2013年04月20日

チルチルミチル

なんだか、寒いですねえ。

「春になったことだし!」と1年ぶりに
ランニングを再開した途端にこれですよ。

それでも昨日は走りにいき、
間宮林蔵の墓を見つけました。

2013041910300000.jpg

伊能忠敬に師事し、この深川で没したのだそうです。

忠敬が私が今、住んでいるところの近所に住んでいて、
測量の旅に出かける前には必ず富岡八幡宮に
安全を祈願していったということは知っていましたが、
林蔵まで住んでいたとは。

伊能忠敬、間宮林蔵、
日本が世界に誇る二大測量家ですよ。

うれしかったけど、丸7年も住んでいて、
その事実を知らずにいたことに少なからずもショック…。

まあ、そんなことを少しでも減らそうと、
ランニングコースをこれまでの木場公園や隅田川沿いから
家の周りの道、それも通ったことのない道を行くことに
したのですが。

もう、「猫かい!!」とツッコみたくなるほど、
裏道裏道選んで走ってます。
それも楽しい。

なぜ、そんなことを思い立ったかというと、
最近、立て続けにこれまで詣でたことのない神社に
行き当たってしまったからです。

まず、こちら。

洲崎神社.JPG

洲崎神社です。

もう何百回と通っているイトーヨーカドーの近所で、
祭礼のときにはイトヨー周辺にも幟が立つので
以前から気になっていました。

江戸時代、地震のときにここまで津波がきたため、
それを知らせる「波除の碑」などもあるということで、
東日本大震災の後もわざわざ自転車でグルグル走り回ったのに
見つからなかった。

それが今月はじめのある日、
いつものようにイトヨーに向かっていると、
通りの200m先くらい先にある赤い立派な鳥居が
突然、目に飛び込んできたのです。

何度も言いますが、もう何百回と通っている道なんですよ。
なんで、これまで気がつかなかったのか。

気になって行ってみたところ、
これまで探していた洲崎神社だったというわけです。

波除の碑も発見。

洲崎・波除.JPG

桜もまだ見頃の時期、社殿も美しかったです。

洲崎・社殿.JPG

やっぱりね、神社って行きたくて行けるところではなく、
「お招きされる」ところだということなんでしょうねえ。

と、自分のマヌケを棚に上げてみる。


その数日後、とあるところから、これまた近所の
東陽繁出世稲荷神社が「本日、お祭り」という情報が。

東陽繁出世稲荷神社とは初耳。
「これは行かなくちゃ!」ということで、
ネットでだいたいの位置を把握し、自転車でGO!

しかし、なかなか見つからず、
グルグルしているうちに、赤い鳥居を発見!

八多.JPG

自転車を降りた私の目に飛び込んできたのは…

八多のぼり.JPG

なんと、八多稲荷の文字!

「八多」=「はた」ですよ。
ひえー。

家に帰って、調べましたが
ご由緒など詳しいことはわからず。
この辺に、八多一族がいたのでしょうかねえ。

遅すぎるご挨拶を詫びて、手を合わせてきました。

その後、東陽繁出世稲荷神社も無事見つかり。

東陽繁出世稲荷.JPG

帰り道にある、こちらの神社にも寄ったところ。

繁栄稲荷.JPG

繁栄稲荷神社で、「あら、繁つながりだわ」と
思ったのでした。
何か関係があるのかと思って調べたのですが、
こちらもわからず。

繁栄稲荷神社自体は江戸時代に、
大丸百貨店の業祖である下村彦右衛門正啓によって
創建されたのだそう。

ああ、私はなんて近所のことすらも知らないのだろう…と思い、
「よし、ランニングで通ったことのない道を
しらみつぶしに走ってやろう!!」と
思い立ったのでした。

ご近所の神様を訪ねて走れば、少しはやせられるかな。
人生最重量、絶賛更新中なもので…。

5月場所も近いし、
両国で相撲部屋パトロールもしなくっちゃー!

その前に、終わらせなきゃいけない仕事が
2つあるんですけどね…。
しかも結構、大きめなのが…。

がんばろう、自分!

ちなみにタイトルは『青い鳥』から
「ご近所に目を向けよう」の意です。
わかりにくい…。


ラベル:神社
posted by はたまゆ at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。