2011年06月22日

年波

夏になったらできないものといったら?

ランニングです。

いや、やってもいいんでしょうけど、やりたくない。

なので、「最後のチャンス?」とばかり、
ちょこっと走りに行きました。

日影の多い木場公園。
とはいえ、キツかった!!!

ぐるりんと1周して、あじさい撮って終了。

あじさい.jpg

ここのあじさい見るの、毎年楽しみなんですよ。
今日を逃したら、もう枯れ枯れになっちゃうだろうと。
すでに、茶色くなっている花もありました。


昨日今日とすでに夏ですよね。

慌てて夏掛けを出して干し、タオルケットを洗濯しました。

被災地も同様に暑いようですが、
かけるものが毛布しかないようで…。

風通しもよくないだろうし、寝苦しいでしょうねえ。
気の毒で、思わずしょんぼりしちゃいますねえ。

永田町〜!!!!(怒)

岡本夏生はすでに、
知り合いになった宮城県のテント村の方々に
夏用品もろもろガチでお届け済みですよ。

この姉さん、私、好きです。


話は変わり。
最近というか、ここ何年も、
歌番組というものをあまり見ていません。

聞きたい曲がない…というのがその理由。

そんな一般大衆が多いのでしょう。
歌番組自体も、
昔のヒット曲を振り返る企画が多いようです。

そんな私が意外に食いついてしまうのが
『NHK歌謡コンサート』。

演歌中心なんですけど、
ついつい心にしみて、仕事しながら涙…なんてことも。
テレビ消して、仕事に集中すればいいんですが、
なんだか名曲が次々出てくると、つい…ということが多い。

昨日なんて、あなた!

美空ひばり特集ですよ!!!!

今年23回忌ということで(早いなあ…)、
石川さゆり、伍代夏子などそうそうたるメンツが
ひばりソングを歌ったのですが、
改めて

「美空ひばりって、うまいんだなあ」

ということしか感じられず。

「大丈夫? 営業妨害にならない???」というくらい
まさに死屍累々の様相を呈していましたねえ。

あくまで私個人の感想ですが…。

小林幸子は結構よかった。
『佐渡情話』と、トリで『人生一路』を歌ったのですが、

『人生一路』、泣けた…。

思わず、歌詞検索しちゃいました。


『人生一路』
一度決めたら二度とは変えぬ
これが自分の生きる道
泣くな迷うな苦しみ抜いて
人は望みをはたすのさ

雪の深さに埋もれて耐えて
麦は芽を出す春を待つ
生きる試練に身をさらすとも
意地をつらぬく人になれ

胸に根性の炎を抱いて
決めたこの道まっしぐら
明日にかけよう人生一路
花は苦労の風に咲け




よく聞くのは1番と3番で、
この番組でも1番と3番を歌っていましたが、

いまこそ、2番じゃないですか?

東北の被災者の方々に聞かせたいなあと思いました。

戦後の復興、昭和という時代を
美空ひばりはまさにこういう歌を歌って、
日本人の心に明かりを灯してきたのですね。

番組内で流れた、生前のVTRで
「命の限り歌っていく」ということを
おっしゃっていましたが、
死して尚、この人は歌い続けているのだなあと
思いました。

死亡ニュースを見て、
悲しくて涙が出た初めての芸能人なんですけど。

年を重ねるごとに、グイグイと
その素晴らしさが押し寄せてきます。

年波…。


posted by はたまゆ at 21:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜の街を、走ってはいかがでしょうか♪
けっこう女性ランナーを見かけます。
つい最近はレインボーブリッジの歩道を
激走していましたw
Posted by satokin at 2011年06月24日 09:39
satokinさん
夜の街はちょっと気が進まないのですよねえ。
なんかコワイし。
って、普段酔っ払って
フラフラ歩いているクセに何を言うか!
って感じですが。
Posted by はたまゆ at 2011年06月24日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。