2016年10月17日

夢の中

ノーベル賞に、平和賞と文学賞はいらないなあ。

文学賞、ボブ・ディランて!

ふさわしい文学者がいないのなら、「該当者なし」でしょう。
なんだかなあ。

…と思っていたら、
当のボブ・ディランが迷惑がっている、との話。

いいぞ、いいぞ。
このまま、授賞式もボイコットしてほしいなあ。

桑田佳祐みたいに、もらえるものはもらっておいて、
あとで茶化す、なんてのが一番みっともない。
いい歳してさ。


さておき。

岡山に出張に出ていました。
今年、なんと3回め。

IMG_6444_R.JPG

岡山駅前にある桃太郎像。

初めて見たのは、20年くらい前の四国旅行の帰りのこと。
新幹線への乗り継ぎに立ち寄り、そのまま観光もせず、
東京に帰りました。

「日本で一番興味のない県」だったのですよ、当時。

この桃太郎像も「もう二度と見ることはないんだろうなあ」
と思ったのをよく覚えています。

どこでも行って見てみたい私が
ここまで「興味ない」と思ったのも、
おもしろいといえば、おもしろい。

結果、こんなに縁が深い地になるのですから。

人生って不思議。


今年、こんなにも通っているのは、
来春、2冊めの著書が出ることになったから。

テーマは「古墳」です。

岡山、というか吉備ですね。
古代の吉備は深いですよ〜!

今回もすごいものたくさん見ました。
鳥肌立ちました。

早くお伝えしたいです。

帰り道に、神戸にある五色塚古墳に寄りました。

IMG_6563_R.JPG

完全に古代の姿に復元された古墳です。

私、復元された古墳って、復元された城同様、

「ないわ〜」

と思っていたのですが、違った!

とんでもなく素晴らしかったです。

IMG_6582_R.JPG

この姿を認識していないから、
古墳がただの緑の山だったり、
ありがたがられなかったりしてしまうのだなあと
心底思いましたよ。

IMG_6568_R.JPG

いろんな思いが湧いてきて、いつまでもこの眺めに
浸っていたかったです。
幸せでした。

帰ってきても、まだ半分、夢の中。

次回の古墳旅は来月頭。
その前に、またありがたい出張が控えているので、
それまで腰を落ち着けて、座敷牢に専念しましょう。

ここのところ、暗い記事が続いていて、
ご心配おかけしていたかもしれませんが、
ちょっと吹っ切れましたよ。

タグ:神社  歴史
posted by はたまゆ at 20:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかった、よかった!
「あさ、目覚めなければいいぁ〜」からの「どん底」。
お仕事がお忙しいのはいい事でしょうが、心身ともに健康であってこそのお仕事。
大丈夫かしら?とちょいと心配しておりました。
美味しいもの、(ええ、もちろん御酒もですとも)召し上がって気力、体力つけてくださいませ!
Posted by 坂田若菜 at 2016年10月18日 17:20
坂田さん
ありがとうございます!
ご心配おかけして、ごめんなさい。

5日、昼からビール酌み交わしたかったですが、
熊野を楽しんできてくださいね!
Posted by はたまゆ at 2016年10月18日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: