2011年05月10日

旨み

本日、10日ぶりくらいに走りに行ったのですが
暑かった!!!

30分ほどだったけど汗だく!
風も空気も日差しも、10日前とはまるで違っていました。

すべてが初夏のもの。
季節は確実に巡っているなあ。

G.W.も終わっちゃいましたしね、
夏まであっという間ですよね。

そんなG.W.、地味ながら充実していたかもしれません。

新橋演舞場に、
新婚のアサちゃんと歌舞伎を見に行ったりー。

吉右衛門さん.JPG

中村吉右衛門さんの当たり役『籠釣瓶』。
後味悪い系なので、どうかしら…と思っていましたが、
見応えありました。

吉右衛門さん、ウマイ!!

セリフがすごくはっきりと耳に入ってくるんですよ。

当たり前のことのようですが、
こんなにはっきり入ってくる役者さんはいないんじゃないのかな。
素敵。


そして割烹はたぼうも、なんと2度ほど開催。

4月28日と5月8日という、まさにG.W.の最初と最後。

ちなみに、最初の回はこんな感じ。

前菜.jpg

前菜の
タコのカルパッチョのルッコラ添え、
新じゃがのマスタードビネガー和え、
ホワイトアスパラとアイスプラント、菜の花のバーニャカウダ風。

この日のお客様、M橋課長持参の義援金ワイン。

義援金ワイン.jpg

別に、東北産ではないんですが、
代金の何%かを被災地に送ってくれるというもの。
こういうやり方もあるのですねえ。

キャベツとろとろ.jpg

メインは、豚肩ロースの煮込み。
こがした玉ねぎと、とろっとろのキャベツが
いいソースになるのです。
日本酒とバターだけで、この色艶。

…で、ワイン3本も飲んでしまった、と!


2回目のお客様は、アホアホ同盟のS田ちゃん。

沖縄帰りのS田ちゃん持参の泡盛に合う料理を
伊豆帰りの私の春の食材で。

山かけ.jpg

山かけにワラビを添えて。
マグロはヅケにしてみました。
これ大正解。

土佐煮.jpg

タケノコ土佐煮。

シューマイ.jpg

シューマイ!
湯気ホワホワのできたてです。

これ、ゼイタクですよー。
カニに、自分で掘ったタケノコ、ゴロゴロ。

タケノコがたくさん手に入ったら作ろうと
狙っていたメニュー。

たくさん作って、残りは冷凍。
「食べたい!」という方、早めにご連絡ください。

あと、絹さや・カニのあんかけ豆腐。
タケノコワラビごはんに、タケノコワラビ味噌汁…など。

春の食材、使いきり!!

泡盛.jpg

「黒真珠」という泡盛、
薫り高くて、い〜い気分に酔えました。


…というふうに、ごはんも酒もうまかったけど、
大事なのは、誰と食べるか。

それが一番の旨み調味料な気がします。

個食ってのは、やはり味気ないものですよ。

聞けば、晩ごはんなども個食な子供が今、多いとか。
さまざまな事情があるのでしょうが、
なるべく、そんな思いはさせてほしくないなあ…

なんて思います。


ラベル:料理 友達 歌舞伎
posted by はたまゆ at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。