2011年05月13日

覚悟

内田裕也、逮捕ですかあ。
50歳女性に復縁迫り…って、理由がまた!

いやあ、ロックンロール。

震災が起きてからというもの活発に支援活動を行っていて、
「毎日6900円募金」とか
「被災地にバナナ690本届けた」とか、
訪問地に石巻を選んだ理由は
「石に巻、まさにロックンロールだから」とか。

目が離せない人ではありましたが。

しかし、この一報を聞いてからというもの、
私の関心はただひとつ。

妻である樹木希林の対応。


長年別居し、有名女優と交際など、
やりたい放題生きてきた夫。

それを淡々と受け止め、
娘家族との旅行にも夫を誘ったり、
ちゃんと“家族”の形を保っている様子を見ていて、

何があっても“夫婦”

という生き方に、
ある種の憧れ? 尊敬?の念を抱いていたのです。

最近では、夫婦でCMに出演しているのを見て、
夫婦というものは

ゴール地点が一緒であること

に醍醐味があるのかなあと。

途中離れても、最後は一緒。

ずっと一緒の景色を見続けるのももちろんいいけれど、
それぞれが見てきた景色を持ち寄っての最後も
それはそれで価値がある…というような?

まあ、死に水はとっても最後まで恨みタラタラだったり、
なかなか美しい形にはならないのが人間でしょうが。

希林さんがなぜあんなにも達観した生き方ができるのか?

つねづね興味深く思っていたのです。

で、本日。

見事でしたねえ。

「70も過ぎた夫の不祥事なので、私は頭は下げません」と。

自分たちや娘婿である本木雅弘と
CM契約しているスポンサーへの対応を重視しての会見。

ここまできて、娘婿にも迷惑をかけるか、
しかもそんなみっともない行動で!と
私だったら怒りでどうにかなってしまいそうですが、
終始、淡々と。

交際相手に対し、暴力をふるっていたという報道もあり、
「裕也さんはそういうことをする人ですか?」という質問にも

「ええ、新婚すぐに毎晩、暴力ふるわれてましたからねえ。
それで別居したんです。
今回さらしていただいて、逆にありがたかった」

暴力ふるう時点で、
私なら相手に「人間失格」の烙印を押してしまうなあ。
一緒に人生を歩む相手ではない、と。
…う〜ん、なんか傲慢。

さらに希林さんは
「離婚はしません」と言い切りましたからね。

「つねづね『オレを立派に死なせろ』と
いわれていますので、
籍を入れた以上は引き受けていくしかない」

うなりました〜。
すごいなあ。

「最後、一緒の景色を見る」なんて
夫婦はキレイゴトじゃないんだなあああ。

ダメだなあ、オレ。

責任を取る。

希林さんがどっしりと達観して見えるのは、
その覚悟を決めているから。

その境地に少しでも近づきたい、と思いました。

上原美優も、もう2日がんばって生きて、
この会見を見たら、考えは変わったんじゃないかなあ。

やたらと結婚したがっていたみたいですが、
「一人でいるのは寂しいから」ということで
結婚したってうまくいくはずがない。

…と、自分への戒めにもしよう。

昨晩の帰り道。

花びら.jpg

雨に濡れた歩道に花びら。
見上げたら

うつぎ?.jpg

うつぎ、でしょうか???
キレイでした。


ラベル:季節 芸能
posted by はたまゆ at 20:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、そこに愛はあるんでしょうかね?
あたしは愛が欲しい(笑)
ふと昔、青山のナチュラルハウスで本木・内田夫妻を見かけたことを思い出しました。
Posted by まっちゃんLOVE at 2011年05月13日 23:53
まっちゃんLOVEさん
希林さん「来世では会いたくない」と
おっしゃってましたけど、
これはこれで愛なのでは〜?
これも愛だと思える人に私はなりたい
…と思います。
Posted by はたまゆ at 2011年05月14日 18:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。