2009年06月29日

遅ればせながらの…

このほど、ようやく自分へのお誕生日プレゼントが
届きました。

サンキャッチャー (Small).JPG

なんだと思います?

「サンキャッチャー」というのですよ。

ある日、京都のお友達である、
リラックスさせ名人・スパイラルセラピーのローズさんの
ブログを見ていたところ、
窓辺でなんともいえない美しい輝きを放つ
「サンキャッチャー」の写真がアップされていたのです。

見れば、hirakuさん(hibikiさんから改名)が
その人に合った輝きを放つ石を選んで、
オーダーメイドしてくださるとのこと!

ピピン!!ときてしまった私はすぐさま、
hirakuさんにメールしたのです。

メールだけでもその人のエネルギーを感じ取れ、
それに合ったものが作れるとのことだったのですが、
なぜだか私、無性に直接会いたくなり、
「注文かたがた、お茶しませんか!!!」と。

本当になぜだか……だったのです。

そうして初対面したのが5月中旬くらい?

新宿の風の気持ちいいカフェ……のはずが、
思いのほか風が強く。
ペーパーとかびゅんびゅん飛ばされながらも、
楽しくお話していたところ。

hirakuさんのご実家が福岡の宗像大社の近くということになり、

私、俄然、スイッチが入りました!

だって、宗像大社大好きだし!

ほかに、福岡といえば、
私の大好きな神功皇后ゆかりの神社が多いため、
2006年にひとり旅をした相当思い入れのある地なのです。

なかでも、忘れられないのが宮地嶽神社

宮地嶽神社 (Small).JPG

到着したときの抜けるように青い空も忘れられないのですが、
お参りをすませての帰り道。

後ろを振り向いた私の眼下に広がっていた光景に
思わず息を飲みました。

宮地嶽参道 (Small).jpg

参道がまっすぐ海まで突き抜けていたのです。

当時、いろいろ思い悩むことがあった私。

「迷わず、まっすぐ行け!」と
背中を押されたような気持ちになりました。

この光景を見るために、この旅をしたんだなと。

ものすごくいい気持ちで参道を海へと歩いていたとき、
小さいけれども感じのいいお寺があったので、
そこもお参りしたのです。

と、hirakuさん。

「そこ、私の実家です…」

な、な、なんとー!!!!!

だって、↑の参道の写真、
私、今もパソコンのそばに飾ってあるんです。

こういうことがあるから、人生はおもしろいし、
自分の直感に従わずにはいられないんだよなあと思いました。



そんなhirakuさんとの「商品お渡し」という次の逢瀬を
心待ちにしていたのですが、諸般の事情でのびのびになり。

このほど、ようやく再会できたのでした。

そこで、いただいたのが冒頭のサンキャッチャー。

このキラキラした光と虹が外からやってくる邪気を防ぎ、
部屋の中をクリアリングしてくれるのだそうです。

「智慧の宇宙」というお名前もいただきましたよ。

なんだかとっても、お腹の底からうれしい〜!


さて、この日の逢瀬は湯島。

1軒目は以前、『散歩の達人』でも取材させていただいた名店
シンスケ

福岡出身でお酒好きというhirakuさんに、
まずは東京の誇る端正な居酒屋を紹介したかったのです。

やっぱりこの店、好き〜。

久しぶりでうれしかったのか、私もhirakuさんも飛ばしすぎ、
6時まわった頃にはすでにちょい酔っ払い(早すぎ!!!!)。

上野夕景.jpg

上野公園をぶらりとし、酔い覚ましすることにしました。

お池のそばに座って、夕焼け見ながら、
ふたりでぼんやり……。

ぜいたくな時間だったなあ。

そして、2軒目は、以前にも「名店!」としてご紹介した
酒亭 ふ多川

相変わらずおいしい女将の手料理で、
日本酒をちびりちびり。

この日は七夕間近ということで、
お客全員で七夕飾りを作りました。

七夕間近 (Small).JPG

風船なんておったの、何十年ぶりかしら〜?

短冊にお願いごとも書いて帰ってきましたよ。

かなうといいなあ。


posted by はたまゆ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。