2015年05月25日

綱渡り

大相撲五月場所、いい千秋楽でしたねえ(しみじみ…)。

先場所、白鵬に負け、弟弟子の照ノ富士の
援護射撃ができなかった日馬富士。

先場所の取り組みも泣けたけど、
今回も泣いた。
痛む右ひじをかばいもせず、全身を使っての渾身の投げ。

IMG_0298_R.JPG

兄弟子の勝利に泣き崩れる照ノ富士。

IMG_0297_R.JPG

それを見守る安美錦。

CFwdDDMUIAA-kPX.jpg

そして優勝パレードの旗持ちは、横綱自ら!

sum15052505050006-p1.jpg

んもうううううううー、感動!

伊勢ケ濱部屋の団結力がさらに泣かせた。

これが自分より強い人のいない部屋所属の逸ノ城との
大きな差になってしまいましたね。

でも世代交代の感が強かった今場所。
来場所がさらに楽しみです。


そんなんで、私も負け越すかと思っていた先週。
なんとか勝ち越しで切り抜けましたよ!

金曜にNHKカルチャー講座があるのに、
水曜23時の時点で、まだ原稿が上がっていないわ、
360ページもの校了1冊、終えなきゃならないわ、
カルチャー講座のロケハン&レジュメづくりも残っているわで、

絶体絶命!!!!

でもね、木曜朝まで原稿書いて、
ちょっと寝て、校了終えて、そのままロケハンに飛び出し、
帰ってレジュメに取り掛かって…という綱渡りを敢行し、

金曜13時開講ギリギリでなんとかクリア!

講座も無事、務めることができました。

よくやった、自分。



すでに今週の新たな山に入っているので、
それほど息は抜けませんが…。

ひとまず、お知らせです。
今週の日曜
31日には青年真志塾主宰の歴史散歩講座があります。

朝9時半に新橋SL広場に集合、愛宕神社から増上寺を巡り、
徳川家康公400年忌を改めて考える…という趣旨。

話は変わるようでつながっているのですが、
今回のNHKカルチャー講座は、谷中〜根津。

谷中霊園には、徳川最後の将軍、慶喜公の墓があります。

慶喜公が徳川家墓所のある寛永寺でもなく、増上寺でもなく、
なぜ谷中霊園にひっそりと眠っているのか?
その理由に、私は涙しましたよ…。

日曜に巡る増上寺は現在、徳川家墓所の特別公開中。
空襲で焼けてしまった2代将軍・秀忠の豪華絢爛な墓所の
10分の1模型も宝物館にて公開中!

この模型、すっごいですよ。
当時、日本一の職人の手をもって精巧につくられ、
ロンドンに送られたもの。
こうして今また見られるのは奇跡です。

そういう素晴らしい機会をともに楽しみつつ、
徳川の時代を振り返ってみたいと思っています。

徳川の300年があるから、今の時代がある。

もちろん、その前の平将門も、太田道灌も、
大事な歴史の一部ですが。

今、自分たちが生きているこの地で
実際に起こっていたことを学ぶのは、
自分の中に太い柱をつくる作業のような気がするのです。

私もまだまだその作業中。

“講師”なんて本当におこがましくて、
一番勉強させてもらっているのが私なんだと思います。

でも楽しんでいただける気はマンマン!

詳細・参加申し込みは
コチラまでー。

Facebookをやられていない方の参加表明は、
私が承ります。

皆様のご参加、お待ちしております!



ラベル:仕事 相撲 歴史
posted by はたまゆ at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。