2015年11月11日

モテ

本日、若い男子に「ポッキーの日ですね」と言われたので、

「渋沢栄一の命日でもありますよ」

と答えたら、
「誰ですか?」的な顔をされました。
むう。

日本人にもっと知られて、
もっと感謝されていい人だと思うなあ。
なんだったら、大河ドラマにしてほしい。

幕末の動乱から徳川慶喜、明治の近代化、
関東大震災まで、しっかり描き切れるのに。

こちら、慶喜の命により赴いたパリでの渋沢。

syashin1_R.jpg

イカス。

今週金曜の、NHKカルチャー『東京寺社めぐり』は
王子・飛鳥山編。

飛鳥山は、渋沢栄一の本邸があった場所。
洋風茶室の晩香廬、書庫である青淵文庫などが
今も残ります。

王子稲荷や、
吉宗が庶民の遊興の場として飛鳥山に桜を植えた理由など、
話したいことがたくさんありますが、
渋沢のことを話せるのもうれしい。

紅葉も少しは楽しめるかな。


…で、話は変わるようでつながっているのですが、
11月5日の一の酉。

行ってまいりましたよ、酉の市。

IMG_2700_R.JPG

私は毎年、我が町・富岡八幡宮摂社の大鳥神社です。
このおかげで毎年、食いっぱぐれることもなく、
過ごせているのだと思います。

浅草の酉の市や、新宿・花園神社の酉の市にくらべると、
規模も小さく、人もまばらですが、それがいい。

IMG_2679_R.JPG

さらには、私が買うのは
この参道の業者さんのものではなく、
大鳥神社のもの。

熊手は3種類あり(稲穂、枡、おかめ)、
いつも稲穂か枡かで迷うのですが、
今年は初めてのおかめバージョン。

IMG_2677_R.JPG

欲張りながら、金運以外に女っぷりが上がることも
お願いしちゃいたい気持ちになったからの
チョイスでしたが、
冒頭に戻り、若い男子に返す刀で渋沢栄一切り出すあたり、

「ああ、どんどんモテなくなってるなあ、オレ…」

と、反省したのでした(真剣)。



ラベル:深川 神社 祭り 歴史
posted by はたまゆ at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。