2017年07月02日

目先

奥様、大変!

都議会議員選挙、
18時現在で投票率30%強ですって!

脱力〜。
というか、全国の皆様に顔向けできない…。

アホ都民め〜。

あと2時間でなんとか、50%は越えたいなあ。
それは難しいのかなあ。
悔しいなあ。

なんだろう、この無関心。
恐ろしい。

気分を変えて!

いいお知らせです。

編集プロデュースをしたカリスマ営業マン
高橋英樹さん(桃太郎侍じゃないよ)の著書

『ごくフツーの営業マンが何でも売れる営業マンに変わる
 すごい「売り方」』


という本が6月14日に発売になりました!

IMG_9074_R.JPG

そして、このほど

・丸善丸の内店
・三省堂書店神保町本店
・三省堂書店一番街店
・三省堂書店有楽町店
・有隣堂ヨドバシAKIBA店
・旭書店池袋店
・ジュンク堂書店池袋店

の7つの書店とアマゾンで、

ビジネス書部門の週間売上1位!

日経新聞売上ランキングでも1位!

…という、オドロキの展開を見せております。


これまでの「売れる営業マンになる」的な本とは
まるっきり違う、
自分に自信のもてない、仕事を楽しめないでいる若者の

人生もまるごと変えてしまえるかもしれない本

になったなあ…という手応えはあったのですが。

でも、もっと売れてほしいー!

そのためにも、
私もこれまでとはちょっと違うことをしたいと思い、
「Facebookやるなら、Instagramと連動させるほうが
いいですよ。Instagram、普及率が違います」と
専門家にアドバイスされたことを思い出し、
Instagramを始めることにしたですよ。

早速、それ用に写真も撮りに行きましたよ。
(そんなことしてる余裕ないのに…汗)

冒頭の写真の他にも

IMG_9079_R.JPG

こんなのとか

IMG_9067_R.JPG

こんなのとか。

公園で仕事サボっている営業マンの味方になるよ♡的な
アプローチですね。

…でも、Instagramの設定ができず。

いつものことですが、早々に心が折れまして。
というか、そんなことやっている場合じゃないことを
思い出し、今にいたる。

今抱えている仕事と確定申告と運転免許の更新を
終えたらやる!

ええ、平成28年度分の確定申告、
まだ終えていません…。

すべては仕事を終えてからだ!



ラベル:仕事 愛国
posted by はたまゆ at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

感謝

安倍首相が応援演説に入った秋葉原に
「安倍やめろ」の団体と籠池氏が乱入。
相当荒れたようですね。

ああ、明日の選挙はどうなるかなあ。

「古い議会を新しい議会に変えよう」と
盛んに呼びかけているけれど、
新しいものが古いものより優れていると思うのは
間違いです。

さて。

7月になりましたねえ、奥様。

予告通り、富岡八幡宮摂社の富士浅間神社へ
お参りにいきました。

IMG_9101_R.JPG

一昨日はバケツが置いてあったここも
今日はこんなに祭り仕様。

毎年求めるのは、この日にしか授与されない大蛇守。

IMG_0535_R.JPG

これまでは迷いもせずにこの紙でつくられた
大蛇守をいただいてきました。

でもね、今年は違ったの。

紙にはまったく心が動かず、
代わりにこちらにロックオン。

IMG_9105_R.JPG

藁で作られた大蛇守です。

なんで去年まで、こちらにしなかったのかわからない。
もう未来永劫、こっち。
…とまで思ってしまうほど、こちらに魅かれました。

なんでだろ?

そんなことをfbにアップしたところ、
神職の方から

「藁のおろちを形代にされている、
吉備の道通様、吉備の荒神様、熊野様方が
お導きされているのでは」


とのコメントがありました。
納得。

つくづく、ありがたい。

七渡弁財天様にもおついたちのご挨拶。

IMG_9100_R.JPG

しっとりと心が落ち着きました。

本当は、鉄砲洲稲荷神社のお富士さんにも
行きたかったのですが(今日だけ特別に登れるのです)、
雨で断念。

でも、このしっとりとした感覚こそが
今の私に必要なものなのかも…と思いました。

すべてに感謝。


ラベル:深川 愛国 祭り 神社
posted by はたまゆ at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

折り返し

真由子様にともちん(稲田朋美)に、
自民党、まさに背中から撃たれまくっていますねえ。

そのたび張り切る蓮舫の声が
非常にーーーーーーーに耳について閉口…なんですけど。

真由子様、ダウンタウンの松ちゃんが

「年末の『笑ってはいけない』に出てきて歌われたら、
一発で笑ってまうわ」


と言っていたのがウケました。

それは、ちょっと見てみたい。
というか、そこしか禊の場はない気がするな。

本人、ことさらにこの国のことを考えて
議員になったのではなさそうですし、
単に「人と違う人生」「人よりも目立つ人生」を
希望しているのなら、そういう道もありだと思う。



さておき。
今年ももう半年が終わってしまいますよ、奥様!

アワワワワー。

こちら、本日の富岡八幡宮。

IMG_9083_R.JPG

明日の「夏越の祓い」の準備が整っていました。

昨日はなかったので、
今日の早朝につくられたのだと思います。

この茅の輪をくぐることで、半年の穢を落とし、
新しいパワーをいただける。

12月の年越と6月の夏越は対のようなものです。

年越は意識するけど、夏越はしたことない…という方は
この機にぜひどうぞ。

近所の神社を「夏越の祓い」で検索すれば、
ひとつくらいは見つかると思います。

茅の輪をくぐる際は、左足から。
もちろん、帽子などはとってくださいね。

平安時代につくられた、我が国で三番目に古い勅撰和歌集
『拾遺和歌集』には、こんな歌も詠まれています。

水無月の 夏越の祓ひ する人は
千歳(ちとせ)の命 延ぶというなり


この句を唱えながら、
茅の輪をくぐるのもいいらしいですよ。


そして、翌7月1日。
「お富士さん」を祀る神社では
「山開き」が執り行われます。

江戸時代、神の山である富士山に行きたいけれど行けない
江戸っ子たちはせっせと町内に富士山をつくりました。

有名なところでは、品川神社。

IMG_0364_R.JPG

階段の左側がお富士さんになります。

こちら入り口。

IMG_0344_R.JPG

だいたい、どこのお富士さんもこうした
ゴツゴツとした溶岩が溶けたような姿です。

お富士さんの頂上からの光景。

IMG_0370_R.JPG

思いのほか高いのですよ。
天下とった気分になります。


代わって、こちら我が町・富岡八幡宮のお富士さん。

IMG_9086_R.JPG

江戸時代の古地図を見ると、結構な大きさなんですが、
今はこんなプチサイズ。

摂社・浅間神社の裏にあります。

IMG_9084_R.JPG

7月1日の山開きに向けて、
きれいにしている途中だったようで…。

IMG_9085_R.JPG

バケツはあれど、人は見えず。
いいのかー?

私の仕事も、もう少しでようやく山を越します。

ラストスパートへの力を
夏越の祓いとお富士さんで注入!です。

ラベル:神社  深川 
posted by はたまゆ at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

手柄

藤井聡太四段、前人未到の29連勝!

o-FUJI000-570.jpg

すごいですね!

21世紀のこの期に及んで、まさかの将棋大フィーバー!

私でも「将棋をやっておけばよかった…」と
思ってしまうのだからすごい。

羽生フィーバーのときだって、
そんなこと思わなかったぞ。

「ここでの、藤井四段の手が考えられないものなんですよ」
なんていう解説とか、
観戦していて、一手指すたびに「おー」とか言っている
将棋ファンを見るたび、

なんか悔しい…(負けずギライ)。



世の中の視線が一気に集中するものは
ついついナナメから見てしまう偏屈BBAが
どうしてこう一連の藤井四段フィーバーには
キバが出てこないのだろう。

某歌舞伎系の話だって、キバ出てるのに…(人非人)。


考えたところ、藤井四段はじめ、師匠の杉本さんとか、
ご家族とか、登場人物がみな控えめなところが
私の偏屈ゴコロにハマるのかな、と。


思うに私、
金メダリストの親とか、ノーベル賞受賞者の妻とか、
それなりに関係はあるとはいえ、
主役以外の人物がしゃしゃり出てくるのが、

大キライ!

なんですよ。

「いや、お前、関係ないから」と思ってしまう。

ノーベル賞の妻は、受賞の中身がわからないバカマスコミが
勝手に祭り上げてしまうことが多いので、
気の毒な感じはするのですが、でもキライ。


大昔、結婚していた人が同じく出版関係の人で
結構なベストセラーを出したとき。

「旦那さん、すごいね」てな感じであちこちで
褒められたのですが、そのときも

「は? いや、私、関係ないし」

と、いちいちイラッとしていたオレ…汗。

言ってくれた相手には笑顔で
「ありがとうございまーす♡」と返していましたよ。
でも、胸の中はなんだかモヤモヤしていたなあ。

きっと、「人の手柄に乗っかる」ということが
許せないのだと思います。



唯一、藤井フィーバーに乗っかってはしゃいでいる感じの
加藤ひふみん九段。

10300053.jpg

もう、この人の場合は規格外というか、
何をやっても許せてしまいますね。


将棋界、意外といいキャラ揃い…ということが
わかったのも今回の収穫。


でも、同じく中学生でプロデビューしたという
渡辺明さんのことは知らなかった…。

watanabeakira2.jpg

世の中的にはどうだったのかな???? 汗

posted by はたまゆ at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

浄化

豊洲に移転後、築地を再整備、再移転ですかあ。

「築地は守る、豊洲も活かす」って、

正気ですかね???

豊洲派、築地派両方から一票を得ようというだけの、
単なる選挙のための意思表示に過ぎない気がするなあ。

選挙後、また方針転換とかね。
この場合の方針転換は大歓迎ですけども。

ニュースを見るたび、クサクサすることばかりです。

昨日は、某タレントの事務所移籍問題ばかりだし。
ワイドショーはまあいいとして、

NHKでやることかい?

ビックリしました。

かと思えば、安倍内閣の不支持率急増の話とかね!

これってさ、こんなことで不支持が増えちゃったら、
ますます野党が
「とにかくなんでもないことでもケチつけて、
内閣はウソつきって騒げばいいんだ!」
って思いますよ。

ますます国会がアホみたいな議論(にもなってない)の場に
なりますよ。

テロ等準備法案の「採決が横暴だ」と言いますが、
野党が時間切れを狙って、しょーもない質問ばかりを
繰り返していたから、ああなったわけで…。

それをどこも報道せず、
「まだ議論が尽くされていない」
「説明責任を果たしてない」という論調ばかりの報道。

いったいどうなっているのでしょうか?

せっかくお誕生日に素晴らしい場所で浄化していただいたと
いうのに、東京に戻ってからこちら台無しですよ…。

こちら素晴らしい場所。

IMG_9038_R.JPG

滋賀県近江八幡市の賀茂神社です。

今から1281年前、聖武天皇の命により、
国中のいい氣の集まる場所として選ばれ、
創建された神社です。

そのいい氣の集まる場所というのが、
本殿の南側にあるこの杜。

IMG_9031_R.JPG

普段は注連縄が張られている場所に、
特別に入らせていただきました。

IMG_9035_R.JPG

空からも、足下からもいろんな氣が注入されてくる感じ。

IMG_9028_R.JPG

写真からも、その氣が届くといいのですけどー。

いい氣に包まれた感覚を思い出して、頑張ろう。
ラベル:神社
posted by はたまゆ at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

献杯

野際陽子さん、亡くなられましたねえ。

前回の記事でも言及した今季の大好きドラマ
『やすらぎの郷』にも出演していたのに…。

明らかに年齢を感じさせる出演者も多い中で、
スタイルも変わらず、肌もつやつやしていて、
「衰えないなあ」と思っていたのに…。

大昔、お嬢さんと一緒の学校だったので
(私が中学生のとき、あちらは小学生)、
お迎えに来ていた野際さんを見かけたことがありました。
きれいだった。

『やすらぎの郷』、9月まで続くんですよ。
出演者がご高齢の方々ばかりだけに、
ちょっと心配(失礼)。

関係ないですが、今季好きなのは、
『やすらぎの郷』『リバース』、そしてもうひとつ


『架空OL日記』です。


おそらく、知らない方のほうが多いのではないでしょうか。
なんたって、放送時間が深夜2時30分。

バカリズムが原案、脚本、そして主演もしている作品です。


奥さん、わかりますか?

主演、ですよ。
タイトル、『架空OL日記』ですよ。


はい、こんなですー。

story10_1.jpg

番組サイトより拝借。
銀行勤務のOLという設定なのです。

こちら、アフター5(死語?)の私服シーン。

story03.jpg

すごくないですか?
ことさら女装も化粧もしていないのに、
OL(という設定の女優)に混じって
違和感のないバカリズム。

ちなみに、41歳です。

この世界観にヤミツキです。



さておき。

昨日のニコ生も無事に放送できました。

ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。
りん花隊長へのあたたかいお言葉、うれしかったです。

りん花隊長追悼の回でしたが、冒頭、かなつさんが
「露木茂です」というので大爆笑。

IMG_9060_R.JPG

露木茂が追悼番組のお約束と理解できた方、
「昭和の人」認定です。

アメブロでは、その模様が4コマになっていますので、
よろしければコチラもご覧くださいませ。

番組内では、かなつさんが
私の19歳のバースデーをお祝いしてくれましたが、
放送日前日の14日は誕生日でした。

朝は大阪、そこから近江八幡に移動し、
さらに名古屋、そして東京…という素敵にカオスな誕生日。

名古屋では、中学からのお友達、KばこにSちんが
お祝いしてくれました。

IMG_9045_R.JPG

わーい。

Sちんとは
もしかしたら20年ぶりくらいなんじゃないか…と
思いますが、そんなことはまるっきり関係なく。

ひたすら笑い転げて過ごせましたよ。

そして、誕生日のたびに思うのは
「お父さん、うまくやったなあ」ということ。

私の誕生日は、父の命日でもあります。

IMG_9040_R.JPG

今年の献杯。

予告していた台湾ラーメンも食べてきましたよー。
おいしかった。

今回の出張グルメに関しては、またの機会に。

ラベル:仕事 ドラマ
posted by はたまゆ at 21:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

涙をふいて

芸能界、なんだかなあ…な事件が続いていますねえ。

小出くんはイタいなあ。

田中聖くんはブログの
「ホテルの21階の部屋の外から窓をたたく人がいる」
との投稿がフィーチャーされ、
「やばい」だの「ラリっている」だの言われていましたが、
あの人は昔から「見える人」だったんですよ。

私は彼が12歳くらいから何度も取材していて、
街中や電車の中でバッタリ会ったりもしていて、
そういうときもニコッと笑って挨拶してくれる、
とってもかわいい人でした。

コワモテ、やんちゃになってからもそれは変わらず。

そして、小さい頃から
「僕、実は見えるんだよね」なんて話すので、
そういう話が大好きな私はいつも聞き出して
楽しんでいたのでした。

本当に見えていたのか、
それを確かめる術はありませんが、
とにかく、そういう人だということです。

頑張って、きちんと生きてほしいなあと思います。

同様に実はいい人なのかもしれないけど、
許せないのは、橋爪遼ですよ。

その存在も、橋爪功の息子ということも
事件で知りました。

そしたらさ、私の大好きな『やすらぎの郷』にも
出ているし、
島根県の知り合いが大勢、去年から関わって、
いろいろ頑張っていた『たたら侍』にも出ているしさ!

超絶迷惑!!!!

『やすらぎの郷』、いいんですよー。
倉本聰が渾身の思いを込めて、
今のテレビ文化や人生について書いていて、
たった15分の時間の中に、
心に響く言葉が必ずひとつはあります。

『ひよっこ』にはないけど…。

脚本の岡田惠和さん、好きなんだけど、
これはなんだか外しているなあ。
15分を持て余しているようにしか思えない。
これからの巻き返しを期待します。



なんてことが言いたかったわけではなく。

今週15日(木)は

月に一度のお約束、ニコニコ生放送の日!です。

りん花隊長を亡くした悲しみはまだまだ癒えませんが、
ミレイ姉さん(かなつさん)と一緒に、
隊長の穴を埋めるべく

涙を笑顔に変えて、頑張ります!

ぜひぜひ遊びに来てくださいねー。

こちらのサイトから、
「タイムシフト予約」をしておけば、
無料でご覧いただけます。

いつもと同様、ワンコのこと、
日本のことについての質問や、
「こんなこと話してほしい!」という
リクエストもお待ちしてますよー。
よろしければ、コメント欄に書き込んでくださいね。

てなわけで、私、これから関西へ出張です。
東京に帰ってくるのは、放送日の15日!

放送でお話しできるオモロイことがあるかなあ。

名古屋名物・台湾ラーメンは食べてくる予定です!

数ある名古屋名物のうち、
食べていないのはこの一品だけ!
楽しみだあ。

ラベル:芸能 仕事
posted by はたまゆ at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

歴史

昨日は我が町の富岡八幡宮にて、
横綱・稀勢の里の奉納土俵入りがありました。

江戸時代から相撲興行が頻繁に行われていた
八幡宮境内には「横綱の碑」など、
相撲との深いつながりを示すものが
たくさん残されています。

式典とか神事などもいろいろあったのですが、
とりあえず11時半から始まるという土俵入りの雰囲気を
感じに行ってみましたよ。

IMG_8939_R.JPG

境内はすごい人。
本殿改修中につき、カキワリなのが
なんとも残念。

写真は撮れませんでしたが
稀勢の里の背中がひと際大きく見えました。
空高く抜けるように響いた柏手の音の清々しさ。

土俵入りは野外がいいなあ。

昨日は肝心の横綱の碑にも近づけなかったので、
今日、改めて行ってみました。

IMG_8948_R.JPG

さすがに人がひっきりなしに来ていましたよ。

IMG_8946_R.JPG

稀勢の里の名もしっかりとー。
歴史を感じますねえ。

よい横綱になってほしいです。

ラベル:相撲 神社 深川
posted by はたまゆ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

踏襲

巨人、12連敗ですかあ。

いや、球団史上初だろうが、
桑田も原もいない巨人にあまり興味はないのですが…。

96958A9E93819499E2E59AE1E08DE2E5E2E4E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXMZO1741960007062017000001-PB1-5.jpg

ふと、先月の関西出張を思い出したのです。


芦屋での仕事を終え、かねてからの憧れであった

巨人軍の定宿に宿泊♡

翌朝は、芦屋神社への参拝から始まりました。

IMG_8393_R.JPG

百人一首でおなじみ、猿丸のお墓があったり、
こんな古墳も残っている古社です。

IMG_8404_R.JPG

山の中腹にあるため、行きはタクシー。
お屋敷街をのぼっていきます。

IMG_8411_R.JPG

車だとほんの5分程度ですが、かなりの傾斜。

これを徒歩で登るのは結構なトレーニングだなあ、と
長嶋監督を思い出しました。

はい、芦屋泊の翌朝は芦屋神社への参拝が
お約束になっていたのです。

思わず、タクシーの運転手さんに話しかけてみたところ、
「長嶋さんが神社に行くことがわかっているので、
子供たちやファンが大勢、ホテルの前で待っていて、
ぞろぞろ一緒にのぼってましたよ」
なんて、話も聞けました。

本題はここからです。

私「原監督はどうでした?」
運転手さん「原さんも行ってましたよ」
私「じゃあ、由伸も?」

運転手さん「いや、由伸は見ないなあ」

私、「由伸、いかんですね!」

…というやりとり。

なんでも、神様にこじつけるわけではないけれど、
昨年も振るわず、今年も12連敗ですよ。

ねえ。

勝負の世界に限らず、
神様や先人が続けてきたことへの理解と敬意は
人として、最低限必要なものなのでは…
と思うのですよねえ。
ラベル:神社 野球
posted by はたまゆ at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

お役目

国会は毎度アホらしい攻防が繰り広げられていますねえ。

テロ等準備罪法案についても、
特区についても、中身のある議論ならいいんですがね。
野党による、ただのケチつけ大会だもんなあ。

そんなことやっている時間があるのか????


私も実は

ブログ書いている時間もありません。

次の仕事が軽くお尻に火がついている状況です。
きゃは♡

そんな中ですが、ご報告。

毎月、ニコ生で活躍してくれていたりん花隊長。

IMG_8776_R.JPG

IMG_6104_R.JPG

IMG_7237.JPG

6月3日に、虹の橋を渡ってしまいました。

先月の放送の数日後に、
数値が悪いことから検査入院…のはずが
あれよあれよと…涙。

びっくりして、まだあんまり現実味がありません。

不思議なことに、
りん花隊長がかなつさんのところにやってきたのが
去年の6月4日。
そして亡くなったのが6月3日。

きっかり1年間。

それでも会うたび、かわいくなっていくのがわかって、
「ああ、愛されるってすごいなあ」と思っていたのです。

りん花隊長の最期の1年は
そういうことをかなつさんのブログやニコ生を
見ている多くの方に気づいてもらうため、
保護犬活動によって救われる命がひとつでも増えるため、
ペットショップがなくなる日が一日でも早くなるため、
にあったような気がしてなりません。

犬にもお役目があるのです。

人がお役目を果たさなくてどうする!


りん花隊長に背中を押された気がしています。


posted by はたまゆ at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする