2012年01月04日

あけまして その1

あけましたね、2012年。
今日から仕事始めの方も多いかと思います。
私もそのひとりです、ええ。

原稿書きに飽きたので、ちょっとこちらに。

皆様、お正月はどう過ごされたのでしょうか?
私は相変わらず。

M橋課長とジャニーズカウントダウンで年越しをし、

カンパイ.JPG

書き初めをし。

書初め.JPG

酔っているものでスゴイ字になってますが、
「勝たず負けず」。

書き初め用の半紙、
たくさん買っておいたつもりだったのですが
切れており。
A4普通紙(しかも裏紙)使用。

年始めから、なんだかなあ。

元日には実家に帰り。

めい.JPG

めいちゃんと遊んできました。
先住猫には変わらず、シャーシャー言われ通しでしたが。

めいちゃんとは、こんなに仲良し。

めい2.jpg

にゃっはーゴロゴロースリスリーで至福。


2日昼には実家を後にし、ひとり下総中山へ。

法華経寺門.JPG

中山法華経寺です。
荒行でも有名なこの寺、
この日もあちこちから読経の声が聞こえました。

百日行の最中なのでしょうね、
ヒゲをボーボーにはやした僧侶たちが
一心不乱に読経しているところも垣間見られて、
この現代に、今もこうして修行をしてくれている人がいること、
しかもお正月から、ということ。
「ありがたいことだなあ」としみじみ思いました。

重要文化財の祖師堂に、遠くに見えるのは五重搭。

法華経寺.JPG

近くで生まれ育ったので、
今回初めて来たわけではないと思うのですが、
初めてに近い感慨。

法華経寺行列.JPG

祖師堂はすごい列だったので、
遠くで手を合わせるだけでスルーし、
その他、境内隈なく奥の院までお参りして歩きました。

聖教殿.JPG

こちら聖教殿は、日蓮の書いた「立正安国論」など
国宝の数々を安全に保管するために
昭和6年、当時の科学技術を結集させ建てたのだとか。

「立正安国論」が中にあるんだ〜と思ったら、
ちょっと感動してしまいました。

正しいことを行わない為政者を戴く国は
天罰として多くの混乱が起きるとして、
流罪の原因となった書。

この「正しいことを行わない」は
法華経以外の宗派を信仰する人たちを攻撃してのものですが、
去年の震災や原発事故への政府の対応を見ていて、
ふとこの「立正安国論」を思い出すことが多かったのです。

実際、この「立正安国論」が書かれた後も
元寇が起きたり、幕府内も権力争いで
もめたりしたのですよね。

2012年、政治はどう動いていくのかなあ、
などと考えつつ帰宅。

青海苔.JPG

正月用に実家に持って行き、
持って帰ってきた日本酒(福千歳)と
四万十川の天然青海苔の初物で、ひとり酒。

いや、実家でもひとり酒だったんですけどね。
母も弟も下戸。

正月早々ちょっとしょっぱい気持ちになったところで
その2に続く。


ラベル:神社 季節
posted by はたまゆ at 16:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
味わいある豪快書初めに感服でございます(^−^)
Posted by satokin at 2012年01月06日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。