそのままに、
早咲きの桜。

IMG_4836_R.JPG

白山神社は、梅にコブシに沈丁花にと、
花盛りでした。

この日のメインテーマは、八百屋お七。

お七が寺小姓と恋に落ちたと言われる
吉祥寺や圓乗寺。

圓乗寺には、お七のお墓も残ります。

IMG_4821_R.JPG

お七が火をつけたといわれる大圓寺には
火あぶりにあったお七の苦しさを救おうと、
火で焼かれたほうろくを頭に乗せるほうろく地蔵さまが。

IMG_4818_R.JPG

首から上の病気に効くと言われ、
全国から人がお参りに訪れています。



実は、お七のことを話すとき、私は以前、体験した
不思議な話を思い出すのですよ。

同じく、お七のことを取材した6年前のこと。
「お相手の吉佐さんはその後、どんな人生を送ったのかな?」
なんて、ちょっと気になっていたのです。

そのとき、歩いていて目についた、
とあるお寺に、本当に、ふらっと入ったのですよ。

それまでも何度も前を通っていたのに、
入ったのはその日、初めて。

そしたらなんと、

吉佐さんのお位牌が残るお寺

だったという…。

そこで、お七の死後、吉佐さんが出家して、
お七の供養をしながら、立派に生き抜いたことを知りました。

「わかってくれました?」と吉佐さんに
言われた思いがしましたよ。


この仕事をし出してから、そんなことが
結構あるのです。

そのたび、どなたかわからないけれど、
「応援してくださっているのだなあ」と、
心底ありがたい気持ちになります。

そんな吉佐さんとの顛末はコチラに。

ご興味のある方はどうぞお読みください。

そんなことが話せたり、新しい発見があったり、
とってもたくさんのことを勉強させていただいた
NHKカルチャーですが、この日でしばし中断。

月イチは結構、時間的、労力的に大変だったのですが、
来月からない…と思うと、かなり寂しい。

生徒さんもいい方ばかりで、
とっても楽しかったのです。

また秋頃に再開できればいいなあ。

それまでに、しゃきしゃき仕事を終わらせなければ〜!
posted by はたまゆ at 23:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

座敷牢ときどき…

嵐の二宮和也くん、
アカデミー賞・最優秀主演男優賞ですかあ。

去年、岡田准一くんが
最優秀助演男優賞を受賞したときの
「僕を映画人と認めてくださって、
ありがとうございました」というスピーチは
心底ぐっときました。

IMG_8639.JPG

長年、アカデミー賞などの映画賞を辞退し続けていた
ジャニーズ事務所。

どんなにたくさん映画に出ても、
どんなにいい芝居をしても、
どこかアイドルであり、アイドル映画であり。

役者とは認めてもらえない葛藤を
抱えていたからこその言葉でした。

その直後、最優秀主演男優賞もとってしまったときは
「岡田くん一色になりすぎでは…」と思ったけど、
それもまあ、あの内容と活躍を思えば
「仕方ないか」と思ったのです。

ところがですよ、
2年連続のジャニーズの最優秀主演男優賞獲得。

解禁になった途端の、この

ジャニーズのアカデミー嵐…いや、荒らし。

いいのかなあ…と思ってしまう。
まあ、受賞作品を見ていないので、
なんとも言えませんが。

来年、また岡田くんがとったらどうしましょうね?


さておき。
2月、熊野に行って以来、ほとんど家に
こもりっきりで仕事しております。

それでも2月のノルマ果たせず、
3月はさらに座敷牢が決定した先週末。

「このまま、座敷牢続行したら気が変になる」と思い、
ちょっと外の空気を吸いに出かけました。

IMG_4775_R.JPG

横浜です。

私はどうにも横浜とウマが合わず、
できれば行きたくない土地なのですが、
この日は行かねばならないワケがあったのです。

IMG_4736_R.JPG

先日、日本橋三越で開催されていた眞葛香山展。

幕末の京焼きから出発、
横浜に窯を移してからは「眞葛焼」として外国人にまで
人気のあった焼き物。

初代から三代までが見られましたが、
やはり初代がスゴかった。

今年はその初代・香山の没後100年にあたり、
あちこちで香山展が開催されています。

横浜にある、眞葛ミュージアムでは
初代没後100年記念展開催。

先週の日曜は最終日ということで、入場無料。
しかも館内の撮影自由。

というわけで、嫌いな(しつこい)横浜に
出かけることにしたのでした。


日本橋で見た蟹に匹敵するような
超絶技巧の数々。

IMG_4770_R.JPG

かと思えば、優美で繊細な絵付けの花瓶もあり。

IMG_4773_R.JPG

生涯、新しい技術を追い求めた初代・香山の凄味を
堪能することができましたよ。
満足。

続けて、馬車道の神奈川県立歴史博物館へ。

悲劇の天才画家・五姓田義松展が狙いでしたが、
こんな特別展を開催中。

10178049_881332161984829_1404893779918915491_n_R.jpg

常設展もじっくり見ちゃって、気づけば15時過ぎ。

とうに帰宅して、仕事を始めている予定だったのに…と
思いつつ、足はふらふらと桜木町駅ではなく、野毛へ。

横浜で唯一、といっていいくらい「行ってみたい」と
思っていた場所。

こんな街です、ウフフ。

12801300_881341495317229_4809932285682853611_n_R.jpg

横浜でも下町に当たるらしい。
どうりで、しっくりくるわけです。

小腹も空いてきていたので、
ナポリタン発祥の店といわれている
老舗洋食店・センターグリルにて。

IMG_4780_R.JPG

こんなことになっちゃったよ、あはは。

12799211_881341475317231_4475721902289440508_n_R.jpg

いいもん、帰りの電車でアルコール抜けるもん、
なんて言い訳しつつ。

で、この週末はがっちり座敷牢。

すでに疲れてるんですけど…、ふう。
頑張れるのか???
ラベル:美術展
posted by はたまゆ at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

儀式

ああ、今日から3月ですねえ。

早い! 早すぎるぞ‼

2月頭に終わらせるはずの仕事が
まだ終わっていない(汗)身の上としては
足取り重く、おついたち参りをしてきました。

12800270_882329378551774_7588188064131855354_n_R.jpg

富岡八幡宮の参道の、春の日差しで
いっぱいなこと〜!
灰になるかと思いましたよ。

て、ドラキュラかい!

罪悪感という十字架を背負っているからか、
いろんなことがノイローゼです。

そんな私をお構いなしに、
季節は容赦なく進んでいきます。


八幡宮の片隅にある、七渡弁財天は、
この地に一番古く祀られている神様。

12790956_882329408551771_240988357642260036_n_R.jpg

私は大好き。
見守ってもらっているような気がしています。


おなじみ、深川不動堂。

12805844_882329395218439_7664321883232198521_n_R.jpg

その参道にある永代寺には、
私が新しい仕事が始まるときなどに、
手を合わせにくる、取り持ち地蔵さま。

10421483_882329421885103_5489130908562740855_n_R.jpg

縁を取り持ってくれるのかなあと
勝手に思っています。

永代寺、今は小さいですが、
永代橋の名の由来ともなった由緒あるお寺。

江戸時代は、富岡八幡宮も深川不動堂も
永代寺内にありました。

ああ、江戸時代の深川、行ってみたいなあ。
両国で遊びたいなあ。



そんな逃避はさておき、
帰ってきて、またパソコンに向かっております。
2月、あんまり頑張れなかった分、
きりきり行かないと!


毎月、1日、15日とお参りをして思うのは、
しっかり集中して、真っ直ぐにお参りできたタームは
仕事などもはかどる。

反対に、心に余裕がなくて、
お参りもおざなりになってしまったタームは
なんとなく悔いの残る過ごし方になってしまう。

私にとって、月に2度の、
本当に大事な儀式になっています。

それがわかっているんだから、
毎回しっかりお参りすればよさそうなものを
人間って不思議。

同じように手を合わせていても、
心の動きが違うのです。

今日はなんだか真っ直ぐ、しゃっきりと
お参りできた気がしますよ。

15日にいいご報告ができるように、
ハチマキしめていきましょう!


…て、仕事の手を休めて、
こんなブログ書いているのは、
自分を追い込むためなんですよ。あはは。うふふ。

posted by はたまゆ at 15:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする