2012年09月12日

終わりと始まり

ロンドンパラリンピックも終わり、
今日、閉会式を終えた選手たちが無事、帰国したようですね。
里奈ちゃんもしっかりニュースに映っていました。

今回のパラリンピック、以前に比べて、
ずいぶん報道も増え、注目度も上がったような気がします。
いいことだなあ。

8年前のアテネのとき、
集英社の雑誌『MORE』で佐藤真海ちゃんを取材して、
パラリンピックのすごさを知った私。

そこで勢いづいてしまって、
結構な数の編集部にパラリンピックネタを
持ち込んで営業したんですよ。
資金不足の競技も多いので、
募金なども呼びかけてもらえないかと思い、
開会の半年くらい前から。

でも、返事もくれないところも多かった…。

冷たくあしらわれるのは、
日本酒企画などで慣れっこなんですけどね。

『SEVENTEEN』で秋山里奈ちゃん、
『婦人公論』でゴールボールを取材させてもらえたのみでしたが、
この2誌と、そもそもの出会いをつくってくれた
『MORE』には今も感謝しています。


そして、終わるものあれば、始まるものあり。

大相撲九月場所が始まりました!

日馬富士の綱とりなるか?

過去二度の挑戦のときは、二度とも序盤戦でつまずきましたが、
今回はどうやら調子がよさそうです。

三度目の正直になるのかな?
個人的には、横綱・日馬富士ってなんだかピンと
こないのですが。
ファンなんですけどね。

キーホルダーも日馬富士だし。

日馬富士.JPG


それよりも!
初日にいきなり誤審で黒星をくらった把瑠都が、
本日より休場。

場所前に痛めた足が相当痛そうでしたから予想はしてましたが、

琴奨菊まで、まさかの休場!!

昨日の取り組みでじん帯を痛めたらしいけど、
そりゃないよ〜。
盛り上がる後半戦に不戦勝が二番もあるなんて、
今日のお客さん、気の毒だったなあ。

先々場所の琴欧洲といい、

佐渡ケ嶽部屋は安易に休場させすぎじゃないの???

てな文句のひとつも言いたくなります。

文句といえば、初日の把瑠都ー魁聖戦の誤審。

ビデオ判定できないとはいえ、
正面で見てた審判員(元潮丸の東関親方だった気が…)からも
物言いはなく。

どこに目をつけてるんだ!!

と思いましたよ。

実況も解説の北の富士さんも、
はっきり「誤審」って言っちゃってたし、
NHKには抗議の電話が殺到したそうで、
翌日、「さてさて、どんな報告がされるかな?」と
楽しみにしてたのですが、それにはひとっ言も触れず…。

行司は「差し違えたら、命を絶つ」っていう覚悟で
刀をつけて土俵に上がってるんじゃなかったっけ???

進退伺いくらいは出たんじゃないかと思うのですが、
それについても報道もなく…。

なんかモヤモヤしているうちに、把瑠都休場!
なんだかなあ。

いやいや、でも日馬富士も気合い入っているし、
おもしろいですよ、大相撲!
騙されたと思って、一度、テレビで見てください。

私は国技館に観戦に行きたいけど、仕事が終わりません…。
終わらないうちに、もう次と次の次が始まってます…。
無限ループ…。



posted by はたまゆ at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。