2018年08月31日

宿題

レスリングにアメフトにボクシングに、体操ですかー。
なんだかなあ。

テレビをつけるたびに「体操選手の…」というワードが
繰り返されているので、
そのたび、どうしても思い出してしまう。


自衛隊と体操せーんしゅのー


71ohSVXSuOL._SY445_.jpg

弾丸ジャッキー!


知っている方だけクスクスしてください。


好きだったんだけどなあ。
解散しちゃったんだよなあ。


でも今年に入ってからの一連のアマチュアスポーツの問題って、
悪役にされているのが主に70オーバーの方々というのがミソな気がします。

要は、彼らが極悪人なのではなく、
70オーバーの方々が生き抜いてこられたこれまでの人生で
当たり前に通用していた常識が
ここ数年で劇的に変わってしまったのがすべての問題の根源なのかなと。

彼らの肩をもつわけではないですが、
ここ数年の常識がなんとなく胡散臭く、または青臭く感じてしまう私としては
彼らを糾弾する気にはなれないなあ。

どこかでボタンをかけ違えただけ、
という気がしてしまいます。

昼間のテレビで、正義漢ヅラして彼らを叩いているヤツらのほうが
よっぽど極悪。

お前らもあと20年もすれば、そのときの常識についていけなくなるんだよ。
ふふん。


て、私はどうなんだろうなあ。
他人様に迷惑かけずに生きていきたいなあ。




そんなことを考えている間に、8月も終わりですよ。


気分はカツオですよ、奥さん!



今月中にやらなきゃいけないこと、まだまだまだ残っているよ〜。
どうしよう。


どうしよう、なんだけど先日は、
みことのり普及の会会長の茂木貞純先生が宮司を務める
埼玉県熊谷市の古宮神社の例祭へ。


s_IMG_3946.JPG

主祭神は石凝姥命(いしこりどめのみこと)。

天岩戸神話で、天照大御神を岩戸から引き出すための鏡をつくった神様です。

岩倉大明神とも言われていたというので、
てっきり磐座がどこかにお祀りされているのかと思ったら、
そうではなく、地名でもなく、この石凝姥命の「石」からきたものだそう。

1400年代に伝えられた京都の石清水八幡宮の奉納獅子舞。
しばらく中断していたのを平成10年に復活。

今では、こんな子供獅子舞が舞われたり。

s_IMG_4001.JPG

保育園児による神楽奉納もあったり。

s_IMG_3954.JPG

氏子総代の奥様方によるフラダンスがあったり。

s_IMG_4020.JPG

神社でフラダンス、意外に合うのですよ。
その前を子供たちが走り回って、水ヨーヨーぶつけ合っているのが
またなんとも。

東京の祭りは威勢のいい神輿が売りですが、
こうしたほのぼのとした集落の姿が祭りの原点だよなあと思った次第。

夏の終わりにほっこりして帰ってきました。


お土産にいただいた獅子舞の絵馬。

s_IMG_4033.JPG

魔除けになるということで、玄関に飾りました。


そんなんで、宿題山積みで8月が終わります。
どうしよう…。




posted by はたまゆ at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。