2018年06月22日

スタート

サッカーW杯、始まりましたね。

日本代表を応援してはいるのですが、
私はあまりサッカーが好きではないのだなあ…と思う今日この頃。

なぜ好きではないか…というと、
まずは渋谷の交差点でバカ騒ぎする輩とか、
あとは

解説者が★ホすぎるから!

ということが上げられるかもしれません。

相撲にも、解説が下手な親方はいますよ。
でも、北の富士さんとか舞の海さんとか、
安心して聞ける人はちゃんといる。

元ロボコップ、もとい高見盛の振分親方だって、
案外ちゃんとした解説をしてくれます。

野球だって、桑田とか古田とか「良心」のような人は
しっかりといるのです。

何を聞いても根性論の元阪神・川藤のような解説者が許されるのは、
桑田とか古田がいるからなのです。


サッカーって、揃いも揃って

川藤だらけなんだよなあ。


「コロンビア戦に向けて、日本が注意しなくちゃいけないことは?」
と聞かれて、ドヤ顔で
「ミスをしないことですね!」とかさ。

中継見ていても、解説というより
一緒に応援しちゃっている気がするのですよ。

観客じゃないんだよ、もらっているギャラ分の仕事はしろよ、
と思ってしまう。



さておき、相も変わらず偏屈じじいをしている間に、

ひとつ年をとりました…。

お祝いの言葉をくださった皆様、ありがとうございました。


今年の誕生日は、千葉県小湊で迎えていましたよ。

s_IMG_3219.JPG

ビールでカンパイ☆

なぜ小湊かというと、日蓮生誕の地だからです。

s_IMG_3189.JPG

その名もズバリ、誕生寺。

小湊、鴨川周辺に、
日蓮にまつわる史跡がたくさん残っているというのを知ったのは
いつのことだったでしょうか。

「行かなきゃー」と思いつつ、時は流れ、
ついに決行となったのです。

よい旅となりました。

中でもよかったのが、こちら。

s_IMG_3218.JPG

妙蓮寺です。

日蓮が両親を祀った寺です

日蓮は父親に妙日という名を、
母親に妙蓮という名を贈りました。

そして、二人から一文字ずつをとり、
自分は「日蓮」と名乗ることにしたのだそうです。

知らなかった。

日蓮は父母への愛情が深く、
孝行を強く説いていたことは知っていましたが、
この寺で父母の墓が今も大切に祀られている様を見て、
何かこみ上げてくるものがありました。

さらには、それぞれが亡くなったときに彫った
小さな石仏も祀られていて、
それには心底やられました。

素朴な小さな石仏なのです。
石なのに、なんだか木のような
優しい、あたたかな質感が伝わってきて、
その場をなかなか離れられなかったです。

翌朝も行ってしまったくらい。

撮影不可だったので、
ここでお見せすることができないのが残念です。

でも、簡単にカメラを向けてはいけないくらい
ありがたいお姿でした。

気になった方はぜひ安房小湊の妙蓮寺に行ってみてください。

誕生寺では、こちらもずっと見たかった「波の伊八」に
思いがけず遭遇。

s_IMG_3205.JPG

三代目伊八でしたが、
初代に劣らぬ波の造形が素晴らしい。

そう、「波の伊八」とは、江戸時代にこの地で生まれ、
特に波の彫刻を得意として活躍した寺社彫刻の名人。

翌日は初代の作品も見ることができました。

s_IMG_3245.JPG

得した気分。


あと、もうひとつ。

s_IMG_3170.JPG

天津神明宮です。

初めての土地に行ったら、まずはその土地の神様に
ご挨拶しなければ。

あちこちの神社に行くので、
お守りとかおみくじとか絵馬とか御朱印などには興味がなく、
基本スルーなのですが、ここではついおみくじに
絵馬まで求めてしまいました。

なぜなら…

s_IMG_3157.JPG

なんだか、宮司様の自筆アピールの圧が強すぎて…笑。

s_IMG_3156.JPG

新しい一年のスタートに喝を入れてもらうのもいいかと
思ったのですが、

s_IMG_3160.JPG

こんなだったよーーーーーん。

なんか、いいことありそうな気がするスタートとなりました。



posted by はたまゆ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

実り

米朝会談、終わりましたねえ。

なんというか、騒ぎすぎじゃないですか?

署名したって、その通りには動かないのが北朝鮮ですよ。
我々は何度、煮え湯を飲まされてきたことか。

単独会見で
「どうして北朝鮮が約束通りに動くと思うか?」と問われたトランプが
「ヤツの情熱を感じた」的なことを言っていましたが。

アホか!!!

これほど脇甘男とは思わなかったなあ。

安倍さんが何度も何度も念押しした気持ちがわかります。
その甲斐あってか、拉致問題について、
金に話してくれたようですが。

拉致問題の解決は、日本人全員の悲願。

これ以上の悲願はない…と思っていたのですが、
そうではないことを知らしめしてくれたのが、

新潟県知事選挙ですよ。

野党大集結で応援していた池田ちかこ候補はじめ、
野党の面々。
あろうことか「拉致問題はなかった」的な発言もあったとか。

横田めぐみさんのご両親がいる新潟でなんたること。

それも許せなかったけれど、
新潟で「反安倍」を叫ぶ、野党の面々、
それを流し続けるニュースを見て、
「ああ、これで池田が勝ったら、反安倍の風が
一気に強まるな」とかなりの危機感を覚えていました。

新潟県民の良心を信じるしかない、というのがなんとも…。

でも、

与党候補の花角英世さんが勝ったよー。

思わずガッツポーズしましたよ。

でも「選挙結果」を流しただけで、後は沈黙のマスコミ。

なんで、野党があれだけ必死に応援したのに負けたのか、
検証すべきことが山程あるんじゃないですかー!

しゃしゃり出てきて、池田を応援していた小泉純一郎。
党の再三の要請にもかかわらず、
とうとう花角を応援に行かなかった小泉進次郎。

この親子や石破とか野田聖子とか、
化けの皮が剥がれてきているのを見逃さないでくださいねー。

反安倍はいいんですよ、ひとつの意見として認めます。
でも、「反安倍」だけで、その後、どういう政権をつくりたいのか、
どういう日本にしていきたいのか、
ビジョンがまったく見えないヤツらばかりなのが腹が立つのです。

国民なめるな。


さて本題(毎度ながら前置きが長い。すみません)。

出版プロデュースした本が2冊出ました。

まずはこちら。

s_IMG_3122.JPG

観光消費コンサルタントの大泉敏郎さんの初の著書、

『私、B級観光地プロデューサーです!
 日本を真の観光立国にする、とっておきの方法を教えます。』

です。

20年以上、神社探求の旅を続けていますが、
地元の観光協会、観光案内所に行って、目当ての神社の情報を
得られることは少ない。

歴史的に見て大きな意味のある神社も
「小さい」と地元でもあまり顧みられない。
「観光資源にならない」と判断されてしまうのはもったいないなあと
長年、思ってきました。

そこで出会ったのが、大泉さん。

私にとって観光とはその歴史を知り、学ぶこと。
大泉さんが説く「その地方ならではの宝物」も
学びによってしか得られないもの。

まさに我が意を得たりでした。


そして、もう1冊。

s_IMG_3112.JPG


琵琶湖の東、滋賀県近江八幡市にある創建1282年を数える
賀茂神社。

その宮司家に生を受けた、岡田能正さんの本、

『神社に行っても神様に守られない人、
行かなくても守られる人。』


どうです? このタイトル?

かなりの自信作です。

神社に関心のある人が増えてきて、
神社について書かれた本がベストセラーになるのはうれしい。

ただ、その中身が日本人と神様についての
本当に大事なことがすっかり抜け落ちた、
神様に対する敬意のカケラもないものが多いことに
長年、イライラが溜まっていました。

仏教界は若いお坊さんがベストセラーを出したりしていますが、
神道界はなかなか上下関係が厳しいところがあり、
本を自由に出せるような気風がないように見えます。

そこでまさに火中の栗を拾ってくれたのが岡田さん。

自称陰陽師とか、自称霊能者とか、自称スピリチュアリストの
本なんぞに惑わされずに、
まずはこれを読んで、
日本人としての本当の神様とのつながり方を
知っていただければと思います。

s_34387877_1651912688178277_24336087858020352_n.jpg

こちら、先日の出版記念会の様子。
お話しされているのが著者の岡田さんです。

これから日本全国でこうした記念会が催される予定。

大泉さんも全国でセミナーを積極的に仕掛けていきますよー。

どうぞよろしくお願いいたします!
posted by はたまゆ at 22:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

ロス

超絶、皇居ロスです…。

はい、5月29日から6月1日の4日間、
2年ぶりの皇居勤労奉仕に入っていました。

今回は副団長の重職。
団員も自ら集めました。

…となると、こうなるわけですね。

s_IMG_3082.JPG


酒の娘ルンルン三姉妹揃い踏み。
ほか、ホツマツタヱのお仲間もまるっと勢揃い。

元自衛官の方々とともに、とてもいい団になりました。

団の名前はズバリ

やまとの心奉仕団

ですよ。

日本の歴史や伝統文化を学び、
それぞれの持ち場で次世代に伝える活動をしている団ですよ。

前回、「一生に一度のご奉公」として入ったにもかかわらず、
奉仕が終わった翌日には「また行きたい!」と思ってしまった。

あのときの感動を上回る素晴らしい体験が今回もできました。

「奉仕」とは名ばかり。
やはり、天皇陛下、皇后陛下、皇太子殿下、
宮内庁の方々総動員しての
国民大接待の場ですよ。

そのあたたかいお心遣い、大御心を前にしたら、
申し訳なくて申し訳なくて。

あと10日くらいは働かなきゃ借りが返せません!!!

という気持ちになりました。

今このときも「もっと何かできなかったか」
「迷惑をかけてはいなかったか」と反省しきり。

次に行くときはもっとしっかりとしていこう!
と心に刻みました。


ただ、この2年間で「皇居は日本最高峰のパワースポット」という
情報が広く流布したせいか、
スピリチュアル系とでもいおうか、
地球にありがとうとか、幸せをつくろうとか、
なんだか不思議な団体が多かったです。

ていうかね!

違和感ありありだったのですよ!!!!

「勤労奉仕に来ると会社の業績が上がると聞いて」という
経営者集団とか、
皇居のいい「気」にあやかって健康になろうとする集団とか。

ここに来て、何かをもらって帰ろうとする
その浅ましさ、卑しさにどうして気が付かないかなあ。

神社も「パワースポット」といわれた途端、
幸せクレクレ集団が押し寄せますが、
皇居までそうなるか…。

深くは考えないで参加しても、
ご会釈にて陛下に拝謁できたり、
皇居内にてここがどういう場所であるかを聞いて
体感すれば、畏む気持ちが自然と湧いてくるのが日本人だと
思うのですが、そうならない人が多い…という現実。

日本人の精神の大洗濯はもはや一刻の猶予もないのかもしれません。


実は奉仕の4日間のうち、3日間は雨の予報でした。
でも、「昼前からは雨」と言われていた日も
作業を終える3時ぴったりにようやくポツポツきたり、
あとはまったく降らなかったり。

s_IMG_3095.JPG

今回は初日にご会釈があったので、きっと陛下と皇后陛下が
「あの方々が雨に濡れませんように」と
祈ってくださったからではないか…
なんて考えています。

だって、ほんの少し先の空には黒い雨雲がかかっているのに
作業をしている場所の上だけぽっかりと
雲がなかったりしたんですよ。

すごいことだ。

そんなことを考えてばかりいたら、
皇居ロスがとまりません。

今日なんて、青山一丁目に行ったんですけどね。

地下鉄の階段を地上へとのぼる途中で、
濃い緑の香りに包まれたらもうダメ…。

だって、その香りはまぎれもなく、
赤坂御用地の杜の香りなわけですよ!

s_34459619_1616431808474857_7766468535336828928_n.jpg

奇しくも、先週の水曜日は赤坂御用地にいた日。
恋しくて、涙が出そうでした。

皇居ロス、というか、勤労奉仕ロス。
まだまだ続きそうです。

posted by はたまゆ at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。