2016年06月24日

大衆

奥様、聞きました?

高知東生が覚せい剤で逮捕ですって!


どうでもいいっちゃあ、いいですけど、
ホテルで女と一緒だった、ていうのが許せないなあ。

女房(高島礼子)に働かせておいてさ!

結婚当初から、格差婚だのヒモ夫だの、
散々な言われようでしたけど、
高島さんを取材したとき、
とても夫婦仲のいい様子が伝わってきて。

最近、芸能活動から退いて、
高島さんのお父さんの介護をしているというのを
聞いたときも
「ああ、こういう形の夫婦もありだよなあ」と
思っていたのですが。

なんだかなあ。

ますます、結婚に対して失望感しか
なくなっていくなあ。

浮気に関しては、寛容派であるんですけどね。

乙武くんも不特定多数じゃなくて、
専任の愛人にしておけばよかったのに、と思う。



歴史的な重大事件が起こったこの日に、
いったい私は何を主張しているのでしょうか???(笑)

イギリス、EU離脱ですよ。

国民投票ってコワイなあ。

日本でも首相公選制が言われたりしますが、
絶対!やっちゃダメだと思う。

大方の見方は「残留」だったはずですよ。
それがこのような結果になったのは、
経済よりも何よりも

移民問題が大きかった

と、思うのです。

「これからの労働力を支えるには、
積極的に移民政策を考えていかなければならない」
とかなんとか言っちゃってる政治家!

「どこかが受け入れないと。かわいそう」
なんて言っちゃっている、お花畑の人権派!
いい人になりたがりの一般市民!

この現実をよーく見ておけよ!

と、思う。


さておき。
前回の記事から、1週間以上空いてしまい、
その間、ニコ生もあったはずなのに、告知もなく…。

「変だな?」と思ってくださった方も
いるようないないような?

はい、本来ならニコ生だったはずの
先週木曜日、私、いきなりの

耳下腺炎になっておりました…。

顔の左側だけ、自分でもドン引くほどの腫れっぷり。

両側が腫れれば、おたふく風邪らしいのですが、
片方だけなので、耳下腺炎だったらしいです。

免疫が下がっているところにウィルスが入り込んだのか?
痛みと熱で閉口しました。

季節の変わり目のアトピーの薬と合わせたら、
こんなですよ。

IMG_5570.JPG

年寄りかい!

ってわけで、ゆるゆると社会復帰しております。

posted by はたまゆ at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

醜悪

舛添、辞職ですかあ。
あの集団リンチを受けちゃあ、当然か。

舛添を擁護する気持ちはこれっぽっちもないですが、
攻撃している議員も記者も、
街でインタビューを受けている都民も、
醜悪に見えて仕方ない。

弱った昆虫をもてあそんで、
足を1本1本もいでいくみたいに見えました。

猪瀬のときもそうだったなあ。

辞職騒ぎの最中、猪瀬が夜中に
Facebookにアップした文章が支離滅裂で。

きっと酒に酔っていたのでしょうが、
「自殺しちゃうんじゃないか…」と朝まで心配に
なってしまいました。

いや、猪瀬のことも嫌いでしたけど。

でも、後継として、与党が舛添を担ぎ出すと知ったときには
「ああ、猪瀬がほうがナンボかマシだよ…」と
憂鬱な気持ちになりました。

今度こそ、まともな候補を立ててほしいです。


「まともな候補」なんているはずないからこその
憂鬱なんですけどね。





誕生日を経て、新しい一年のスタートを飾る
ブログにしては、やけに沈んだ内容ですねえ。
申し訳ない。


というのも、本日。

15日のお参りで、近所をぐるり。

IMG_5558_R.JPG

毎月1日と15日に、富岡八幡宮をはじめ、
近所の神様、仏様をお参りしているわけですが、
清々しく、胸を張ってお参りできることのほうが
実は少ない。

ましてや今日は、1年分の反省が覆いかぶさってきて、
ちょっとしょんぼり。

この1年、私は何か少しでも進歩があったり、
人の役に立つようなことができたりしたのかなあ。

自分の変化をなんとか見つけたくなって、
過去の誕生日ショットを探してしまいました。

これ、今年。

13418849_945943125523732_4369124367185107155_n_R.jpg

去年。

11701069_776784355772944_8633037106022663247_n_R.jpg

タブレットの自撮りに慣れておらず、目線がきておりません(恥)。

で、一昨年。

IMG_4830_R.JPG





…て、写真探しも、ブログ書きもすべて、

目の前の仕事からの逃避ですからー!


こういうオチも進歩がないのだよなあ。

皆様、新しい1年もどうぞよろしくお願いいたします。


posted by はたまゆ at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

次へ

出張から戻ってきました。

9日の朝8時に、神戸・三ノ宮に到着。
取材が始まる10時に、ちょっと先の芦屋に
行けばいいわけで、その間はいつもながらの
神社自主トレ。

目的のところにすぐ行けてしまい、
その他を行くには時間が足りない。
さて、どうしようと地図を見ていて、
思わず我が目を疑いました。

湊川神社がすぐそばだったから。

こちらでも報告しましたが、
先月行った赤穂市・大石神社に
この神門を送った神社です。

IMG_5234_R.JPG

大石神社の御祭神は、大石内蔵助。
湊川神社の御祭神は、楠木正成。

日本二大忠臣としてのつながりから、とのことでした。

湊川神社は明治天皇の思し召しで建てられた、
とのことを知り、
「気になるなあ」とは思っていたものの、
検索することもなく、この日。

「ああ、これはお参りせねば」と思いました。

IMG_5484_R.JPG

そんなんで、ダッシュでお参り。

IMG_5483_R.JPG

楠の香りに包まれた、清々しい神社でした。



そして取材を終えた後は、一路、岡山へ。

これも先月の赤穂市の続きで、
岡山につづく秦の路を訪ねる旅です。

まずは、お約束の桃太郎伝説を訪ね、
吉備津神社、吉備津彦神社。
そして、古い山城である鬼ノ城へ。

IMG_5529_R.JPG

観光の目玉として、気合い入れて
整備されている感が満載でしたが、おもしろかった。

とにかく天気のいい日で、
しばらく座敷牢だった身には
なにもかもが美しく見えました。

続いて、この旅のメインとなる秦の郷へ。

いきなり登場したのが、大きな案内マップ!

13417411_944126979038680_3173862660095317230_n_R.jpg

こんなふうに大々的に売り出されている(?)ことは
ここに来て初めて知りました。

ここは小学校も秦小だし、
ヤクルトもヤクルト秦センターだし。

当然ながら、カーナビも秦。

13335976_944126995705345_8981376989005738543_n_R.jpg

テンション上がりました。

まずは、石畳神社へ。

IMG_5540_R.JPG

遠目にもはっきり「ただものじゃない」感が漂う
巨石が御神体です。

磐座であるこの巨石にとにかく近づきたくて、
ずいずいと細い道をのぼっていきました。

着いたよー。

IMG_5546_R.JPG

触ってみました。

IMG_5543_R.JPG

眼下に広がるのは、秦の郷。

故郷のような感慨はありませんでしたが(当たり前)、
いつまでも眺めていたい景色でした。

次に訪ねたのは、姫社(ひめこそ)神社。

IMG_5548_R.JPG

天日矛(あめのひぼこ)の妻といわれる姫神が
祀られています。

IMG_5549_R.JPG

小さな社ですが、
凛とした空気感がたまらなく心地よかったです。

ここは製鉄発祥の地でもありました。

IMG_5550_R.JPG

岡山、初めてまわってみて、
驚いたのは、その古墳の多さ。

鉄、稲、塩が豊かにとれた、この地の国力が
中央にひけをとらないほどに大きかったことを
実証していました。

それらの技術を伝えたのが、
秦氏をはじめとする渡来人。

秦河勝が赤穂に逃げたのも、
渡来人ネットワークがここ周辺に強力に
あったからなのでしょうねえ。


秦の郷は当然ながら、
八幡神社は秦八幡だし、天神社は秦天神だし、秦満載。

これだけ秦押しなのに、
その後、ここから中央に出たのが、吉備氏や和気氏。

秦の名前が消えてしまっているのが不思議といえば
不思議です。

秦を手掛かりに見えてきそうなことが
まだまだある予感。

来し方を整理して、
次へ進むときが来ているのかもしれないなあ。

昨日から、古い自分を脱ぎ去りたい気持ちが
むくむくと。
目の前には、明るい扉。

ここにたどり着くまで紆余曲折ありましたが、
結果、いいタイミングで旅ができた。

すべてのことは、そういうふうにできている。

そんな思いを強くしました。
posted by はたまゆ at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

水無月

6月ですねえ。
誕生日へのカウントダウンが甚だしいです。

3月に終わらせるはずの仕事がいまだ終わらず、
このまま誕生日を迎えたくはないのだけど、
これから出張です。

ダメな予感、満載…。

ずっと座敷牢でしたが、
家のなかだけでも、季節の変化を感じたい。

てぬぐいを鮎に。

IMG_5450_R.JPG

玄関にも、鮎の絵はがき。

IMG_5454_R.JPG

円山応挙です。
横の白石は、伊勢の神宮に敷かれる白石が
集められる河原で拾ってきたもの。

私に拾われなければ、お垣内に敷かれていたかもしれない…と
思うとちょっと申し訳ない。

出張で気分一新して、
今月中にいろいろスッキリしたいなあ。

行ってきまーす。

posted by はたまゆ at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする