2016年07月26日

往復ビンタ

IMG_5768_R.JPG

沖縄に行っていました。

おそらく15年ぶりです。
モノレールなんかができていて、
たまげました。

15年前は私の中の神社度もあまり高くなく、
知識もそれほどなく。

沖縄に行っても、首里城とか市場とか米軍基地とか
ひめゆりの塔などを見て、
「まあ、こんなものですね」と思ったのです。
「もう来なくてもいいな」と。

なんて、つまらない旅をしていたものだ。

15年前の自分に往復ビンタしたい思いで
いっぱいです。

今回も、神社自主トレとはまったく別の仕事で
「沖縄なんて行きたくないし〜」と
最初は断っていたのです。

それでもたびたびオファーがくる中で
どうしても再会したい人が沖縄にいることなどが判明し、
「じゃあ、行ってみるか」的な気持ちで
行くことにしたのです。

こんな自分にも、往復ビンタしたい思いでいっぱいですよ。

古事記、日本書紀を中心に日本神話を学び始めて、
「これは生涯学んでも、学びきれない」と思った私は
「琉球やアイヌは手をつけずにおこう、
目をつぶっておこう」と決めた、
という前段はありつつも。

沖縄、行ってみたら

中央の神話と切っても切れなかったYO!



もう呼ばれてしまったのだと思います。

沖縄仕事、まだまだ続くし。
再会した知人は、その世界ど真ん中になっていたし。

そんな話も改めて。


先週、月に一度のお約束、ニコ生がないことを
お知らせしなかったため、
ご心配してくださった方もいるとかいないとか。

出張になってしまったのでお休みし、
明日27日夜7時からの放送となりました!

そんな沖縄の話やら、
6月、耳下腺炎でお休みしたため、
まだお話ししていなかった皇居の清掃奉仕の話、
岡山・秦探索の話までは…無理かな?

などなど、いろいろお話ししたいと思います。

相方・かなつ久美さんが激しいペットロスのなか迎えた、
新しいお姫様、りん花ちゃんも初登場!しますよ〜。

こちらから「タイムシフト予約」すれば、
無料でお楽しみいただけます。

コメント、お待ちしていまーす!
タグ:仕事
posted by はたまゆ at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

意図

都知事選、ひどいことになってますねえ。

なんでしょうか、

「ボケ老人枠」は必須

というルールでもあるのでしょうか?

前回の細川護熙しかり、今回の鳥越しかり。

細川と小泉がそろって会見などしているから、
今回も出るのかと思って、ゾッとしました。
いまいち意図のわからない会見だったなあ。

「意図がわからない」といえば、
今回の天皇陛下に関する一連の情報です。

第一報となった、NHKの夜7時のニュース。

「譲位」というのは、日本史では何度も出てきましたが、
よもや自分が経験することになろうとは…と思い、
心底驚きました。

ショックすぎて、しばらく仕事が
手につかなくなってしまったほど(言い訳)。

でも、その夜のうちに宮内庁が全否定。
なのに、報道は過熱を極める一方です。

なんなんだ?

そもそも「スクープ」なんてことをしていい
種類の話じゃありません。

それだけでも「不敬」。

さらにはさあ、

「生前退位」ってなんだね?

この言葉が気になって仕方ない。
日本文化を大事にしない輩に、言葉で商売してほしくない、
と心から思います。



この人たちは言葉(文字)で商売しているわけじゃないけどさ。

IMG_5668_R.JPG

はい、國神社みたままつり、今年も行ってまいりました。

IMG_5682_R.JPG

懸けぼんぼりの力士シリーズ、
例年は役力士くらいでしたが、今年は
20人くらいが参加。

人数増えたのはうれしいけど、事故物件ばかりという事実。

先の写真は、横綱・鶴竜。
「努力」と書きたかったのか?
誰か指摘する人はいなかったのか?

でも言葉を書こうとしている姿勢は、評価できるのです。

ほとんどの力士が自分の名前だけ。

IMG_5674_R.JPG

サインじゃないんだから!

しかも、この大栄翔。
「あれ? 日本人だと思ってたけど、違った?」と思い、
帰宅後、わざわざ力士名鑑見ちゃいましたよ。

埼玉県出身じゃん!

相撲教習所では、習字の授業もあるんじゃないのか?

エジプト出身・大砂嵐のほうがまだバランスとれてます。

IMG_5672_R.JPG

ああもう〜。


でも七月場所は連日熱戦でおもしろい。

特に十両の宇良、石浦、里山など小兵力士の
取り組みは魅力的で目が離せません。

もちろん、この人からも♡

IMG_5692_R.JPG

よっぽど自信がなくちゃ、着られませんよ。
齢74にして、このピンク。

八角部屋の浴衣だったので、
自分でつくったわけじゃあないんでしょうけど。

放送終了直前、感想を求めたアナウンサーに
「いやあ、今日はピンクでちょっと落ち着かなかったな」
とか言っているし。

「いやいやいや、そんなこと聞いてないから!」という
アナウンサーの心の声が聞こえてきましたことよ。

勝昭、素敵すぎます。
posted by はたまゆ at 18:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

はじまり

参院選が終わりました。

悔しい案件もいくつかはありましたが、
とりあえずひと安心。

いや、安心していてはいけないのです。
初当選の青山繁晴さんが表明していたように、
大事なのはこれから。
ここからがはじまりです。

野党やマスゴミのネガキャンに負けず、
憲法改正に向かって前進していかねばなりません。

御礼と誓いの意味を込めて、
今日は朝からこちらへ。

IMG_5652_R.JPG

國神社です。

日本のために、それぞれがそれぞれの持ち場で
しっかりとお役目を果たせますように。

國は今週13日から、みたままつり。

IMG_5655_R.JPG

境内では準備が着々と。

IMG_5654_R.JPG

今年も献灯をお願いしてきました。


そして、

盆踊り隊出動だー!

夏のはじまりです。


posted by はたまゆ at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

吉兆?

めずらしく、連日投稿。
だって、素晴らしいことが起こったのです。

まさに、七夕の奇跡。

今年の春、花見も終わりの頃、
引き抜かれて捨てられていた小さな桜を拾いました。

鉢植えにして、「さくらん」と名前をつけ、
毎日水をやっていたところ、葉っぱがついてきた!

…と思ったら、花まで咲いた!

IMG_5649_R.JPG

こちらが全体像です。

IMG_5644_R.JPG

ほんの30cmほど。

こんな時期に咲くとは〜。
さくらんの恩返しでしょうか?

何かの吉兆なら、うれしいなあ。

そういえば、ここ最近、いい夢ばかり見るのです。

海で煌々と上ってくる朝日を見つめている夢とか、
夏越の祓いの前日には、神社で色とりどりの浴衣を着た
かわいい、小さな女の子たちがせっせと七夕飾りを
作っているのを眺めている夢。

朝日の夢では、「暁」という字が
まるで東映映画?のラストの「完」のように
ドーン!と浮かび上がってきました。

ちょっと謎だけど、なんとなく縁起がいい気がする。

エネルギーがどうにも枯渇しているのを
感じる一方で、
いろんなところからの見えない後押しを感じる日々です。
タグ:神社  季節
posted by はたまゆ at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

やばい

やばいくらい暑いですね。

朝、出かけるときは、

「わあ、いい天気。
久しぶりに七夕の夜に星が見られるかなー」

なんて、ガーリーな感想を抱いていたのですが。

帰宅してから2時間経つのに、
頭のクラクラがとまりません。

仕事にならないので、こちらでリハビリ。


小池百合子、撃って出ましたねえ。

石原伸晃が「自由人ですねえ」と嘆いていましたが、

「党利党略、そんなのカンケーねえ!」(古い)

てな感じがとっても女っぽい気がしました。

私もどちらかというと、好きにさせてほしいほうなので、
しがらみでガチガチになっている、特に男社会は
アホに見えて仕方ない。

そのため、ケンカして会社辞めたり、LINE拒否したり?、
ケツまくりがちな人生を歩んでまいりました。

でも、40を過ぎたあたりから、
しがらみやルールには理由があること、
それを表面上、尊重する姿勢でいたほうが
物事はスムーズであることがわかってきたのですよねえ。

小池百合子、還暦過ぎても、それがわからない?

自民党や都連とのしがらみを断ち切って、
捨て身でチャレンジする健気な私!を
都民にアピールする作戦に出たのでしょうが、
あまりにも敵を作りすぎ。

晴れて、都知事になっても、
あれだけ周囲を糾弾しちゃったら、
議会運営がスムーズにいくはずがない。

女は度胸だけど、愛嬌も忘れずにね♡

この言葉を今一度、我が胸にも刻み込もうと思います。


あと参院選でやばいのが、山本太郎と一緒になって
選挙フェスなんかやっちゃってる三宅なんちゃら。

山本太郎と一緒ということで、
キ★ガイまちがいなし!と思っていたら、
当選しちゃうかもしれないことになっています。

fb上でも、彼の演説の動画が
「感動した!」「涙が出た!」とかいって、
シェアされまくっているし。

ためしに見てみたら、
「脱・原発」とか
「自分らしい社会を」とか
「南北朝鮮をふたたびひとつの国に!」とか。

最後のひとつにメチャクチャぶりが
よく表れていると思います。

「自分らしい社会を」というのなら、
そのためにどうすべきか、現実の政策を語るべき。

もちろん語られていないし、
すべては絵空事にしか聞こえない。

これで感動しちゃう人の気持ちが心底わからないのですが、
リアルなお友達でも、そういう人が結構いて、気が重い。

「思想と友情は別物」なのだろうけど、
簡単には割り切れないなあ…。


EU離脱を強力牽引したにも関わらず、
離脱が決まった途端、党首選から逃げ出した
ボリス・ジョンソン。

13592343_956175071167204_1142034603798529036_n.jpg

聴衆を感動させ、あおることに長けた人というのが
います。

そういう人の言葉は耳触りがいいから、
簡単に人は酔うのですよね。

でも現実の政治は
耳触りのいい言葉じゃ語れない。

だから、現実の政治が自身の目の前に来たとき、
ボリスはスタコラ逃げ出したのだと思うのです。

ボリスのことは「卑怯者」ってわかるくせに、
同類の言葉に簡単に酔っちゃうってなんだ???





そんなブルーな気持ちを晴らしてくれたのは、
またしてもこの人。

無題.png

レイザーラモンRG。
似てないけど、舛添です(笑)。

「ある添さん」として、一緒にホテルに行って、
会議したり、温泉入ったりするイベントやるらしい。

ちょっと、行ってみたい(本気)。



タグ:愛国 
posted by はたまゆ at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

肩透かし

イギリス、混乱してますねえ。

思い出すのは、民主党政権を誕生させてしまった
2009年の総選挙。

「試しに一度、民主党にやらせてみるのもいい」
「自民党にお灸をすえた」
なんていう声を聞くたびに、私は

「政権は試しでやらせるものじゃないからー!」

「お灸をすえられるのは、そんな能天気な考えで
投票する自分たちだからー!」


と思ったものでした(遠い目)。

選挙後に、ネットでEUについての
検索数が急上昇したというニュースを聞いても、
選挙後に、「民主党とは」という本が売れた、
ということを思い出してしまう。

歴史は繰り返すのですねえ。


東京都知事選も似たようなことが繰り返されているし。

とりあえず、櫻井パパ(この呼び方、気の毒)は
しっかりした人だなあ。

小池百合子もまあ、いい根性してますね。
ダテに「政界のチアリーダー」として、
時の権力者にすり寄ってきたわけじゃない。

こういうときこそ、文春が高い調査能力を発揮して、
過去の経費の不備をチェックしてくれればいいのだけど。

知っていても、
このタイミングでは発表しないのだろうなあ。

小池が心底、抜け目のない女であることを
祈ります。


そんな昨日は、夏越の祓い。

IMG_5592_R.JPG

半年分の穢れを落とす日でした。

穢れ=氣枯れ。

下半期を乗り切るための新しい氣力を注入です。

そして本日は、富岡八幡宮の摂社、
富士浅間神社の例祭の日。

IMG_5596_R.JPG

特別に大蛇守が授与されます。

IMG_2728_R.JPG

江戸時代の絵地図を見ると、大きなお富士さまがあったことが
わかりますが、現在はこれくらい。

「今年は久しぶりに本物の富士山にも登りたいなあ」と思い、
お隣の鉄砲洲稲荷神社に行けば、
登れることを思い出しました。

自転車を飛ばすこと、10分!

IMG_5597_R.JPG

工事中だったよ、ガーン!

本当は、毎年7月1日だけは境内のお富士さまに
登らせていただけるのです。

意外と高くて楽しいのだけどな。

IMG_2721_R.JPG

残念。
仕事があるから、品川神社にも行けないしー。

ちょっと肩透かし感を抱きつつ、
「あれ、同じ気持ちを最近味わったな」と。

思い出しました。

一昨日?のテレ東音楽祭。

「シブがき隊、再結成!」というから、
録画しておいたところ…(恥)。

IMG_5583_R.JPG

おおー、ヤッくん!

…え?

IMG_5589_R.JPG

イノッチに太一くんだったよ、とほほほほー。

IMG_5584_R.JPG

でも、ちょっとおもしろかった。

ああ、馬場ロックやりたいなあ。

※説明しよう! 
馬場ロックとは、高田馬場の安いカラオケ屋で
長時間に及び、昭和の名曲カラオケを堪能することなのだ!

…仕事に戻ります。


posted by はたまゆ at 21:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする