2010年08月11日

本日、仕事で都内を5時間、さまよい歩いておりました。
さすがにしんどかったです。

IMG_1183 (Small).JPG

写真は涼やか。
でも、これ撮っている私は汗だくです。

都内にも昔ながらの生活のにおいとか、
美しいところがまだまだたくさん残っていることを
発見できるのはうれしいことですが。


さて、本題です。

エフィル1007.jpg

『EFiL』vol.6が発売になりました。…2週間前に。

書くこといっぱいで、なかなか出すタイミングがなく、
すみません。

私はいつもの連載「江戸三十三観音めぐり」と
「日光、美食の休日」というテーマを担当しています。

そうです、ここのところ、ちょこちょこ日光のことが
出てきていたのは『EFiL』でのご縁だったのです。

日光、信仰的にも大きな意味のある地ですが、
明治時代から諸外国の大使館が建ち並び、
「夏は日光に外務省が移る」などといわれていただけあり、
文化、グルメ方面も単なる観光地じゃないなあという
印象でした。

詳しくは本誌を見ていただくとして、
取材した店はどれも本当においしかった。

なかでも、日光グルマンズ和牛

契約農場で育てた牝牛だけを食べさせてくれる
ステーキハウスなのですが、
ちょっとないくらいのこだわりぶり。
そのこだわりぶりがそのまま味に出ています。

思い出しただけで、ヨダレ垂れるくらいのおいしさでした。

こちら、お取り寄せもできる「タータルハンバーグ」(1枚500円)。

UNI_0004 (Small).JPG

「解凍し、塩コショウのみで焼いて食べてください」との
注意書き通り、焼いてみたところ。

ハンバーグ.jpg

こんなレアでオッケー!

しかも、

肉の味が濃い!!!!!

あまりに濃すぎて、1枚食べきれず、
ごはん、野菜、卵といためてチャーハンにしました。

使ったのは、ハンバーグを焼いたフライパン。
これがまたおいしかった!!

お店でも、ステーキを焼いた鉄板を
ステーキが食べ終わったところで厨房に持ち帰り、
そこで焼き飯を作ってきてくれるのです。

肉汁と脂がしみこんだ鉄板でつくる焼き飯、
究極的においしかったです。

そんな日光グルメ、あなどれません。


もうひとつ、「江戸観音めぐり」では
雑司が谷から護国寺のある音羽周辺を紹介しています。

雑司が谷の鬼子母神周辺も趣あってよかったし、
札所の金乗院では、こんな庚申塚を発見。

庚申塚 (Small).JPG

全国、いろんなところで庚申塚見てますが、
こんなふうに倶梨伽羅が彫られているのを見たのははじめて。

この龍、なかなか立派でしたよ。
しばし堪能。

護国寺では、広い境内の片隅に富士塚を発見。

富士塚 (Small).JPG

こういうものに上って、本物の富士山に行くのと
同じご利益としていた江戸の人たちって、
健気なんだか、ちゃっかりさんなんだか。

上まで上ったら、なかなかの高さでした。

この企画では、ランチとかスイーツ情報も重要なので、
いろいろ食べ歩いて、
本当においしい店を紹介しているのですが。

今回のエリア内に、
田中真紀子がオーナーだという店があったのです…。

もちろん、

真紀子の店なんて、絶対紹介するもんか!

と思いましたとも。

しかし、マップをつくるときにちょうど目印になる、
いい場所にありやがるんです。

私は悩みました。

真紀子をキライなのは、私個人の問題だ。
もし、この店がおいしいとしたら、
それを紹介することは読者のためにもなり、
さらに道もわかりやすくなる。
これは読者を第一に考えるべきだろう…。

涙を飲んで、ロケハンしましたよ。

結果。

あんまり、おいしくなかったのです。あははー。

しかもイタリアンレストランなのに、
店名がフランス語というワケのわからなさ。

田中真紀子という人物を考えたとき、
なんだか腑に落ちるものがありましたよ。

“生”に触れた思いがしました。
思い込みかもしれませんが。


ついでに、“生”に触れた話、もうひとつ。

先日、成田山新勝寺に行ったときのこと。

絵馬 (Small).JPG

海老蔵夫妻の直筆奉納絵馬が飾ってあったのです。

反射しちゃって見にくいですが、
麻央の字にビックリ…。

20数年書いてきている自分の名前が
小学生並みのバランスの悪さって…。

中身も推して知るべし?????
こちらも単なる思い込みかもしれませんが〜。




…と、悪口で終わるのって気分よくないので、
気分よくなる写真を一発。

うなぎ.jpg

成田山の参道にある川豊さんで食べたうな重。

まいうー。


ラベル:仕事 グルメ
posted by はたまゆ at 23:43| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとあの字は・・・??
下手でも許せる文字とダメな文字ってあると思うのだけど。
ありゃダメでしょ(キッパリ)。

お礼状を出す時もあの字ですか?まさかのワード?どちらもありえない〜〜〜。。

倶利伽羅龍は中々のモノですね。髭が上向きなら更に良し。

しかしそれら全てを吹き飛ばすのが・・・肉と鉄板チャーハンですな!
こんな時間なのにお腹がなっちゃいました^^
Posted by 空腹(仮) at 2010年08月12日 03:14
京都も奥深いですが、東京も奥深いですね。
本当に秦さんの東京案内ちょっと目線が違って趣があります。いつも楽しみにしています。
Posted by カシーロ at 2010年08月12日 13:37
空腹(仮)さん
こんな時間っていうか、
(仮)さん、いつもこんな時間ですよね。
ちゃんと寝てますか?

カシーロさん
ありがとうございます。
京都で過ごした時間が私の東京に対する目線を
明らかに変えたんです。
やっぱり、自分の世界だけにいると、
何もかもが当たり前に思えてしまいますよね。
当たり前のものなんて何もないのに。
そういうことに、京都は気づかせてくれました。
Posted by はたまゆ at 2010年08月13日 23:51
父から、
「頭は悪くても仕方がないが、
字だけは、丁寧に書け!」
と言われて育ちました。
麻央さんの今後に期待します☆
Posted by satokin at 2010年08月16日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。