2016年10月25日

色眼鏡

旅に出ていました。

IMG_6667_R.JPG

奈良県にある玉置神社の例大祭。

御祭神は国之常立神。
宇宙のはじまりに現れた、それはそれは古い神様です。

創建は10代・崇神天皇の御代。
壬申の乱(672年)において、大海人皇子(40代・天武天皇)に
加勢したことでも有名な、
十津川の人々によって大事に大事に守られてきました。

「行きたくても、なかなか行けない神社」としても有名です。

14581507_1043371112447599_3822736055277594037_n_R.jpg

それはこんな景色が見られるくらいの山の中、
という地理的要因もありますが、
ここの神様が「人を選ぶから」という話もあるらしいです。

でも、そもそも神社は、
「行きたい」といって行かれる場所じゃない。

神様にお招きされて、初めて行ける場所だと思うのです。

これは決して意地悪な意味でなく。

お招きされるタイミングというのが、
その人がその神社を参拝するのにもっともふさわしいとき。
神様はそのタイミングをやさしく、繊細に
見極めてくださっている気がするのですよねえ。

そんな私、なんだか玉置神社にはご縁があり、
気がつくと「あれ、また着ちゃった」という感じ。

この10年で、
6〜7回はお参りさせていただいている…という不思議。

しかも今回は、例大祭にご奉仕ですよ!

憧れの白装束に烏帽子まで被っちゃいましたよ。

そんな旅の詳細は後日。



今朝、お約束の夜行バスで帰京。
洗濯だけして、急いで向かったのは、

「麻糸績み後継者養成講座」

でした。

IMG_5837_R.JPG

大麻を績み、糸にする。

日本では、当たり前に「女性の仕事」だったこと。

『かあさんの歌』の二番の歌詞を覚えていますか?
「かあさんは麻糸つむぐ。一日つむぐ」です。

この歌が作られたのは昭和29年。
戦前には「母の姿」として
ごく普通に見られた光景だったことを物語っています。

それが戦後、GHQに禁止されて以来、
深い誤解の中で身動きが取れなくなっている。

食用、衣料、医療、燃料など実用だけでなく、
日本人の信仰、心にとって、なくてはならなかった大麻を
なんとか日本人の手に取り戻したい。

そう思って、受講したものの、出張出張…でなかなか行けず。
本日、ようやく基礎編終了。

IMG_5843_R.JPG

こんな細い大麻を指でねじり撚りをかけ、

IMG_6713_R.JPG

紡錘車と水でさらに撚りをかけ、

IMG_6714_R.JPG

一本の糸にしていきます。

次回からはいよいよアドバンス講座。
「うれしいなあ」と思っていたところに、
高樹沙耶逮捕のニュースですよ。

鳥取で「町おこし」として町長を口説き、
大麻栽培を認可された男が薬物大麻所持で逮捕されたばかり。

高樹沙耶も主張していることは決して間違ってはいない。
でも、その結果がこれじゃあ…。

しかも今回の件て、大方の人が
「やっぱりねー」「ちょっと変だったよねー」と
思っていると思うのです。

それが口惜しい!

大麻に関して、正しい主張をする人がまず
「怪しい」という色眼鏡で見られるのが日本の現状です。

大麻の誤解を解こうと努力している人たちは
その苦しさをイヤというほどわかっているはずです。

少しのほころびも甘えもあってはならない。
ほんの少しでもあれば、
取り返しのつかないことにつながるのだから。

本気で大麻のために戦おうと思うのなら、
自分だけでなく、仲間も律する覚悟がなければ。
あらぬ誤解を招く前に、切るべきものは切るべき。

高樹沙耶は「自分のものではない」と言っているようですが、
薬物大麻を使う人間を仲間としている時点でアウトです。
ましてや、一緒に暮らしていたのですから
「知らなかった」では通らない。

その甘さは、大麻に本気で取り組んではいなかった、
ということにつながる。

たとえ彼女がシロでも、
「大麻合法化なんて言っている人は
結局、自分が吸いたいからでしょ」という誤解を
さらに深くしてしまった罪は重い。

真剣に取り組んでいる人たちの本物の志は
こんなことでくじけはしないでしょうが、
でもなあ…。

悔しさ、腹立たしさがおさまりません。



ラベル:愛国  神社 
posted by はたまゆ at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。