2009年03月16日

京都ラヴ

もうねー、ずっと書きたくて書きたくて
仕方がなかったのですが。
なかなか時間がなくって。
なので、大長編です。

先々週、京都への出張で、かなりの戦利品を獲て
帰ってまいりました。

その後の宴(ひとり酒)。

戦利品集大成 (Small).JPG

手前から、天然真鯛アラとゴボウの煮物。
真鯛アラは錦市場で買いました。
アラといっても、身がいっぱいついていて、
それで450円くらい。
次の日、東京の近所のスーパーで
養殖の鯛の切り身が2枚で680円くらいだったことを考えれば、
とんでもなくお値打ちです。

錦市場は京野菜はもちろん、鮮魚もおいしそうなものが
ズラリと並んでいるので、いっつも心揺さぶられます。
でも出張中だと買っても仕方ないし、
東京に帰る日はギリギリまでお仕事のことが多いので、
なかなか買って帰るチャンスはないのです。

この日はホントにうれしかったー!
店のおじちゃんに「ゴボウと炊くとうまいよ!」と
いわれ、早速。

その上、銀(メッキ)のかわいい器に
盛られているのも錦市場もの。

錦・高倉屋のキュウリの古漬けです。

私、古漬けが大好きなんですよ。
ぬかに漬かりすぎて、すっぱくなってしまったアレです。
夏にはナスも古漬けが出ているんですが、
この季節はキュウリだけ。
なのでナスは普通のものを買ってきて、
ショウガ、ミョウガと一緒に細かく切って和えたところに、
ゴマとカツオ節。
う、うまーい!
すっぱくて、鼻の頭に汗かくくらいがサイコー!
いくらでも酒が飲めるううう!

京都のお漬物でいったら、村上重本店が一番好きなのですが、
古漬けはここでしか売ってないのです。

そろそろ自分のぬか床デビューしようかな
と思う今日この頃です。

忘れちゃいけない、この古漬け和えを盛っている器も
今回、買ってきたもの。

私の「京都の基地」といってもいい骨董やさん、
ANTIQUE belleさんです。

銀器 (Small).JPG

その日の仕事が終わるとここに集合、みたいな。
この日も久しぶりにうかがった瞬間、
この器に「か、かわいいー!」とひとめぼれ!
3000円也でした。

ディスプレイもセンスがいいし、
ご主人(というには若い)のM田くんはじめ、
スタッフさんもオシャレでとってもかわいいのです。

いいものはほしいけれど、京都の骨董店は敷居が高い〜という、
私たちくらいの年代にはジャストフィット。
2階はギャラリーになっていて、
京都の若いアーティストの呼吸が感じられます。
すっごいオススメ店です。

はい、そのまた上。
お豆腐にかけているのは
山中油店で、
この時期にしか味わえない、
搾りたてのヴァージンオリーブオイル!

イタリアで11月から1月にかけて
収穫されたオリーブの搾りたて。
普通は少し置いてから出荷するらしいのですが、
これは特別。

いや〜、そのフレッシュなこと!
香りがものっすごいのです。
一応、モンゴルの岩塩などをかけていただいたのですが、
普通の豆腐が倒れそうなくらいおいしかった!

山中油店、オリーブオイルの品揃えが素晴らしく、
私も行くたび買い揃えてしまいます。
中でも「バケットに合いますよ」といわれたものは
バナナ風味とでもいうのかな。
リピート決定のおいしさ。

もちろん、ゴマ油もオススメです。

山中油店 (Small).JPG

右が搾りたてオリーブオイル。
封を切ったら、1か月で使い切らなきゃいけないらしい。
ひとりで使い切ったら、かなりヘコむわ〜。

左のゴマ油も他の店のが
使えなくなってしまうほどのおいしさです。
なんたって、香りがいい。
先輩ライターのT津さんは、原稿が書けないときに
この香りをかいで気分を変えるらしい…。
アロマ効果バツグン?
でも、それも納得な感じなんですよ。

そして、その上、平野とうふさんで買ったお揚げと、
小松菜、シメジなどを和えてみました。

レシピはこれまた大好きな京都のお店、
ももてるのももちゃん作です。

この店、本当に東京にあってほしいと思うくらい大好き。

京都出張中にぎっくり腰になったとき、
風邪を引いたとき、
咳がとまらなかったとき、
ここでどれだけやさしくしてもらったことか。

あまりにさりげなくやさしいので、
一度、「ももちゃんをお嫁さんにしたい!」と言ったら、
「よく言われる〜。あはは〜」と言われました。
ホント行くたび、ごはんはおいしいし、
ももちゃんはかわいいし、心がほっこりするのです。

あと、京都駅に着いた瞬間、駅で買ったのがコチラ。

澤井&村山 (Small).JPG

澤井醤油本店さんの二段仕込醤油と、
村山造酢さんの合わせ酢です。

いっつも「帰りに買えばいいか」と思って、
帰りに駅に着いたときには売店が閉まっている…
という失敗を重ね続けてきたもので、
今回は着いた瞬間に買いました。

あ、あとこれも錦市場の津之喜商店さんで買った
日本酒「ひょうたんから駒」

ひょうたんから駒 (Small).JPG

これ、おいしかったー!!!
津之喜商店さん、他ではなかなかお目にかかれない、
京都の地酒を置いていらっしゃるのです。

なかでもこの「ひょうたんから駒」。
酒造りには使われない等外米を使って、
杜氏見習いの人が造った酒らしいのですが、
意外に旨くてビックリ!
そこから「ひょうたんから駒」という
酒名になったらしいのです。

すごーく瑞々しい味と香りで、私もビックリしました。
次回も買っちゃうと思う、確実に!

そんなんで、お気づきになったでしょうか?
私、京都に行くと、異様に荷物を増やして帰ってくるのです。
しかも瓶モノばかり。
毎度、笑っちゃうくらいあちこちガチャポコいわせながら、
荷物かついで帰ってきます。

もう私は死ぬまで京都にお金を落とし続けますよ。
京都ラヴ。
千年の都は違います。


ラベル:グルメ 京都 料理
posted by はたまゆ at 01:08| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさん!
秦さんが瓶モノをガチャポコいわせながら、荷物かついで京都駅を歩いてられる姿を思うとそのバイタリティを感ぜざる得ません。そしてその明るい姿にもくっすと笑ってしまします。いいですね、秦さんの食べること、飲むことにすがすがしさをも感じます。
京都に関して知っている店もあり、新たに秦さんに教えてもらった店もありました。案外京都に住んでいると知らないこともありますからね。このような秦さんの情報は得がたいものです。機会があった購入してみたいと思います。それと、”ももてる”さんは是非とも行ってみたい店です。それと”ひょうたんから駒”買います。また楽しい京都情報楽しみにしています。
Posted by カシーロ at 2009年03月16日 12:00
古漬けではないのですが、私は今熊野のニシダやさんのしば漬け(おらがむら漬)にZOKKON!です。

あと、和三盆好きの私は亀末廣の「京よすが」を食したときは気絶するかと思いました。
(若干大げさ)
Posted by まるる at 2009年03月16日 12:02
カシーロさん
そんな私の記念すべき京都のお気に入り第1号は
なんといっても「カシーロのスパイス」ですから!
知恩寺の手づくり市での出会いは05年8月のことでした。
「ももてる」、ぜひ行ってみてください。
せまいカウンターだけの店で、
客がズラリと女子だけのこともありますから、
どなたか女性と一緒のほうがいいかもしれません。

まるる〜。
今熊野といえば、京家のコロッケ50円也!
うわ〜、食べたくなっちゃうよ〜。
亀末廣の「京よすが」は私も好きです。
でも気絶するほどではありません(笑)。
Posted by はたまゆ at 2009年03月18日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。