2012年02月25日

不得手

昨日、インフルエンザ発症後初めて
電車に乗って外出しまして。

まだ、なんだか本調子ではないんだなあ…と
思いました。
どっぷり疲れて、月に一度のお楽しみの
『朝まで生テレビ』も見られず撃沈。

これがただの風邪とインフルエンザの違い、
なのでしょうかねえ。


それにしても、ひと月経つのが早すぎませんか?
もう2月も終わっちゃうよ〜。

もっと早くアップしておくんだったのが、コチラ。

空也餅.JPG

空也最中でおなじみ、銀座「空也」の空也餅。
11月と2月にだけお目見え、予約必至の銘菓です。

私も今回、初めていただいたのですが、
おいしかったですよ〜。

外のもち米が半つきの状態なので、
いってしまえば、おはぎなのですが、
まるっきりの別物。

中の小豆は皮の存在感がしっかりと残っていて、
素朴なんだけど、上品。
ありそうでない味でした。
また食べたくなってしまうような。

お茶のお稽古のために予約したのですが、
しみじみおいしかったです。

今月のまたある日のお稽古は
岐阜の菊水堂さんからお取り寄せ。

平成柿.JPG

平成柿です。
市田柿の干し柿で、栗きんとんを包んだ御菓子。

『秘密のケンミンSHOW』などで紹介されていたのですが、
どんな味だかさっぱり見当がつかず、
無性に興味をそそられてしまったのです。

感想としては
「おいしい干し柿って、本当においしいんだな」
でした。

「きんとんの立場は???」って感じなのですが、
本当にきんとんの味が思い出せないほどに
干し柿がおいしかった…。

一応、中身はこんな。

product3_img2.jpg

みっちり、きんとんが詰まっているのです。
自然な甘みで、こちらも素朴なんだけど上品でした。

…ああ、私。
甘味に関して、
本当にボキャブラリーがないんだなってことを痛感。

オチもなくて、すみません。


ラベル:茶道 甘味
posted by はたまゆ at 15:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小生も、甘味が好きでございます。
とくに、あんこ好きでございます。
中でも、高級和菓子より
明治維新の時に木村屋さんより考案された
「あんぱん」がお気に入りでございます!
維新といえば、今日は2月26日でございますね。。。
平成の維新の方々…
あっぱれ!なのか、
喝ッ!なのか…
(_サーセン_)
Posted by satokin at 2012年02月26日 03:19
satokinさん
私は甘味は別になくてもいいかな…
という感じなんですけどね。
木村屋のあんぱんと聞いて、
久しぶりに食べたくなりました。
平成の維新の方々は、どうでしょうね。
しばらくは「問題提起」という役割に
徹してほしいなと思いますが…。


Posted by はたまゆ at 2012年02月26日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。