2018年07月23日

夜明け前

どうなることかと思った名古屋場所は
新鋭・御嶽海の優勝で終わりました。

今回思ったこと。

三横綱はもちろん、大関陣もそう長いことはもたない、
ということ。

それを暗示するかのように、
御嶽海はじめ、朝乃山、豊山、貴景勝、北勝富士、阿武咲、阿炎など、
若手がたくましく台頭してきました。

おもしろいのは、上記の若手がみな日本人ということ。

私は「日本人力士」「外国人力士」という見方には反発したい派なのですが。

日本語も話せないプロ野球の外人助っ人じゃないんだよ、むふー!とね。

でも、これだけ日本人のいい若手がいるというのは素直にうれしいものです。
久々ですしね。

千秋楽の、御嶽海ー豊山の取り組み、
舞の海さんが「申し訳ないけど、ここ数年の横綱同士の取り組みよりも
充実していました」という言葉がまさにその通り!

場所中、相次ぐ休場に「どうなることか…」と思ったのも、
夜明け前、一番に闇が濃くなる様子を表していたような。

ここから新たなパワーが育っていく高揚感を最終的には感じることができました。

えがったえがった。

ちなみに、私のひいきは貴景勝と阿炎♡

スクスク育ってほしいものです。

あと!

貴ノ岩が十両優勝だよーーー!

暴行事件で休場が続き、十両の一番下にまで落ちていた貴ノ岩。
このニ場所で相撲勘も取り戻し、ひとまわり大きくなっての幕内復帰です。
うれしいな。

でも稀勢の里、白鵬についで、鶴竜まで休場になって、
横綱不在になったとき。

「いまこそ、日馬富士に戻ってきてもらっては…」


という思いが頭をよぎりました。

きっと、まだまだいい仕事するのになあ。
返す返すも惜しいなあ。


そんなんで、相撲に夢中になっている間に国会も終了。

安倍内閣の支持率を見ても、野党が自らの無能さ、無力さ、卑怯さのみを
さらけ出した国会でしたね。

延長して、税金使って何やってんだか。

自民党も脇が甘いけど、「被災者を見捨てるなー」とか、
被災者を政争の具に使っている

お前らこそ、恥を知れ!

と思いましたよ。ぷんすか。

IR法案も「ギャンブル依存症」うんぬん言うならさ、
入場料6000円とるカジノよりも、
毎日タダで入れちゃうパチンコ屋なんじゃないの?

パチンコ屋のことは言えませんよね、献金もらってる議員ばかりだもんね。

なんだかなあ。


ぶつくさ言いながらも、
うっかり出し忘れていた風鈴を出しましたよ。

s_IMG_3396.JPG

今年は夏があまりにも駆け足で来てしまいましたよね。

風鈴も溶けそうなほどの暑さだけど、音色は涼やか。

日本の夏の知恵ですね。


posted by はたまゆ at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。