2017年10月23日

ありがたいこと2

自民圧勝にひと安心も束の間。

「野党の失策による消極的選択」
「モリカケ問題に関する国民の疑念は晴れていない」

ってさ!

またモリカケを一から始めるんですかい?
なんて不毛な…。

あんなものを「問題」と捉えているのは
なんでもいいから安倍さんにケチつけたい野党と腐れマスコミと
それを鵜呑みにする輩だけなのにー。


気圧のせいか、朝から頭蓋骨が痛くて仕方ないのに、
夕方のニュースを見てさらに頭痛が…。

原稿もイマイチ進まないので、
リハビリにきましたよ。ぷんすか。



いやいや、ぷんすかじゃない。
先週は、靖國神社の例大祭に続き、
ありがたいことがあったのです。



IMG_1201_R.JPG

富岡八幡宮からの御札です。

旧暦の9月1日である、先週10月20日。
いつものおついたち参りに加えて、御礼参りのため
正式参拝をしました。

こちら、今年1月に求めた「完走守」。

IMG_7636_R.JPG

今年から富岡八幡宮沿道が東京マラソンのコースに
なったことで、誕生したお守りです。

年が明けてすぐでしたが、
すでに昨年から引き続く様々な仕事のプレッシャーに
押し潰されそうになっていた私。

「どうか、今抱えている仕事を無事に完走することが
できますように」

と求めたのです。

神社に行くことが多いので、御朱印や御札やお守りなどは
あまり興味のない私が、
これにはすがるように反応してしまいました。

以来の私のヒーヒーぶりはこのブログからも
伝わっていたかと思います。

旧暦の1日と15日にお参りをして、
「次に来るときまでは1章を書き上げてます!」
などと誓うのに、毎度
「すみません、またも終わりませんでした…」と
いうことが続き、
いつしか1日と15日は自己嫌悪の日になりました。

あまりの自己嫌悪に、お参りにすら行けなくなったことも…。

そんなことをすべて乗り越え、無事に完走できた。
それだけで、夢のようです。

IMG_1204_R.JPG

その、溢れんばかりの御礼と
『日本の神話と神様手帖』
『笹川流』
『美しい古墳』
が、ひとりでも多くの日本人の手に届くようにのお願いを
祝詞に織り込んでいただきました。

神前で、祝詞の中で
著書名が読み上げられるのを聞いたときには
思わず胸が熱くなりましたよ。

ここでこうして生活し、仕事のできるありがたさ。

IMG_1173_R.JPG

気持ちも新たに頑張ろう。


あ。正式参拝ということで、着物は五つ紋のこちら。

IMG_1189_R.JPG

お茶の先生のところで
着物フリマ大会的なものが催されたとき、
「五つ紋なんて、着ていく場所ないものねー」と
敬遠されていたこの着物。

私、なぜかキラリーン!と
「着ていく場所がたくさんある気がする」と思ったのです。

その予感は見事に的中し、
今年一番袖を通している着物になっています。

この一枚がなかったら大変なことになっていたかも…。

ありがたいことです。



posted by はたまゆ at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。