2018年06月12日

実り

米朝会談、終わりましたねえ。

なんというか、騒ぎすぎじゃないですか?

署名したって、その通りには動かないのが北朝鮮ですよ。
我々は何度、煮え湯を飲まされてきたことか。

単独会見で
「どうして北朝鮮が約束通りに動くと思うか?」と問われたトランプが
「ヤツの情熱を感じた」的なことを言っていましたが。

アホか!!!

これほど脇甘男とは思わなかったなあ。

安倍さんが何度も何度も念押しした気持ちがわかります。
その甲斐あってか、拉致問題について、
金に話してくれたようですが。

拉致問題の解決は、日本人全員の悲願。

これ以上の悲願はない…と思っていたのですが、
そうではないことを知らしめしてくれたのが、

新潟県知事選挙ですよ。

野党大集結で応援していた池田ちかこ候補はじめ、
野党の面々。
あろうことか「拉致問題はなかった」的な発言もあったとか。

横田めぐみさんのご両親がいる新潟でなんたること。

それも許せなかったけれど、
新潟で「反安倍」を叫ぶ、野党の面々、
それを流し続けるニュースを見て、
「ああ、これで池田が勝ったら、反安倍の風が
一気に強まるな」とかなりの危機感を覚えていました。

新潟県民の良心を信じるしかない、というのがなんとも…。

でも、

与党候補の花角英世さんが勝ったよー。

思わずガッツポーズしましたよ。

でも「選挙結果」を流しただけで、後は沈黙のマスコミ。

なんで、野党があれだけ必死に応援したのに負けたのか、
検証すべきことが山程あるんじゃないですかー!

しゃしゃり出てきて、池田を応援していた小泉純一郎。
党の再三の要請にもかかわらず、
とうとう花角を応援に行かなかった小泉進次郎。

この親子や石破とか野田聖子とか、
化けの皮が剥がれてきているのを見逃さないでくださいねー。

反安倍はいいんですよ、ひとつの意見として認めます。
でも、「反安倍」だけで、その後、どういう政権をつくりたいのか、
どういう日本にしていきたいのか、
ビジョンがまったく見えないヤツらばかりなのが腹が立つのです。

国民なめるな。


さて本題(毎度ながら前置きが長い。すみません)。

出版プロデュースした本が2冊出ました。

まずはこちら。

s_IMG_3122.JPG

観光消費コンサルタントの大泉敏郎さんの初の著書、

『私、B級観光地プロデューサーです!
 日本を真の観光立国にする、とっておきの方法を教えます。』

です。

20年以上、神社探求の旅を続けていますが、
地元の観光協会、観光案内所に行って、目当ての神社の情報を
得られることは少ない。

歴史的に見て大きな意味のある神社も
「小さい」と地元でもあまり顧みられない。
「観光資源にならない」と判断されてしまうのはもったいないなあと
長年、思ってきました。

そこで出会ったのが、大泉さん。

私にとって観光とはその歴史を知り、学ぶこと。
大泉さんが説く「その地方ならではの宝物」も
学びによってしか得られないもの。

まさに我が意を得たりでした。


そして、もう1冊。

s_IMG_3112.JPG


琵琶湖の東、滋賀県近江八幡市にある創建1282年を数える
賀茂神社。

その宮司家に生を受けた、岡田能正さんの本、

『神社に行っても神様に守られない人、
行かなくても守られる人。』


どうです? このタイトル?

かなりの自信作です。

神社に関心のある人が増えてきて、
神社について書かれた本がベストセラーになるのはうれしい。

ただ、その中身が日本人と神様についての
本当に大事なことがすっかり抜け落ちた、
神様に対する敬意のカケラもないものが多いことに
長年、イライラが溜まっていました。

仏教界は若いお坊さんがベストセラーを出したりしていますが、
神道界はなかなか上下関係が厳しいところがあり、
本を自由に出せるような気風がないように見えます。

そこでまさに火中の栗を拾ってくれたのが岡田さん。

自称陰陽師とか、自称霊能者とか、自称スピリチュアリストの
本なんぞに惑わされずに、
まずはこれを読んで、
日本人としての本当の神様とのつながり方を
知っていただければと思います。

s_34387877_1651912688178277_24336087858020352_n.jpg

こちら、先日の出版記念会の様子。
お話しされているのが著者の岡田さんです。

これから日本全国でこうした記念会が催される予定。

大泉さんも全国でセミナーを積極的に仕掛けていきますよー。

どうぞよろしくお願いいたします!


posted by はたまゆ at 22:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。