2015年01月28日

平等

早いもので、1月もあと数日ですね。

前の記事でお知らせしたニコニコ生放送、
『かなつ久美と秦まゆなの目指せ神話アニメ♪』
第1回も無事、終了しました。

IMG_7948_R.JPG

「神話をベースにした漫画を描きたい!
アニメになりやすいから♡」
というクミチンコフの希望を応援すべく、
「神話監修」として、あれやこれや公開会議するという内容。

これまで通り、放送日周辺の
ご神事、開運情報も話しております。
来月もぜひぜひご覧くださいませ。


そして、大相撲初場所も終わってしまいました。

ショックだったのが、豊真将の引退。

IMG_8011_R.JPG

いい力士だったなあ。
怪我を克服して帰ってきてほしかったなあ。

場所前半に、このニュースが舞い込み、
バタバタと白鵬以外の上位力士が倒れていき、
この場所はなんとなく、半分脱力しながら見ていました。

そして問題の、白鵬が
33回目の優勝を決めたこの一番。

20150127-00000018-tospoweb-000-view.jpg

取り直しの一番も、なすすべなしの稀勢の里。

偉業を成し遂げた白鵬の素晴らしさよりも、
稀勢の里の不甲斐なさが際立ってしまったのが
どうにも、心をどんよりとさせました。

これでまたモンゴル勢への風当たりが
強くなるだろうなあ…と。

案の定、この騒ぎですよ。

たしかに、審判批判は禁じ手だけど、
つい言いたくなっちゃった白鵬の気持ちも
痛いほどわかるのです。

日本人の99.999…%は、キセノンびいき。
白鵬としては「早く横綱になってくれよ!」と
言いたいところでしょう。

悪いのは、強いモンゴルではなく、弱い日本なのに。

このところ、白鵬のマナーを批判する声が大きいのも
気にいりません。

格下相手の張り差しはどうかとは思うけど、
朝青龍にくらべれば、1000倍は立派ですよ。

同様にヒール扱いするのはいかがなものか。

「肌の色が違ったって…」と口にした白鵬の胸の内を思うと、
全日本人を代表して、
土下座して謝りたい気持ちでいっぱいです。

思うに、「平等」って難しいものですよね。

ISILによる日本人人質事件。
「Iam Kenji」がネットを駆け回っていますが、
後藤さんと湯川さん、2人が拘束されているであろうときも、
報道されるのは後藤さんのことばかり。
仕事柄、後藤さんの映像がたくさん残っているとはいえ、
なんだかなあ…と思って見ていました。

湯川さんが殺害されてしまったかもしれない今、
世界中が「Iam Kenji」ですもの。

湯川さんのご家族の胸中はいかばかり。
命も決して平等じゃないと思ってしまう。


もちろん、無事解放されるに越したことはないですが、
これで死刑囚を釈放すれば、
味をしめたISILによって、
次々と外国人が人質にされることにはなりはしないか?

奪還した死刑囚がカリスマとなり、
より激しいテロ行為につながりはしないか?

そこで命を落とすことになるかもしれない人は
いったい何人になってしまうのか?

ことは「後藤さんを見捨てないで」という
単純な図式じゃないと思うのです。


ラベル:相撲 政治
posted by はたまゆ at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。