2011年08月20日

貫禄

高校野球、終わりましたねえ。

日大三高、優勝!

節電対策とかで、プレーボールは朝9時半。

涼しくて、選手にとってはいいかもしれないけれど、
なんとなく朝の光の中での試合って、
1回戦、2回戦な感じなのですよね。

「うわあ、キツイだろうなあ」と
テレビの前でも、思わず顔をゆがめてしまうような
ジリジリ照りつける午後の太陽の下、
というのが、やっぱり決勝な雰囲気なんだなあと
改めて思いました。

でも、いい試合でした。
日大三高、強い!

ベスト4に残った作新学院、関西。
それぞれ、光星学院と日大三高に
5点差、10点差で破れたわけですが、
「それほどの実力差はないよなあ」という印象でした。

日大三高が頭ひとつ出ているかなとは思っていましたけど、
今日も「11対0」という試合になるとは〜。

エースの吉永くん、一見、線が細くて頼りなげながら、
実はスタミナもあり、気も強い。

タイプです。

2回戦くらいで見初めて
「これは、ハンカチ王子再来になるかも?」と思いましたが、
それほどでもなく…?
私が知らないだけかしら?

面構えのいいキャプテンの畔上くん、
ドカベンみたいな4番打者の横尾くん、
打席でもいっつもニコニコしている菅沼くん、
チームメイトもキャラが立ってました。

やっぱり高校野球はいいですねえ。
明日から寂しくなるなあ。


さて。

tv18.jpg

『TVステーション』18号が発売になりました。

私は映画『神様のカルテ』に主演の
櫻井翔くん、宮崎あおいちゃんを取材しています。

翔くん、難しい役を熱演していましたよ。

宮崎あおいちゃんといえば、
初めて取材したのが『純情きらり』のとき。
2005年の年末になるのかな?

そのときはまだ、なんとなく幼い印象で
受け答えも頼りなげな感じでしたが、
あれよあれよと言う間に「大女優」になってしまいましたね。

今回の取材でも、自然体でほんわかはしているのですが、
冷静に役柄や「演じる」ということをとらえている。
受け答えに知性と貫禄を感じました。

時は流れていますねえ。

取材は2人の対談形式。
「賢い同士」という感じで、安心して話を聞けましたよ。

ツーショットの撮影など、
翔くんはちょっとテレくさそうでしたけど。

「テレてる?」と聞いたら
「なんか、いつもとまるで勝手が違うよね」と
平静さを装いつつもアセアセしていたような…??

男子校出身者のこういうところ、好きですねえ。
『アメトーーーク』での『男子校芸人』も
かなりツボでした。

…と関係ない話をして、本日はおしまい。








posted by はたまゆ at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。