2010年06月01日

ガラにもなく

テオブロマ.jpg

人気ショコラティエ・土屋公二さんの店、テオブロマ

神楽坂にある支店は唯一、
この濃厚ショコラのジェラートが味わえるのです。

好きなアイスにナッツやフルーツを選ぶと
特殊な機械?でグルグルと混ぜ合わせてくれます。

私はショコラに、ベリーとピスタチオ。
濃厚でホロ苦いショコラのなかで
甘酸っぱいベリーがプチッと弾け、
ピスタチオのカリッとした食感がいいアクセントに。



…なんて、

ガラにもない書き出しですが!



EFIL5.jpg

『EFiL』vol.6が発売になったのです。

私の連載『江戸三十三観音めぐり』は今回、
神楽坂〜早稲田を歩いています。

そこで紹介したのが冒頭のテオブロマ。

本当においしかったのですよ、このジェラート。
今もふと思い出し、食べに行きたくなります。

土屋さん.JPG

このショップカードがまた…(笑)。
どこのサモ・ハン・キンポーかと思ったら、
土屋さんご本人でした…。

サモ・ハン・キンポーといえば、
最近、サントリーの「黒烏龍茶」のCMに出てますね。

太っている人の特質というべきか、
『プロジェクトA』の頃とあんまり変わってなくて、
見るたびうれしくなります。
次回作はユン・ピョウも出てくれるといいのになー。


話がそれました。

神楽坂といえば、フレンチ・ビストロ密集地。
しかも、どこも混んでいるんです。

ロケハンに行かなきゃ!ということで、
一番人気との誉れの高い、
ラ・マティエールに予約の電話をしたところ

「1か月先までいっぱい」

といわれました…。


ご近所に住むデザイナーさんにうかがったところ、
最近、とくに週末はどこの店も予約困難らしいです。

相乗効果というのもあるんでしょうね。

しかし私、深川に住む前は神楽坂に住んでいたのに
(正確には江戸川橋)、
ついにフレンチに行くことなく、
深川に引っ越してきてしまったんですよね。

住んでたのは、およそ1年半。

なんとなく、水が合わなかったんです…。
私にはオシャレタウン過ぎた…。

よく行っていたのはチーズ専門店のアルパージュくらいかな。

でも今回、フレンチ中心にまわって、
ボリューム多いのに、
ランチはほとんど1000円代ということを知り、
神楽坂の好感度がアップしましたよ。

たとえば、このラビチュード

前菜です。

前菜 修正.jpg

すごくないですか?
サラダが山。
前菜だけでお腹いっぱいになりそうでした。

そしてメイン。

肉 修正.jpg

鶏もも肉のコンフィ。
コンフィ、好きなんですー私。

これも肉、つけあわせのお野菜、すべてビッグサイズ!

これでコーヒーもデザートもつけないでおけば、
たしか、ランチ1050円!

お店も気取りのないビストロ風で、
3人くらいで夜に行って、
だらだらワイン飲みたい雰囲気でした。


改めて視点を変えて歩いてみると、
発見もいろいろあって、楽しいものです。

その他、詳しくはどうぞ本誌をご覧くださいませ。


ラベル:仕事 グルメ 甘味
posted by はたまゆ at 23:56| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神楽坂と聞いてイメージするものが
私の場合
峰竜太の家
です
三回くらい見に行きました



決しておしゃれな町じゃないから!!
(心の叫び)
Posted by メロ at 2010年06月03日 20:40
メロちゃん
え〜、オシャレタウンだよ〜。
スッピンでTシャツ&短パン&ビーサンで
歩くのがためらわれる町。
近所に飲みに行くのも、
ちゃんとメイクしなくちゃ居心地悪い町。
門前仲町はスッピンに
「お前のものはオレのもの」っていう
ジャイアンのTシャツで歩けるから。
Posted by はたまゆ at 2010年06月03日 23:16
こんにちは(*^_^*)

ラビチュード素敵ですね。。
気にはなっていたのですが
こんなにボリュームあるんですね。

なんだか嬉しくなります。
近々行ってみます。
Posted by 佳奈 at 2010年06月23日 05:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。