2013年01月12日

茶道と政治

今日からまた三連休なんですねえ。
私は変わらず仕事だけど、
夜はちょこっと遊びに行けたりもします。
それだけで、

幸せをかみしめる日々。

去年は結果的にまるっと1日休めた日というのが
5日もなかったような気がするのですが、
「今日は休むぞー」という日も
どこか気持ちが重かった。

飲んでいても、まだ書けていない原稿のことや
「本当に本が出るのかな?」なんてことが
頭を離れなかったのですよね。

あと大きいのが、民主党が政権を握っていたということ。

日本人として信頼できない人間、
日本よりも第三国の利益を図っているかもしれない人間を
リーダーとして頭に戴いていることで
実は相当、心と体に負担を与えていたのだなあと
思います。

安倍政権になってからというもの、
朝起きたときの気持ちが違う。
ゆったりと安心して、気力もみなぎっているのです。

本当に、なんだったんだろう、あの3年半は…。


本題です。
昨日は、明治記念館にて塩月弥栄子先生のお初釜が
ありました。

お正月.JPG

私は久々の参加。

はじめて、こういう大きな茶会にうかがったときは
かなりのカルチャーショックでしたねえ。
色とりどりの着物を着たおばさま方が
そりゃもう佃煮にできそうなほどいっぱいいて…(すみません)。

わあ、世の中にはこういう世界があるんだ…と思ったものです。
それぞれの着物、帯び合わせを見ているだけでも楽しい。

その次はなんといっても、お道具です。
以下、茶席も何もバラバラですが、
私が心ひかれたお道具。

香合.JPG

白蛇が乗った香合。

炉縁.JPG

江戸期のものらしい市松模様の炉縁。
お釜とのコントラストが美しすぎました。

仁清.JPG

お茶碗も素敵なものたくさんありましたが、
この仁清はかわいらしくて、ぐっときました。

…と、ボキャブラリーからして、不勉強丸出しの私。

干菓子.JPG

「楽しい」という気持ちだけで続けております…。

そんなところに、弥栄子先生にご挨拶にきた
河野洋平に遭遇。

「この売国奴が、どのツラさげてここへ!!」

と思いましたが、
茶道に政治を持ち込んじゃあいけませんよねえ。

今年も一から出直しです。




ラベル:茶道
posted by はたまゆ at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。