2016年10月18日

仲間

「座敷牢に専念します」との舌の根も乾かぬうちに、
本日は、

靖國神社 秋季例大祭 勅使御参向ー

春と秋の例大祭のとき、
天皇陛下の御心を御英霊へ捧げるため、
勅使が靖国神社へいらっしゃるのです。

その御奉迎団に加えていただいた栄誉に
打ち震えながら、今回も務めさせていただきました。

14798756_10210971979203793_666140537_n_R.jpg

自慢の愛国仲間です。

あちこちで「極右」呼ばわりされる私ですが、
この方々にくらべたら、赤子も同然。
よいご縁がつながっていっているのがうれしいです。


さて、勅使様をお迎えするため参道に並んでいるとき、
私たちの向かい側で外国人観光客などに混じり、
勅使様を待っている一団がありました。

待っているときは正しい「休め」の姿勢、
勅使様がいらっしゃったときは私たちと同様に最敬礼。

その所作や姿勢がとても美しく、
「何者だろう?」と思っていたところ、
私のお仲間全員がその一団に注目していたのでした。

しかも帰り道、神門のところで
その一団が記念撮影をしているではありませんか!

思わず、声をかけたところ、
福島県からいらした自衛官募集団体の理事様や
防衛省の方々でした。

14725383_10210971981483850_1025698908_o_R.jpg

ついでに、一緒に記念撮影(笑)。

でも全員でおおいに納得しましたよ。
所作や姿勢の美しさは、
母国やその伝統、歴史を守ろうとする心、
志の美しさに通じる気がします。

そういう方々がお仲間に多いのが誇らしい。

いつだったか安倍首相が
「陛下がお出ましになるときに、平服だったり、
ポケットに手を入れたままだったりするのは
野党議員」
という発言をしていた記憶があるのですが。

そういう人たちには、国は任せられないなあと思う。


そんな思いを抱えつつ、今月初のお茶の稽古へ。

開炉前の10月はこのひと月にしかできないお点前が
いろいろあって、休みたくなかったのだけど、
休み続きで今月初、しかも黒留袖…笑。

お仲間がおもしろがって、あちこちから撮影してくれました。

14627750_932218666883825_1577475050_n_R.jpg

unnamed_R.jpg

この場所も、このお仲間も本当にありがたい。

心がゆるっとほどけて、また少し元気になって
帰ってきました。

このエネルギーを原稿作成に活かしたい…。
今夜も行けるとこまで、頑張るぜ!


posted by はたまゆ at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。