2016年09月26日

二の舞い

秦です。
相撲のない夕方に耐えられないとです。



ヒロシで始めてみました。
この前、ネタ番組で久しぶりに見たけど、
やっぱりヒロシはおもしろいと思う。

本題。

大相撲九月場所、まさかの豪栄道全勝優勝!ですよ。

いやもう、びっくり。

すでに「綱取り」が話題にのぼっていますが、
いやいや。
そうは甘くない気がするなあ。

今場所は驚異的に風が吹いただけ、のような。

これを本物にするかどうかは本人次第です。

86年ぶりの優勝に湧く地元の誘いは断れないとしても、
こんなときだけのマスコミのヨイショに乗せられちゃあ
ダメですよ。

琴奨菊がいい例です。
「相撲をピーアールするため」なんて
格好いいこと言っていましたけど、
稽古を疎かにして、
連日、あちこちのイベントでチヤホヤされた結果、
今や見向きもされません。

人気力士の証、国技館ガチャガチャからも、
姿を消してましたからね。

IMG_6421_R.JPG

新商品のスノードーム。

コツコツ集めていたスナックの看板も
琴奨菊とともになくなってましたけども…涙。

IMG_6321_R.JPG

大関なのに「ない」っていうのはかなりの屈辱だと思う。

代わりに入ったのが、宇良に御嶽海。

IMG_6424_R.JPG

御嶽海が当たりましたよ。うふふ。
今場所も上位相手に、いい相撲を見せていました。

豪栄道にはこんな憂き目に合わないように、
来場所以降へ向けて、
しっかり気を引き締めていただきたいものです。


さて私は、事実上の優勝決定戦、
日馬富士ー豪栄道戦が組まれた13日目に
国技館観戦!

IMG_6371_R.JPG

同行は中高の同級生、
生活文化ジャーナリストの加藤裕子さんです。

IMG_6377_R.JPG

通称、ひろくん。
お互い文筆業をなりわいにしていて、
着物好き、相撲好き、日本文化好き。

相撲観戦はだいたい、升席メンバーが揃う15時くらいまで
ひとりポツーンと見ている
(ひとりでもビール500缶片手に、大声で応援している)のが
常でしたが、
今回は午前中からひろくんと一緒に観戦。

マニアックな話もでき、大層楽しかったです。


毎度のこととはいえ、午前中から意気込んで行ったのには
大きな理由がありました。

怪我で長らく土俵から遠ざかっていた舛ノ山が
今場所、序ノ口から再スタート。

「取り日に当たるといいなあ」と祈り続け、
思いが通じたのですよ!

ひろくんとともに、声も限りに応援した結果?、

序ノ口全勝優勝だー!

IMG_6419_R.JPG

わーい。
入り待ちのときに、部屋に帰る舛ノ山にも遭遇し、
もう大満足!

そのほか。

IMG_6381_R.JPG

初の生宇良。
テレビで見るより、下半身ががっしりしていて、
ガーリーなまわしはそれほどガーリーではなく、
落ち着いた朱鷺色に見えました。

この日、宇良の対戦相手は里山。
どっちも好きだから、もう困っちゃう〜。

里山がいぶし銀の白星を勝ち取りました。

結び前の一番は、稀勢の里ー鶴竜。

IMG_6391_R.JPG

稀勢の里コールになるかと思いきや、
そういう空気にならず、思い切り、鶴竜を応援できました。

そして、この日一番の取り組み、日馬富士-豪栄道!

IMG_6417_R.JPG

立ち合い前のにらみ合いにシビれましたよ!

これも思い切り日馬富士を応援したのですが、
立ち合いも断然勝っていたのですが、
土俵際、まさかの首投げ…。

思い切り、座布団投げてやりましたよ!!!

IMG_6404_R.JPG

興奮冷めやらず。

IMG_6411_R.JPG

ちゃんこ大内で、ちゃんこ食べて帰ってきました。

ああ、相撲はいいなあ。
11月までないなんて、さみしいなあ。
相撲ロス…。



ラベル:相撲 着物
posted by はたまゆ at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。