2008年12月18日

今年最後のお稽古

お茶をはじめたのは記憶も定かではありませんが、
たしか2002年7月。
丸6年を過ぎているんですねー、うわー。
なかなか思うようには通えていないので、
実質的にはその半分くらいの年数だと思います。

それでも、よい先生と先輩方に恵まれ、
ようやくお茶の楽しさ、深さがわかるようになってきた感じ。

昨日は今年最後のお稽古でした。
仕事は多々ありましたが、
最後のお稽古をお休みするわけにはまいりませぬ。

お茶 (Small).JPG

お菓子は清月堂本店の「聖夜」。

正直な話、私は甘いものはそれほど好きではないのですが、
お茶の席でいただくお菓子は
季節ごとの美しさ、味わいが感じられて、
「日本っていいなあ」と思わせてくれるものの
ひとつになっています。

…まあ、この日のお菓子はクリスマス仕様ですけども。
その多様性も日本のよさでしょう。

でも、この日。
あわてて行ったのがよくなかったんでしょうねえ。
お稽古は通常、簡易着物みたいなお稽古着に白ソックスなのですが、
バッグから取り出したソックスはなんと5本指…。

5本指 (Small).JPG

まるで、オバQだよ〜〜〜〜(涙)。

指部分を押し込み、
「普通のソックスですけども、なにか?」なテイで
やり遂げましたが、足下って目立つんですよね。

「あ、指が飛び出てきてる(笑)」
などと先輩方の笑いを取りつつのお稽古となってしまいました。

来年はもちょっと頑張りたいものです。


ラベル:茶道 甘味
posted by はたまゆ at 12:19| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
狙い過ぎ?
かわいらしいのお、五本指。
Posted by @honolulu at 2008年12月18日 16:27
お茶をやられているんですね。いいですねそうのような空間を持つということは!自分だけの空間を持つということはすごく大切で、贅沢なことです。5本指のソックス、なんともいえない可愛いらしさが出てます。
Posted by カシーロ at 2008年12月19日 00:16
カシーロさん。
いつもありがとうございます。
5本指ソックスに気づいたときは
畳に倒れ伏すくらいのショーゲキだったの
ですよ〜。
こうして笑いに昇華できたのが、
地獄に仏?何よりの幸せでございます。

honoluluさん、
「かわいい」といってくれるのは
うれしいのですが、なんでこう、
なんというか、あえていってしまえば
「変態っぽい」のでしょうかね?
もちろんホメ言葉ですけども。


Posted by はたまゆ at 2008年12月19日 01:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。