2010年01月10日

お初釜

本日、お初釜でした。

お茶席に入る前に、集合したのは代官山。

小川軒 (Small).JPG

レーズンウィッチで有名な小川軒
レストランの部(?)に初潜入でした。
これが、予想以上のおいしさだったのです!

前菜 (Small).JPG

前菜1品目。
ゆり根とか、菜の花とか、お正月らしいラインナップ。
どれも洋食らしいひと工夫が加えてあって美味でしたが、
とくにレンコンが秀逸でした。

薄〜くスライスしたものが
オリーブオイルとローズマリー風味になっているのかな?
少し酸味があったのは、
色止めのために酢水につけたからでしょうか?
初めての味でした。

幸先よいスタート。

その後、フォアグラ(チコリとの食べ合わせがよかった)、
ヒラメのカルパッチョと続き、

フリック (Small).JPG

帆立のムースとスズキをライスペーパーで包んで
カリっと焼き上げたもの。
バターの風味にカボスがマッチ。
美味でした。

オマール海老 (Small).JPG

オマール海老はプリップリの歯ごたえ。

コンソメ (Small).JPG

ステーキの前に出てきたコンソメ。
これ、冷えるとすぐに煮こごるらしいです。
つまりはコラーゲンのかたまり。
明日はお肌ぷるっぷるかも〜。

以上、通常のお昼のコース8400円に、
昔からの常連でいらっしゃる先生の顔で、
かなりサービスをしていただいたのではないかと…。

うふふ〜幸せ〜。


と、ゴキゲンで移動し、本日のメインイベント。

干支扇子 (Small).JPG

お初釜です。
先生から毎年、その年の干支の扇子をいただきます。

花びら餅 (Small).JPG

小川軒の名残で、まだお腹はちきれんばかりなのですが、
有無をいわさず、花びら餅。

干菓子 (Small).JPG

お干菓子も寅。
日本版フォーチュンクッキー、辻占せんべいは
吉でした。
「うそもほうべん」。

「時間をまもれ」「火の用心」って人もいました。
辻占っていうより、標語です。

お休みばかりでなかなか上達しないお茶ですが、
仕事とまるで関係ないこういう時間がもてることが
うれしいんですよねえ。

今年は1日でも多く、お稽古に通えますように。



ラベル:グルメ 茶道
posted by はたまゆ at 00:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「お初釜」
美しい日本語だとホントに思います。
私はそのテのものがニガテなのですが、この言葉を聞くだけで初春のすがすがしさが伝わってきます。いいですね。
トラさんのお干菓子カワイイな!!
そういえば「小川軒」って新橋にもあり、レーズンウィッチが有名ですが、どれが本家なのかどなたか教えてください。うーむ。
Posted by 夜桜 at 2010年01月14日 14:38
夜桜さん
小川軒、本家というか
ご長男が継いでいるのがこの代官山の店で、
新橋などの洋菓子店を次男さん、
ということのようですよ。
私は長らく、
小川軒=洋菓子店と思っていました〜。

Posted by はたまゆ at 2010年01月16日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。