2015年02月16日

宝物

正式に認められた国であるとの誤解を与えかねない
『イスラム国』という呼称をやめ、
「ISILに統一する」という政府の正式見解が出た日。

夜9時のニュースでわざわざキャスターの男つかって、
「国でないことはわかっていますが、
NHKでは『イスラム国』を使い続けます」
と、ワケわからん宣言をしていたNHK。

今になって、「過激組織IS、イスラミックステート」と
呼ぶことにしたそうですね。

ていうか、変えるなら、なんで「ISIL」にしないのか?
国家権力にはあくまでも逆らい、
表現の自由を体現しているつもりか?

なんじゃそりゃ!

笑止千万とはまさにこのことです。

笑いが止まらないので、本題へ。

先月30日、都内でパラリンピアンの佐藤真海ちゃんの
結婚報告パーティーが行われました。

IMG_8388_R.JPG

真海ちゃんが幸せそうで、光り輝くように美しくて、
ご主人もそんな真海ちゃんに負けない、
笑顔の素敵なナイスガイで。
最初から、胸いっぱいでウルウルしていたところ。

IMG_8394_R.JPG

お母様のご挨拶、
「13年前、余命宣告まで受けた娘が…」を聞いた途端に
涙腺崩壊!

涙あり、笑いありの素敵な時間でした。

そして、先週土曜日。
パシフィコ横浜で行われていたカメラと映像の祭典に
行ってまいりました。

IMG_8545_R.JPG

横浜も苦手ならば、
カメラと映像の祭典もまるっきりの門外漢。

何をしに行ったかというと?

DSC_0298_R.JPG

義足の女の子たちをモデルにした写真集『切断ヴィーナス』を
発表したカメラマン・越智貴雄さん企画のファッションショーを
見に行ったのです。

DSC_0300_R.JPG

IMG_8554_R.JPG

みんな、堂々と美しく、キラキラして見えました。

パラリンピックがフィーチャーされているのは
とってもいいことですが、
それだけじゃない、こういうアプローチも素晴らしい。

日本の新聞各紙はもちろん、
ロイターでも世界に発信され、
ジャパンタイムスの一面にも取り上げられていましたよ。

11008438_1025424057472538_7036330311094197043_n.jpg

一番ツボだったのは、彼女たちの義足の生みの親である
臼井さんがかぶりつきで、
うれしそうに写真を撮っていた姿でしたが。

IMG_8549_R.JPG

真海ちゃんや臼井さんと出会う前は、
ものすごく失礼ながら、
足を切断するようなことになったら
「生きていられないかもしれない」くらいに
考えていたのです、私。

でも今は
「臼井さんに義足をつくってもらえば、きっと大丈夫!」
と思える。

ことはそう簡単じゃないことはわかっているけれど、
彼女たちを見ていると、
試練に負けずに「そっち側に行きたい!」と思える。
足だけでなく、他のハンディを負ったとしても。

そういう具体的な姿があるって、とっても重要なこと。
まさに宝物のようなもの。

仕事を通じて、いいご縁をいただいたなあ、
幸せだなあと思いました。

その後、食いしん坊友達のアキちゃん宅にお呼ばれし、

IMG_8560_R.JPG

こ〜んなカニや

IMG_8571_R.JPG

こ〜んなトロいただけたのも
ものっすごく幸せでしたけどね☆

遊んじゃった分、仕事が間に合わなくなりそうで
冷や汗かいたけど。
今日もまだ仕事だけど。
それもまた幸せなことだなあと思うのです。

posted by はたまゆ at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。