2014年01月12日

お初ニ連発

三連休かあ。
はい、予想にたがわず仕事ですよー。
でも今週は、座敷牢ではなかったのです。

新しい仕事も始まったし、
NHK講座のロケハンで埼玉県行田市にも行ったし、
今年初がニつもあったし。

ということで、ひとつめ。
初観劇です。

IMG_2851_R.JPG

新派新春公演『明治一代女』
日本橋三越劇場にて。

「日本文化コンシェルジュなんだから
新派も一度は見ておいたほうがいいよ」と
御招待いただいたのです。

歌舞伎に近い様式美が新鮮でした。
口上もあり、お正月らしい舞台。

水谷八重子さん、
体調崩してこの舞台の前まで入院していたそうなのですが、
そんなことはみじんも感じさせず。

「日本の古い暮らしの良さを伝える役目が
新派にはございます」


という言葉が印象的でした。

『滝の白糸』『婦系図』なども見てみたい。

IMG_2850_R.JPG

ロビーにはたくさんのお花。
高橋恵子、伊東四朗など大御所に混ざり、

IMG_2852_R.JPG

我が友、いとうあさこも発見。

「胡蝶蘭なんて送れるようになったんだ…」と
余計な感慨にふけりました。

お付き合いいただいたのは、もちろん
御近所酒場・姉御家の光枝さん。

二人がお芝居よりもある意味、楽しみにしているのが
幕間のプチ酒盛り。

今回もデパ地下、ぐるぐる廻り、お弁当物色。
なだ万とスエヒロにしました。

IMG_2854_R.JPG

中身はこんな&お約束のビアー。

IMG_2856_R.JPG

楽しかったです。

帰ってきてから、ガツガツ仕事しましたけども、
翌日がまた、今年初のビッグイベントといってもいい
塩月弥栄子先生のお初釜

IMG_2859_R.JPG

弥栄子先生筆の松の色紙。
お正月らしい。

IMG_2858_R.JPG

趣向がとっても素敵だったお花。

そして。

1508287_583157125091917_1871598460_n_R.jpg

はい、今回初めて「客」ではなく「迎える側」として参戦。
薄茶席にて、お運び&お点前もさせていただきました。
緊張した。

朝8時から17時まで立ち通し。
お昼のお弁当も立ち食い(マジです。びっくりした)。

茶道の世界、思った以上に体育会でした。
いい経験になりました。

この写真は、お友達のフォトグラファー、
松永直子さんが撮ってくれたもの。

お運びに出ていくと、きれいな着物を着ているのに、
やけにごっついカメラを構えている人がいて、
「すごいなあ。こっちを狙ってるみたいに見えるなあ」と
思ったら、松永さんだったという。

私もびっくりでしたが、松永さんも
まさか私がお運びで出てくるとは思っていなかったため、
びっくりだったそうです。

そこで、すかさずカメラ構えちゃうところがプロ。
いい写真を撮っていただき、感謝です。


舞台裏写真をひとつ。

IMG_2875_R.JPG

モニターで、表のお点前の様子を見つつ、
お茶を点て出すタイミングをはかっております。

お茶席とは、こんな細かな心遣いの積み重ね。
想像はしてましたけど、自分で体験してみるとやっぱり違う。

今年もできるだけお稽古を頑張りたいなあ。

最後に。
元サッカー選手で今は旅人?をしているNが
弥栄子先生の濃茶席にきました。

同席した人によると、Nは作法をまるっきり知らなかったそう。

これまで、何度もお茶席に来ているはずなのに。
外国人の友人を連れて体験しているのを
何かで見た記憶もありますよ。

たしか今、
「日本文化の素晴らしさを世界に伝えたい」とかなんとか言って
活動しているんじゃなかったっけ?
それで、作法を知らない???

わざわざ来るのであれば、やはり作法くらいは
頭に入れておくのが礼儀じゃないでしょうか。
お客様としての作法はそれほど難しいものじゃありません。

初めての茶席なら許すけどもさ。

何度も来ていて、お家元のお茶とかもいただいているくせに
作法知らないって(しつこい)。

ムカついたけど、
現役のとき、偉そうなこと言ってるわりには
「チームメイトで彼と口をきく人はいなかった」という話を
聞いたときと同じ納得感。
この、しっくりきちゃう感じ、なんでしょう。

そういう人に日本文化を語ってほしくないなあ。

なんて、私も精進しなくちゃなりませんね。


ラベル:茶道 友達 舞台
posted by はたまゆ at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。