2010年06月08日

時の流れに身をまかせ

コロッケパン (Small).JPG

宣言通りのコロッケパン。おいしかったです。


今年のはじめくらいから
酵素健康法(?)を取り入れています。

体内の活性酸素を除去してくれる酵素は
生野菜、生魚などからしか取り入れられないと。
酵素は熱によって失われてしまうので、
生でないとダメなんですね。

しかも食事のはじめに、
まずそういうものから食べると、消化がよくなり、
ダイエットにもなる…らしいです。

ということで、家では毎食、
食事の前にフルーツを食べるようにしています。

オレンジをもぐもぐしながら料理をするとか、
朝はもっぱら「リンゴのヨーグルトあえ」。



なんて健康派を気取りつつ、一方ではどっぷり

締め切りノイローゼな私…。



昨日、部屋の片隅に積み上げてあった
CDが気になり(ノイローゼ症状1)、
おもむろに片付けはじめました(ノイローゼ症状2)。

と、むかーし、台湾みやげにもらったこんなもの発見。

テン・テレサ(Small).JPG

テレサ・テンが日本歌謡をカバーしているアルバム。
いただきっぱなしでセロハンもそのままでした。

気分転換に聴いてみたところ…


いいんだ、これが!


『空港』なんて号泣!(ノイローゼ症状3)

いじらしいにもほどがあるんですよ。
テレサの声がはかなくて、抱きしめたいほど!

『津軽海峡冬景色』『愛の終着駅』『二人でお酒を』
『グッバイ・マイラブ』『真夏の果実』など、
日本歌謡史に燦然と輝く名曲が並んでいて、
かなり聴き応えがありました。

まあ海賊版なので

『二人べお酒を』『夫婦しじれ』

とか、なっていたりするんですけどね。

でも、こういうのをしみじみ「いいなあ」と思って聴く
年齢になったんだなあと思いましたよ。

今、流行っている歌より、何十倍も心に響く。


そういえば、ドラマも月9よりも
『臨終』『警視庁失踪人捜査課』なんかのほうが
しっくり来るようになってるなあ。
(『おみやさん』にはまだ到らず…)

作りがしっかりしていて、安心して見られる。

さすが、『相棒』『科捜研の女』など、
綾小路きみまろ世代に寄り添ってきた
テレ朝のノウハウ、あなどり難し。

あ、『同窓会〜ラブ・アゲイン症候群』は見てません。

なんだかヒロインの

「44歳にもなって私、ドキドキしてる…」

みたいな立ち位置がどうにも受け付けなくて…。

でも世間的には評判いいみたいですねえ。
ふむう。


そんな私が心待ちにしているのが、今秋スタートの

水戸黄門 第42シリーズ!


だって、

格さん⇒的場浩二、助さん⇒東幹久ですよ!

ぜ、ぜ、ぜ、絶妙〜〜〜〜!!!



小さい頃、学校から帰ると、
おばあちゃんが再放送の『水戸黄門』を毎日見ていて、
「どうして、これがおもしろいんだろう?」
と、不思議に思っていたのですが。

今、まさに自分も

老境に片足突っ込んでる…???


あははー。
笑わば笑え。

抗わないことにしましたよ、もう。
不惑へのカウントダウンもはじまっています。


posted by はたまゆ at 23:51| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日言い忘れたけど
今、育ててるものがあって。
フィリピンですごく簡単によく(繁殖)育つんで・・

カスピ海ヨーグルトw

これがまあ・・ウマイ。
今も大量に食べました。
健康関係なくただ、美味しい。
命を食べてる感じがする。
菌がウキャキャウキャキャいってるのを
まま、食べてる気がする。
踊り食いみたいな味がします(本当)

テレサテンは「スキャンダル」が好きです
Posted by メロ at 2010年06月09日 08:27
そうですよね、以前は大岡越前、遠山の金さん(江戸を斬る)そして水戸黄門と順繰りに回っていたのですが、いまや黄門様だけになりました。根強い人気があるのでしょうか?
なんか分かりませんけれど。
テレサ・テン、いいですね。あのソフトなしっとりした透明感。日本人の歌い手には無いものですね。以前深夜放送でテレサテンのベトナム(?)の民謡を聞いたときは涙が出るくらいじ〜んときました。
それにしても人類は長生きになってきたものですね、もちろんそうでないところもありますが。死はいつも近くにあったのですが、遠さりつつって感じですかね。意識の上で。
Posted by カシーロ at 2010年06月09日 12:30
ども、ごぶさたしてました。
テレサ・テン、どうしても最初は「演歌歌手」のイメージしかなかったのですが、その後アジア諸国で売られているCDやらカセットやらを買って聞いて、「しまった!!生で一度聴いておくべきだった!」と亡くなった後に思いっきり後悔したのを思い出します。
おかしな日本語と言えば、上海の某高級ホテルのレクリエーションルームに、本来なら「関係方面(=公安局等)のご指導により・・・」と書くべきところを、「その筋の
お達しにより・・・」と書いてあって、宿泊していた日本人ビジネスマンが度肝を抜かれていた、とか、台北のホテル、グランドハイアットの客室にあった有料映画の案内がほとんど判読不可能な日本語ばかりで、英語を読んだほうがわかるのでは?というほどひどかったのに、なぜかHな映画だけは正確な日本語タイトルだった、といったこともついでに思い出しました。
ああ、そんなこと考えてると旅行したくなってくるー。
Posted by 夜桜 at 2010年06月09日 13:46
何をかくそう的場浩二のファンの私。
リニューアル水戸黄門を心待ちにしています! あぁ楽しみ〜〜

テレサ・テンも日本歌謡も永遠の至宝・・いいですねぇー。
最近はごちゃごちゃした音楽が多いから、たまには昭和の名曲に癒されたいです!
Posted by メグリン at 2010年06月09日 17:06
メロちゃん
カスピ海ヨーグルト、おどり食い!
わかるわかる!
私もカスピ海ヨーグルトのあのにおい、
あの味わい、大好きです。
10年くらい前、女優さんたち中心に
流行っていたとき、
取材で持ってきてもらったという
「小雪が育てたカスピ菌」をもらって、
私も育てました。
すぐ死んじゃったけど。

カシーロさん
そんな順繰りシステムだったんですか。
知らなかったです。
テレサ・テンのベトナム民謡、
いいでしょうねえ。
テレサ・テンの『北国の春』もすごく
いいんですよ。本家とはまるで別物です。
死はどうでしょう。
私はいつも近くに意識してますが。
夜寝るとき、明日もちゃんと目が覚めるとは
どうしても思えない…。

夜桜さん
お久しぶりです。
「その筋のお達し」…ウケますね。
私はアジアに行くと、日本語誤植探しが
楽しみのひとつだったりします。

メグリン〜。
的場好きとは知らなかったよ。
葉加瀬太郎も好きっていってなかったっけ?
両極端な気が…、メグリンの好みって…。
Posted by はたまゆ at 2010年06月10日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。