2017年03月03日

時間が空いてしまいましたが、
京都・上賀茂神社での白鵬関の奉納土俵入り、
トークショーでの進行役を無事、務めてまいりました。

16939011_1169112249873484_3714492947342761286_n_R.jpg

大好きな上賀茂神社は、抜けるような青空!
ここ数週間は、週末ごとに雨や雪だったといいますが、
まさに土俵入り日和です!

a5685627b648bb8a140adc16845392bdc1fe49cbe8b48c1524788313ea47da7d_R.jpg

国技館での土俵入りはもう何度も見ていますが、
野外の、しかもこうした場所では初めて。
せり上がりの足のする音も、
とてつもなく神聖に聞こえました。

横綱にとっても、格別の思いがあったようですよ。
なんたって、ここは
横綱憧れの双葉山も土俵入りをした場所!

一緒に正式参拝をした後、
神社の御由緒などのレクチャーを受けたのですが、

IMG_7877_R.JPG

双葉山土俵入りの日のことが書かれた
昭和15年の日誌に、横綱食いつく、食いつく!笑

IMG_7883_R.JPG

付け人に写真まで撮らせてました。

この昭和15年は、上賀茂神社の式年遷宮の3年後、
今年も同じく式年遷宮から3年後。
同じく、天気も快晴!
「土俵入りをする場所も同じですか?」なんて、
宮司様に聞き、
「同じですよ」との言葉に
とってもうれしそうな顔をされたのが印象的でした。

本当に憧れの人なのだなあ。


その後、トークショーがあり。

unspecified (1).jpg

場所を移して、撮影会。

16998659_1216090635126253_5659049241668649265_n.jpg

式年遷宮にあわせ、
上賀茂神社の神山から湧き出る水に合う、
世界にただひとつのコーヒーであり、
日本人の味覚に合うコーヒーを作り上げたAGFにちなみ、
横綱が淹れたコーヒーを飲む、の図。

横綱、コーヒーを入れるのは初体験らしく、
貴重なお味でしたよ。役得。

IMG_7902_R.JPG

この日、想像以上に報道陣が多くてビックリしたのですが、
翌日が大阪場所の番付発表でした。

横綱に記された番付表をもち、
抱負を語る稀勢の里とセットになって、
この土俵入りとトークショーの様子がかなりな尺で
ニュースで流れましたよ。

うれしかったけど、
「稀勢の里が大関をウロチョロしていたのでね」という
横綱の言葉にかぶさるように、私の笑い声が響く…。恥。

トークショーでは、
「四横綱時代が来るなんて、夢にも思わなかった。
負けられない宿命を背負った人間が4人いる。
盛り上げていきたい」なんてことも語り、
最後は「みなさん、一緒に万歳三唱しましょう!」と
盛り上げてくれた横綱。

先程のウロチョロ発言は
「時には高い壁になり、厳しい言葉も投げ、
でも、一番、稀勢の里関の横綱昇進を
待ちわびていたのは横綱ではないですか?」との問いに
「そうですね。本当に待っていました。
私の連勝記録を止めたのが稀勢の里だし、
どうしても横綱になってほしかった」と、
熱い思いを語っての言葉。

「ウロチョロ」だけ取り上げちゃうと、
ちょっとイジワルに聞こえちゃうなあと思いました。


でも、白鵬関の言葉のひとつひとつ、
控室での立ち居振る舞い、周囲への気遣いなど、
人として見習うべき点が多々ありました。

人間としての器が違う。

改めて、敬服です。

そんなんで、ちゃっかり記念撮影。

IMG_7894.JPG

石浦と大翔丸ともいろいろ話せたよ〜。
大阪場所が楽しみだ!

ラベル:相撲 神社 
【関連する記事】
posted by はたまゆ at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: