2013年03月01日

旅の収穫 その2

昨日のドラマ『最高の離婚』、
最高におもしろかったなあ。

今クールは、久々のドラマ当たりクール。

今日の『夜行観覧車』や
明日の『泣くな、はらちゃん』など、
次回が待ち遠しくなるようなドラマって、
いつぶりでしょうか?

大河ドラマの『八重の桜』もいいですよねえ。
あんさまに、できるだけ長生きしてほしー!

…と、先週の出張時も帰京してから録画を見るのを
楽しみにしていたのに。

留守録、失敗していた…。

いつものクセで、もとの電源を切って、
旅立ってしまったのです。
電源切ったら、留守録作動しないよ…。
しょーんぼり。

そんなショックも冷めやらぬ、
帰京翌日の朝ごはんはこんな。

サンド.jpg

アボカドサンド。
西宮北口駅のCave de Terre(カーヴ・ド・テール)で
買ってきたマスタードをばっちり効かせてみました。

TOP_R.JPG

中原明子姉さまと、T津師匠という、
兵庫県在住の二大先輩ライターの教えを乞うために
西宮へ足を伸ばしたのですが、
明子姉さまはこの地でグルメツアーなどの講師を
務めるお方。
案内される店にハズレがあろうはずもありません。

スタンディングでいただく料理も気が効いていて、
さらにはワインや食材も充実!

ワンカップ.jpg

大ウケで買ったワンカップ大関
…じゃなくて、ワングラスワイン?

マスタード.jpg

マスタード系もあれこれあり、
調味料好きとしては大コーフン!!
中でも、明子姉さま推薦のこの2品をゲットしてきたのです。

マスタード、酸味もしっかりあるんだけど、
おでんなどにも合う味わい。

もう1品は
「ヒルファームマスタード メディテラニアン」(1260円)。
タスマニアのヒルファームで無添加・無香料・無塩、
さらには完全手作りされているというマスタード。
ドライトマトやブラックオリーブのコクがある味わい。

これは、青魚に合わせたい!
と、作りました。

サバ.jpg

鯖をシンプルに塩コショウで焼いたものに、
ザク切りトマトとメディテラニアン、オリーブオイルを
あえたものをソースに。

自分で言うのもなんですが、おいしかった!

帰京2日目のこの日は、お客様をお招きして、

割烹はたぼう「旅の収穫を食す会」

でした。

その他、料理はこんな。

みそおでん.jpg


昨日もご紹介した堀河屋野村さんの白味噌を
味噌おでんに。
白味噌、やさしい味わいでおいしかったです。
ゆずの皮も入れ、さらに香り高く。

酢の物.jpg

うどの酢の物に使ったのは、
伊豆で買ってきた「俺っち! 伊豆流儀 ふるーつビネガー」。

ビネガー.jpg

伊豆稲取の農家の若旦那三人衆が開発したという
ニューサマーオレンジを使ったビネガー。
焼酎に入れたり、牛乳に入れてオレンジヨーグルト風にしたり、
用途いろいろ。

なにせ、糖度が高い!

スッパ好きの私には少々甘いくらいで、
村山造酢さんの千鳥酢をプラス。
あとは塩少々のみで十分。
優しい味わいの上品な酢の物になりました。

京都で買ってきた、京とうふ藤野さんのお揚げは
水菜とともに小鍋仕立てに。

小鍋.jpg

薬味はもちろん、原了郭の黒七味でキマリ!

お揚げもなんですが、
今回の京都でどうしても買ってきたかったものが
ありました。

それがこちら。

古漬け.jpg

京つけもの 錦・高倉屋さんの古漬けです。

私は古漬けが大好きで大好きで〜。

小さい頃、ひいおばあちゃんが漬けていたぬか漬け。
漬かり過ぎたナスやキュウリを細かく刻んで、
しょうが、ゴマ、かつお節などと
あえて食べさせてくれたのです。

実家でぬか漬けを漬けることがなくなってからは
口にすることもなく、記憶からも消えていたのですが。
京都でこの古漬けに再会したことで
記憶が一気に甦ったのですよ!

去年の夏に京都に行ったときも
なんとしてもこれを買わねば!と
ダッシュで買いに行ったのですが、
夏は気温が高すぎるため、

古漬けは冬のみの販売だと…。

店の前で、膝から崩れ落ちるかと思うくらい
ガッカリしました。

それもあり、今回は何はなくともこれだけは!!!!!
と思っていたのです。

やっぱり、おいしい…。

日本酒はご近所の折原商店さんで購入の
「純米吟醸 真澄 あらばしり」。
口の中でプチプチはじけるような酸味が、
キョーレツに私好みでした。

ごはん.jpg

この日は白飯で〆。
炊き立てをルクヲごと、ちゃぶ台に運んでサーブ。
ピカピカー。

普段の割烹はたぼうでは、
酒のアテにならない、白飯なんてものは
絶対に出さないのですが今回は特別。

というのも、前述の古漬けとともに、
極上のごはんの供がうなるほどあったのです。

それがこちら。

ごはんの供.jpg

左下から時計回りに、
和歌山・角長さんのもろみ、
同じく和歌山・堀河屋野村さんの
前夜、姉御家から取り返してきた(笑)径山寺味噌、
伊豆・かわづ屋さんのわさび三杯酢、
和歌山・前福さんのしらす三宝。

白飯何杯でも行けちゃうラインナップ。
今日はすでに長くなりすぎたので、
詳しくは次回。

ついでに。
この日のデザート。

デザート.jpg

京都で買ってきたミディ・アプレミディの
フィグのケイクにバニラアイスを添えて。

旅の思い出を語りつつ、食す旅の収穫。
たとえ、それが仕事旅であろうと、
ひとり旅であろうと、
楽しかったこと得てきたことをシェアしつつ、
おいしいものが食べられる時間は
最高に幸せなひとときです。

あ、ひとつ残念だったのがこちら。

おでん大根.jpg

和歌山で見つけた、おでん大根。
農家の方に尋ねたところ、
普通の大根より味がしみやすく、型崩れしにくいのだとか。
のどから手が出るほど買いたかったのですが、
この後、まだ3泊あることを考えて断念。

でもこの日、味噌おでんを作ったときに
「ああ、あのおでん大根が使いたかったよう!!」と
激しく後悔したのでした。

食いしん坊。


ラベル: 料理 グルメ
posted by はたまゆ at 21:40| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行きたいぐらいの、豪華さ・・・・

お、お、おいしすぎ〜〜がわかります。

いいなぁ〜〜〜〜〜っ。

Posted by 深川 姉御家 光枝 at 2013年03月02日 00:14
宮崎西米良の神社のことなどで以前何回かコメントさせていただいた者です。先月のNHKBS新日本風土記「高知 神々と棲む村」はご覧になりましたか。本放送・再放送どちらを観る時も、秦さんがご覧になっていればよいなと思っていました。もし未見でしたらこちらで雰囲気だけでも味わってくださいませ。http://www.nhk.or.jp/fudoki/130208broadcast1.html
Posted by 陽花 at 2013年03月03日 13:30
光枝さん
ありがとうございます!
そして、お誕生日、おめでとうございます!
うかがって直接…と思っていましたが、
日付が変わってしまいました。
しょんぼり…。

陽花さん
覚えてますよー。お久しぶりです。
そして、とびきりの情報、ありがとうございます。
BSに入っていないもので、
見られないんです…。
見たい番組たくさんあるんですが…。
物部村、気になりますねえ。
祝詞を大事にしているところから見ても、
物部氏の末裔に違いないですね。
Posted by はたまゆ at 2013年03月04日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。