2018年06月22日

スタート

サッカーW杯、始まりましたね。

日本代表を応援してはいるのですが、
私はあまりサッカーが好きではないのだなあ…と思う今日この頃。

なぜ好きではないか…というと、
まずは渋谷の交差点でバカ騒ぎする輩とか、
あとは

解説者が★ホすぎるから!

ということが上げられるかもしれません。

相撲にも、解説が下手な親方はいますよ。
でも、北の富士さんとか舞の海さんとか、
安心して聞ける人はちゃんといる。

元ロボコップ、もとい高見盛の振分親方だって、
案外ちゃんとした解説をしてくれます。

野球だって、桑田とか古田とか「良心」のような人は
しっかりといるのです。

何を聞いても根性論の元阪神・川藤のような解説者が許されるのは、
桑田とか古田がいるからなのです。


サッカーって、揃いも揃って

川藤だらけなんだよなあ。


「コロンビア戦に向けて、日本が注意しなくちゃいけないことは?」
と聞かれて、ドヤ顔で
「ミスをしないことですね!」とかさ。

中継見ていても、解説というより
一緒に応援しちゃっている気がするのですよ。

観客じゃないんだよ、もらっているギャラ分の仕事はしろよ、
と思ってしまう。



さておき、相も変わらず偏屈じじいをしている間に、

ひとつ年をとりました…。

お祝いの言葉をくださった皆様、ありがとうございました。


今年の誕生日は、千葉県小湊で迎えていましたよ。

s_IMG_3219.JPG

ビールでカンパイ☆

なぜ小湊かというと、日蓮生誕の地だからです。

s_IMG_3189.JPG

その名もズバリ、誕生寺。

小湊、鴨川周辺に、
日蓮にまつわる史跡がたくさん残っているというのを知ったのは
いつのことだったでしょうか。

「行かなきゃー」と思いつつ、時は流れ、
ついに決行となったのです。

よい旅となりました。

中でもよかったのが、こちら。

s_IMG_3218.JPG

妙蓮寺です。

日蓮が両親を祀った寺です

日蓮は父親に妙日という名を、
母親に妙蓮という名を贈りました。

そして、二人から一文字ずつをとり、
自分は「日蓮」と名乗ることにしたのだそうです。

知らなかった。

日蓮は父母への愛情が深く、
孝行を強く説いていたことは知っていましたが、
この寺で父母の墓が今も大切に祀られている様を見て、
何かこみ上げてくるものがありました。

さらには、それぞれが亡くなったときに彫った
小さな石仏も祀られていて、
それには心底やられました。

素朴な小さな石仏なのです。
石なのに、なんだか木のような
優しい、あたたかな質感が伝わってきて、
その場をなかなか離れられなかったです。

翌朝も行ってしまったくらい。

撮影不可だったので、
ここでお見せすることができないのが残念です。

でも、簡単にカメラを向けてはいけないくらい
ありがたいお姿でした。

気になった方はぜひ安房小湊の妙蓮寺に行ってみてください。

誕生寺では、こちらもずっと見たかった「波の伊八」に
思いがけず遭遇。

s_IMG_3205.JPG

三代目伊八でしたが、
初代に劣らぬ波の造形が素晴らしい。

そう、「波の伊八」とは、江戸時代にこの地で生まれ、
特に波の彫刻を得意として活躍した寺社彫刻の名人。

翌日は初代の作品も見ることができました。

s_IMG_3245.JPG

得した気分。


あと、もうひとつ。

s_IMG_3170.JPG

天津神明宮です。

初めての土地に行ったら、まずはその土地の神様に
ご挨拶しなければ。

あちこちの神社に行くので、
お守りとかおみくじとか絵馬とか御朱印などには興味がなく、
基本スルーなのですが、ここではついおみくじに
絵馬まで求めてしまいました。

なぜなら…

s_IMG_3157.JPG

なんだか、宮司様の自筆アピールの圧が強すぎて…笑。

s_IMG_3156.JPG

新しい一年のスタートに喝を入れてもらうのもいいかと
思ったのですが、

s_IMG_3160.JPG

こんなだったよーーーーーん。

なんか、いいことありそうな気がするスタートとなりました。



posted by はたまゆ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。