2013年02月08日

立腹

今日は寒かったですねえ。
さいたま周辺を営業でまわっていたのですが、
吹き付ける風のあまりの冷たさに涙チョチョ切れました。

でも着物は案外あったかいものです。

私.jpg

こちらは先日、神田周辺をまわったときの写真。
この時期しか着られないお気に入りの梅の羽織、
連日着倒しております。

羽織.jpg

撮影してくれたのは、中高のお友達のひろくん。

ひろくん.JPG

生活文化ジャーナリストでもある彼女、
加藤裕子さんも
このたびめでたく本を上梓したのです。

ひろくん本.JPG

『「和の道具」できちんと暮らす 
すこし前の日本人に学ぶ生活術』(ポプラ社)。

文学の香りと懐かしさにほっこりしつつ、
自分の生活を見直すことができる1冊。
皆様、書店におでかけの際はどうぞ手に取ってみてください。
私の本とともに(笑)。

でも読んでて思ったのですが、
湯沸し器のない台所、畳にちゃぶ台で暮らしている私は
「すこし前の日本人」???

炊飯器もないぞ、わはは。

そんなわけで、二人でお互いの苦労をねぎらい、
ランチで祝杯を上げ、
先日の立春の夜にはご近所酒場・姉御家で
立春朝搾り酒をいただき。

酒.jpg

満足満足だったのですが…。


なんですか、あの中国海軍のレーダー照射!
昨日にいたっては「日本のでっちあげだ」と
ぬかし始めましたよ。
むううう!

かと思えば、韓国!
対馬の寺社から仏像を盗んだ韓国人窃盗団が
逮捕されたというニュースの時点で
「やはり韓国人か!」と腹立たしく思っていた私。

今週4日に、韓国最大の仏教宗派が
「仏像はそもそも日本に不当に略奪されたものなのだから、
返還するな!」
「返すのは、仏像の入手経路を立証できてからだ」
との声明を発表…と聞いたときは
怒りを抑えられませんでした。

はたまた、昨日2月7日は北方領土の日。
なんで、この日が「北方領土の日」なんだろう?と
調べたところ。

2月7日とはそもそも、
日本(当時は江戸幕府)とロシア(当時は帝政ロシア)の間に
最初に結ばれた条約、
日露和親条約が締結された日なんだとか。

全然、「北方領土」じゃないじゃん!!

なんでも、ソ連(当時)の息のかかった団体が
「ソ連への悪感情を生む」として、
「北方領土の日」制定に最後まで反対したのだとか。

それで、なんだかワケのわからない日が
「北方領土の日」とされたことに合点がいきましたよ。

ああもう!!

なんで日本人は相手のことばかり慮るんでしょうねえ!

それが日本人の美徳なのはわかりますよ。
でも、それを美徳として受け取りあえるのは
日本人同士に限られるんですよ。

少なくとも、中国、韓国、ロシア、北朝鮮
どんなにむちゃくちゃでも自国の権利ばかり主張し、
日本人の美徳なんてものを踏みにじるヤツらでしょう!

そんな国とは、国交断絶でいい!

と思う…現実的にはムリだけど。

「北方領土の日」はソ連が日ソ不可侵条約を破り、
宣戦布告した8月8日、
またはすでに降伏していた日本に攻め込んできた
8月28日にすべきなんじゃないの?

言い出しちゃえば、南樺太に侵攻した8月11日とか、
候補日はたくさんあって決めるのが難しい、
という一面もたしかにあるのですが。

でもそれら一連の侵攻で、
ソ連軍が日本人にどれだけひどい仕打ちをしたか…。

資料を見るたび、胸がえぐられそうに苦しくなります。
その痛みを日本人は忘れちゃいけないと思う。

そんなことを言うと、
「日本人だって中国や朝鮮の人々に同じことをしただろう」
という日本人が必ずいるのも腹立たしい。

鳩山由紀夫はじめ、この期に及んで中国詣でに
躍起になっているクサレ政治家は早く消えてほしい。

…と立春からこちら、
立腹が続いております(いつものこと)。


ラベル:グルメ 愛国 深川
posted by はたまゆ at 23:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とっても季節感がある着物姿、そしてそれがきちんとご自分のものになっておられるというのは、「素敵な日本女性」だと思います。
なかなかできることではないですよね。
中国に対して表立って制裁がむずかしいのであれば、「渡航自粛勧告」というのがあります。これが出ると観光旅行で行く人が目に見えて減りますので、経済制裁に近い効果があります。
ホントは反日デモが激しかった時に邦人保護の名目でやれば国際的にも効果があったんですがね。ついでに在留邦人に対しての「帰国勧告」
これまでやればさらに効きます。
(理由?大気汚染の深刻化による健康への懸念とか。だって福島の原発事故でアメリカあたりは自国民を日本から引き揚げさせたわけですから、アリかと。)
中国に4年住んでた身としては、現状はとても悲しいのですが、おっしゃる通り連中は理屈の通らない相手なので、政権も変わったことだし
少しはガツンとやらざるを得ないかな、と感じております。
Posted by 夜桜 at 2013年02月12日 07:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。