2011年02月03日

うーむ…

『ブラタモリ』のアシスタントになりたいなあ。

…ツイッターぽいですか?
まだツイッターの仕組みがわかっていない私。

さて節分、旧正月でもある本日も隅田川沿いをランニング。

去年のこの時期、香りで誘ってくれた梅が
今年も咲いていました。

梅.jpg

梅の向こうにはスカイツリー。
広重の浮世絵みたいな構図です。


そんなことよりも!!

大相撲、八百長疑惑ですかああああ

なんだか、初場所が盛り上がって終わって、
「大相撲も今年はいいスタートが切れたな」と思った瞬間、
朝青龍が電撃引退に追い込まれた去年を彷彿とさせるような。

なんだか、大きな悪意のようなものを感じてしまうんだなあ。

ニュースキャスターやコメンテーターが揃いも揃って
「裏切られた気持ちです」
「これから、どんな気持ちで大相撲を応援すれば」
なんて言っているのを見るのも腹立たしい!!

本当の大相撲ファンは、

八百長なんか大した問題じゃないんだよ。

って、暴言ですか???

放駒理事長、何を言っても何をやっても批判されちゃうし。
謝罪会見で「座っていいですか?」とも聞かずに着席した、
とかさ。

何がなんでも「相撲協会は役立たず」にしたいんだなあ。

敵の目的は一体?
で、敵って一体誰??

それがわからないから、余計に気分が悪い。
むふー。


ラベル:相撲 RUN 季節
posted by はたまゆ at 22:44| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相撲は神事ではありませんでしたか?

記憶が不確かですが、アマテラスに
天の岩戸から出てきてもらうために
アメノウズメが歌い踊ったのが神楽の起源、
皆が騒ぐので様子を見ようと
アマテラスが少し岩戸を開けたところを
一気にこじ開けたのがタヂカラヲで
それが相撲の起源だったように思うのですが。

もともと勝負を目的とせず、
型や技の保存と伝承が目的だとしたら、
八百長問題など起こるはずもないのに、
いつのまにかスポーツ競技のように
扱われていたんですね…。

神事が興行になり、そこに賭博が絡むと
犯罪行為になる。

もしかしてタヂカラヲが怒ってる?
Posted by Yumia at 2011年02月04日 07:36
初めまして。
知人のブログから飛んできて以来、時々お邪魔しています。

大相撲、大変ですよね!
「八百長なんて大した問題ではない」同感です。
暴言でもなんでもないですよー。

何がなんでも、つぶしたんいんでしょうね。


話は変わりますが、
はたまゆさんの少し前の記事を読んで、
今年の元日からお水をお供えするようになりました。

日本を守ってくださる皆様に感謝しつつ・・
きっかけをくださったはたまゆさんにも感謝です。
ありがとうございます。



Posted by ぴぎ at 2011年02月04日 09:53
ごぶさたしてます。
八百長問題、もし税金から補助金もらってなければ、プロレスみたいにそれも想定内?って笑い飛ばせちゃうんですけど、税金使われてますからねー。
私は大きな問題だと思います。
江東区出身としては、子供の頃、お餅つきによく若いお相撲さんが来てくれたことを思い出し、とてもさびしい気持ちもします。
Posted by 夜桜 at 2011年02月04日 19:16
相撲(すもう)は、日本古来の神事や祭りであり、同時に武芸でもあり武道でもあり、江戸時代から、職業としての大相撲が始ました。相撲が神事、祭り、武道から職業になった時からこの現代にその不始末が顕著に現れたのでしょう。それが日本の文化のうえにたっている伝統というところでなされところに道徳的、倫理的正義に問題があり、それを問題無しというと正義に、公正さに欠くこととなります。政治を始めあらゆるものに八百長があれば、いかに正義、公正さを為すのでしょうか。実際ないことはないといえますが、それをなくそうとしていくのが人間としての善、理性なのでは。その意味で「八百長はたいした問題でない」はやはり暴言なのでは。さらに筋書きのあるストーリー、結末ある相撲に魅力を感じるでしょうか。そこには武道の真剣勝負のかけらも残っていないのでは。真摯に勝負しているものへの冒涜です。さらに公益法人という税の優遇を享受しているからこそなお問題なのです。1つのショウとして経営するなら、見るものもそれなりの見方をするでしょう。そして相撲界自身の不祥事を知って、認識、危機意識すらできなかった事たいして協会幹部の責任は最も重いです。
Posted by カシーロ at 2011年02月05日 00:56
国技なんて偉ぶってるけど、由来を辿れば。。。ある意味では何でもアリの世界でしょ?

八百長軍団VSガチンコ軍団って構図にして、エンターテイメントにしちゃえばいいんですよ。

法人になってるから文部科学省に頭が上がらないんなら、株式会社にして上場してしまえばOKなのでは?(歌舞伎座みたいに)。
タニマチに現金貰うかわりに株式買って貰って・・・
年寄株を廃止して親方には株式を分配すれば明朗会計じゃないですか。

給金じゃなく配当って事にしてしまえば節税にもなるでしょうしね。
Posted by いいじゃん(仮) at 2011年02月05日 02:44
はじめまして。お邪魔します。

大きな悪意、感じますよね。
大相撲を限りなく応援する会、みたいな声が盛り上がって、エジプトとかチュニジアみたいに市民運動化しないかなあ。
あれはやや暴力的な反政府運動だから、ちと違うか。

お金や星をやりとりして一方が手抜きする八百長試合は、よくない、というか見ていて感動する立会いにならないから支持できません。

でも、プロレスリングみたいに、真剣勝負というより大男同士のぶつかり合い自体にショー的要素がある競技があって、選手が芸能人みたいになってるK-1とかプライドとかのビジネスもあって、海外のボクシングのタイトルマッチとか柔道の世界選手権とかもあってどれも手軽にテレビやユーチューブで観られる今と違って、そういうもの全部を大相撲が担っていた頃の大相撲には、八百長というより多分、段取りとかに近い秩序と計算があったとしても不思議じゃないです。

そういう意味では、昔からあった話なのかも知れないけど、まるで相撲界全体が手抜き八百長取り組みでできあがっている、みたいな大雑把な主張は、大間違いだろうし非常に腹立たしいです。

相撲は真剣勝負の場だ、とか、いや神事だとか儀式だとか云って、いずれも八百長の批判をするんですけど、真剣勝負とか神事とかで経営を成り立たせるのは難しい。
だから、株式会社になってもうまくいかないのではないか。
税金を使うから許せない、という議論も理解はできますけど、株式会社として民営化されたらうまくいかない以上、やっぱりあれは、国技、という位置づけで公益法人としてやっていってもらうしかないと思います。

そうしなければ、消滅してしまう。

だから、消滅させてもよいのか、それとも残すべきなのか、という話なので、是非残すべきだと考える私のような一般人の声を集約する場が欲しいなあと思うのです。

だって相撲、好きだもん。
Posted by ベビー級 at 2011年02月06日 13:12
いつもコメントくださる皆様、すみません。
はじめましての方へお返事させていただきます。

ぴぎさん
朝のお水、ありがとうございます。
そういう言葉を聞くと、
やはりうれしいものですね。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

ベビー級さん
というお名前から、曙を思い出してしまいました。
大相撲協会自体がそういうファンの思いに
長らくあぐらをかいてきてしまった
結果が今回なんでしょうねえ。
でも、なくしていいわけはないですよ。
ファンとして、なんとしても応援していきましょう。
Posted by はたまゆ at 2011年02月07日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。