2014年01月06日

神様生活

本年初出しのお仕事のお知らせです。

集英社のサイト『プレイガール』で
私と神社ガールズの「一日巫女体験記」が
アップされております。
なんと

うれし恥ずかし動画つき!

正確には、「うれし」はないですが〜(恥)。

でも、この年になって巫女さん装束に
袖を通せるとは思っていなかったので、
そこは素直にうれしかったです。

IMG_2262_R.JPG

一日御指導いただいた権禰宜の矢島さんと。
神職なので、浅葱色の袴です。

年齢不問、既婚未婚不問という懐を見せてくださったのは、
下北沢にある北澤八幡神社。

IMG_2223_R.JPG

今回、初めて訪れました。
下北の喧騒を抜けた先に、
こんなに落ち着いた神社があるとは
思ってもみませんでした。

境内からは富士山も望めます。
美しい…。

IMG_2225_R.JPG

全貌はコチラをご覧くださいませ。

巫女体験して一番に思ったのは、やはり日本人の素晴らしさ

「戒律、教義がない」といわれる日本の神道ですが、
そんなもので縛られずとも、
自ら「神に仕える者」「神を畏む者」として動ける。
その軸がしっかりしている民族なのだということ。

今を生きる日本人にその軸が失われつつあるのだとしたら、
取り戻すために、日々精いっぱいの努力をしなければならない。

そんなふうに思いました。


そんな体験も踏まえ、日々、
神様を感じて暮らしているわけですが、
正月はことさら神様と近しくなりますね。

年末に『日本の神様カード』を引いたところ
お出ましくださったのが
木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)様と
菊理媛神(ククリヒメノカミ)様。

IMG_2707_R.JPG

それもあって2日、北口本宮富士浅間神社に
詣でたのです。

IMG_2689_R.JPG

よい神社だったなあ。

しかも鳥居を出てすぐのところに
「馬刺し」を売っている精肉店、発見!

富士吉田市って、馬肉なんですよね。
参道にあった吉田うどんの具も馬肉でした。

馬刺し、もちろん購入。
そして食べたさ!

foodpic4404857_R.jpg

おいしかった。
午年に馬刺しで、いいスタートが切れました。

…罰当たりじゃないよね?


仕事始めを前に、昨夜静かな気持ちで
また『日本の神様カード』を引いてみたところ…。

IMG_2705_R.JPG

「我慢しないで泣いていいんだよ」と言ってくれる
泣澤女神(ナキサワメノカミ)様のお出まし。
泣きましたよ、ええ。

しかも、もう一枚はのっぺらぼう様だし…。

予備として入っているカードです。

でも、地元の祭りのときなどにお出ましになられるので
産土神様だと思っていましたが、
今回は靖国神社の英霊の皆様のような気もします。

どちらにせよ、「頑張りすぎずに頑張れ」と
言われているのかな。

本日、富岡八幡宮と「深川」という地名の発祥地でもある
深川神明宮に御挨拶。

IMG_2712_R.JPG

神様生活、いいものです。



ラベル:神社 料理
posted by はたまゆ at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。