2017年06月01日

脱稿

一昨日の夜のこと。
1年4カ月もお待たせし続けている原稿を書き上げ、
ダダ上がりしてしまったテンションを抑えきれず。

うおおおおおーと自転車に乗り、走り出す。

IMG_8884_R.JPG

月がきれい。
川面に映る明かりがきれい。
正面には東京スカイツリー。

ここで生きていることに感謝しつつ、
向かった先は、両国・野見宿禰神社。

IMG_8888_R.JPG

五月場所が無事終わったことを相撲の神様に感謝。

三月場所中には終わるだろう…と思っていたのに終わらず、
GW前には終わるだろう…と思っていたのに終わらず、
五月場所中には終わるだろう…と思っていたのに

終わらなかった!!!!


いや、その前に、去年の桜の頃に終わっていないのが
十分気が重くて、桜もよくよく楽しめなかったのに、
今年の桜の頃も終わってなかった…て。

こちらには、楽し気な桜弁当をアップしていましたが、
生きた心地がしていなかったです。

そんなこともなんとか乗り越え、
五月場所が終わった後に
ちょっとひと息つけるタイミングがあったのですが、
お約束の発熱。

ひと息ついて気が抜けるといつもそうです。

そして、とりあえずの肩の荷が下りてのこの日。

野見宿禰神社の後は、健康ランド!
アカスリでつるぴかで至福〜。

IMG_8896_R.JPG

帰り道、井筒部屋の前で「鶴竜、頑張れ!」と
闘魂注入もしてきました。


そんな翌日は、1年4カ月も原稿お待たせしたせいで
ご迷惑をおかけした方々に
「切腹最中」を持ってのお詫び行脚。

IMG_8910_R.JPG

ご存知ですか?

忠臣蔵の浅野内匠頭が切腹した屋敷の跡地に建つ
新正堂さんの大ヒット商品。

IMG_8905_R.JPG

やらかしちゃった営業マンなどが
得意先にお詫びに行くときの定番手土産となっています。

私も一度、これ持って
お詫びに行ってみたかったのですよ〜。
実現。
イエーイ(反省してない…)。

昨年発売の本をお手伝いするはずが、
お待ちいただいていたにもかかわらず
できなくなってしまったディグラム木原さん。

IMG_8908_R.JPG

こんなウェルカムで迎えてくれました。
ありがたい話です。
涙が出ます。

あとは、たまった洗濯とか
冬用ふとんを夏用ふとんに、とか
冬用ラグを夏用ゴザに、とか雑事をして、
近所に買い物に出たら、
姉御家・光枝さんにバッタリ。

モスバーガーで現在、期間限定・絶賛発売中の
ハニーレモンジンジャーエールを買いに行くところ、
と聞き、同行。

IMG_8904_R.JPG

だって、
お友達のカズさんの瀬戸田レモンが使われているのです。

IMG_9616.JPG

甘さ控えめ、キリッとさわやかな味わいがまさに夏!

18814230_1356843771095579_141908777883045024_n_R.jpg

イエーイ(2回め)。

光枝さん、この後、なんとウォッカを入れて
飲んだらしい。
昼間なのに…笑。でも、

絶対、ウマいと思うー!

よろしかったら、お試しください。



ああ、こんなことを普通にできる日が
私にも訪れるなんて。

しみじみうれしい。


でも夜、外に飛び出して、
シャツ一枚で全然寒くないことに驚いて。

路傍の花がすでに、つつじから紫陽花なことに驚いて。

IMG_8918_R.JPG

家にこもって原稿書いている間に、
季節は確実に過ぎていたのだなあ。


そして今日から!
1年4カ月お待たせした原稿の最終仕上げ作業と、
いよいよ次の新しい山に登り始めますよ!

こうして書いた、ささやかなことで
エネルギーチャージできている自分にちょっとビックリ。

頑張ろう。
ラベル:深川 神社 季節 仕事
posted by はたまゆ at 21:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

生意気

去年の今週は

皇居の清掃奉仕に行っていたんだなあ…(遠い目)。

13239465_1017070851703912_9021229479596993758_n_R.jpg

夢のような時間でしたよ、ホント。

何がそんなに素晴らしかったのか、
こちら、去年のブログです。
よろしければお読みください。

陛下が御在位のうちに、もう一回行きたい。

去年から抱えている大きな宿題を終えたら、
やりたいことがたくさんあります。


そんな中、ショックなニュースが……。

「明治のカール、東日本での販売終了」って…涙。

スナック菓子はほとんど口にしない私が
年に数回、無性に食べたくなる唯一のものが


カールのチーズ味なのに!!!!!!


あ、年に数回だからダメなのか?(笑)


同様のことを、facebookに書き込んだところ
「スナック食べない女子がいるなんて…」という
コメントがあったのですが、
スナックどころか、ケーキもアイスも食べないぞ。

小腹が空いたとき、食べるのは煎餅です。

最近のお気に入りがコチラ。

IMG_8881_R.JPG

堅さも醤油の濃さも私好み。


小さい頃からそうだったなあ。

私以外は甘党の我が家
(ついでに私以外は下戸。捨て子疑惑が消えず)。

意識せず、私も食べていましたが、
何がどうおいしいのかわからなかった。

食べ終わったら、
お煎餅を食べて口直しをせずにはいられなかったことを
覚えています。

好きじゃなかったんでしょうねえ。

「食べ物の好き嫌いをいちいち言うのは下品」

と、思っている子供でもありました。

「おいしい」と思えなくても死ぬわけじゃないんだから、
黙って食べろ、と。

ただ鰻だけは
「高価なものだから、
おいしいと思わないのだったら食べないほうがいい」と
「キライだからいらない」と伝えていたなあ。

なんか余計なことをいろいろ考えている
小生意気な子供でしたよ。


ちなみに、酒好きになってから、鰻の旨さに目覚め、

今では、大・大・大好物です♡


どうでもいい話で失礼しました。

ええ、お気づきの通り、
原稿に煮詰まっての逃避です…。


ラベル:愛国
posted by はたまゆ at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

国体

大相撲五月場所、早々に鶴竜が休場となり、
先場所に続き、四横綱揃い踏みが続かず…。

鶴竜は一月場所に続いての休場だし、
今場所もまったく力が入っていないようだったし、
これはかなりの大問題ですよ。

復帰場所は力士生命をかけての場所になります。

それが番付が下がって済む大関以下と違う、
横綱という地位の厳しいところ。

まさに生きるか、死ぬか、なのです。

大好きな井筒親方の弟子ということで
私は鶴竜を早くから応援してきました。

闘志を内に秘めちゃうところが
ちょっと私好みではないにしろ
(気が強い力士好き。朝青龍しかり、今なら貴景勝)、
上手だし、賢いし、
「ああ、いい力士だなあ。長く土俵にいてほしいなあ」と
思っていたのです。

大関になるまでは「納得」だったのですが、


まさか横綱になってしまうとはあああー!


こんなこと言っちゃあなんですが、当時
「ちょっと違うのではないかなあ…」と思いました。

うっかりなっちゃった感が拭えなかった。

または、きつねにつままれた感。

横綱審議委員会の面々が苦言を呈しているらしいですが、
「いやいや、推挙したのお前らだろう!」という気が
どうしても消えません。

関係ないですが、

横審に入れるくらい偉くなりたいなあ。

野望です。

そんなんで、厳しい状況ではありますが、
鶴竜にはしっかり怪我を治して復帰してほしい。

四横綱時代を担う、大きな責任があるのですから。

稀勢の里は連日、ギリギリの闘いが続いています。
でも、そのギリギリを制しているところがすごい。

横綱になる前、平幕にあっさり負ける取り組みが多かった
あの稀勢の里とは別人のようです。

ひとえに「あきらめない」という思いの強さを
感じるのですよねえ。

人は思いでこれだけ変われる。
私も頑張りたいと思います。



さて、本題(前置き長い)。

昨日のニコ生も無事、放送できました。

IMG_8776_R.JPG

ご覧いただいた皆様、コメントくださった皆様、
ありがとうございました。

昨日は、いつも置物のように動かない
りん花隊長がアグレッシブに動き回る、
ある意味、神回でした。

タイムシフト予約をしている方は
そのあたりもぜひお楽しみになってください。

昨日、冒頭で話したことは
眞子内親王殿下のご婚約について。

めでたいことですが、それに伴い、
「女性宮家を認めるべき」という論調が
民進党から復活していることは見過ごせません。

「眞子様、佳子様が
ご結婚後も皇族として活動できるように」
「将来、悠仁様おひとりに負担がかかるのを防ぐために」
といったいかにもやさしい、耳障りのいい言葉が並べられると、

「なるほどね。今は男女平等の時代だし、
女性だけが結婚したら皇族から離れるって変!」

なんて、簡単に誘導されてしまいそうですが、


待てい!!!!


これは大問題ですからね。

まず、女性宮家創設は「女系」を許す、という
日本建国以来の大大大転換を示すものであるということ。

今上天皇までの125代に渡り、我が国の天皇は
男系男子によって受け継がれてきたものなのです。

これは「国体」そのものであり、
「時代が変わったから」なんてことで
左右されるべき話じゃない。

女性宮家が創設されて、
たとえば愛子様にお婿さんがきます。

しかるべき家柄の人が選ばれるでしょうが、
その選考基準は?

その子孫が将来、この国の天皇になることは、
なんだかわからない基準で「是」とされた
血筋に国ごと乗っ取られること。

大げさ、と思いますか?

私は耐えられないな。

皇族の減少を防ぐための対策としては、

「戦後、皇籍離脱した11の宮家を戻す」

という案に1票です。
すべて男系男子の家柄ですから。

ここで大事なのは、皇族と認めるのは、

「宮家として復帰した後、誕生した子供に限る」

ということ。

あまり知られていないことですが、
天皇は単なる国家元首ではない。

日本の神職の最高位にある方という意味合いが
ことのほか重いのです。

陛下が私たちの見えないところで
祈りにどれほどの時間を割かれているか。

「全身全霊でのぞむのが厳しい」としたご発言の
「全身全霊」はまさにこの祈りに向けられた言葉であると
私は思います。

天皇がそういう地位であり、存在である以上、
世俗にまみれた人間に負える任では初めからない。

帝王学なんてものが足元にも及ばない、
もっと崇高な、深淵な教えがそこにはあり、
それは幼い頃から身につけていかねば、
体得できないもの
(天皇になるための教えはそれよりさらに数段上のもの)。

11も宮家があるのですから、男の子も生まれるでしょう。
生まれたときから、皇族としての教育を
日々身につけていく。

それで安泰じゃないですかー。

何をわちゃわちゃ議論することがある?

ついでに言っておきたいのが
「愛子様が天皇になれないのはかわいそう!」
「女性差別!」
「時代錯誤!」…なんていう意見。

ヘソで茶を沸かすわ!

私が同性婚に反対なのも同じ理由なのですが、
すべては「国体」なのです。

時代や感情に左右されていい話じゃない。

これは何があっても曲げませんよ!
ふんぬー!!

ラベル:愛国 相撲 仕事
posted by はたまゆ at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

速報

眞子内親王殿下がご婚約だそうですね。

テレビの画面に「ニュース速報」の文字が入ってくると、
大抵は悪い話なので、
ドキッとしたり、気分が暗くなったりするのですが、
久々に明るい話。

思わず、「おお!」と言ってしまいました。
(喜び方がオッサン)

お相手の「海の王子」との出会いのきっかけが
「留学についての意見交換会」とのことで、
「ふーん、そんなのがあるんだ」と思っていたのですが、
「合コン」を上品に表現すると、そうなるんだとか。

ほほおおー。

さておき。

心よりお慶び申し上げます。

昨年の天長節(天皇誕生日)、
一般参賀で撮影したひとコマ。

IMG_7283_R.JPG

小さいですが、
右から二番目が眞子様、一番はじが佳子様。

眞子様、佳子様がいらっしゃることで、
ぐっと華やいだのですよねえ。

眞子様のこうしたお姿も今年で見納めですかあ。
そして、天皇陛下ご自身も…涙。

時代は移ろっていきますなあ。

そういえば、神田沙也加も結婚し。
沙也加ちゃん、30歳と聞いて、
「ひゃー」と思いましたよ。

時代は猛スピードで流れているようです…。

ひと月経つのも、
信じられないくらい早いですものねー。

ええ、明後日18日(木)19時からは
月に一度のお約束、ニコニコ生放送です。

今月もかなつさんによる、
あの世にいる人、ワンコ、ニャンコからのメッセージが
受け取れるオラクルカードを実施!

占ってほしい方は、
番組放送中にコメントを送ってくださいね。

コチラから「タイムシフト予約」をすれば、
無料でご覧いただけます。

お待ちしてまーす!


おまけ。

前回の記事でちらっと触れた
「うすいえんどう」の豆ごはん。

foodpic7687247.jpg

作ってみましたよ!

うすいえんどうは皮が薄くて、やさしい味。
一方、グリーンピースは皮が硬くて、青くささが
強いかなーという印象でした。

豆が苦手な人でも、うすいえんどうは大丈夫かも。

でも私は青くさいくらい豆々しいのが好きなので、
グリーンピース派かもしれません。

色もグリーンピースのほうが鮮やかな気がするな。

ちなみに、まぐろの脳天はお刺身で楽しんだ後、
しょうがと煮ました(左上)。
ネギマ汁(大好物)も作り、残りは冷凍。

新ごぼうは梅干し煮にー。
食べたくて仕方がなかった一品です。
やっぱりおいしい。

手前味噌ですが、
こうしたごはんを食べ終わり、食器をキッチンに運ぶとき、
「おいしかったー」と無意識で言ってしまっていることが
多いのです。

ちょっと恥ずかしいけど、
幸せなことなんだろうなあと思います。


ラベル:愛国 料理
posted by はたまゆ at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

安心

一昨日の三重テラスでの『神田祭の魅力』セミナー、
無事終了いたしました。

IMG_8718_R.JPG

神田神社の成り立ちをお伝えするということは、
平将門のことをお話しするということで、
個人的にはウキウキします。

首塚話、大好き♡

三重テラスの前の三越はすでに神田祭仕様。

IMG_8684_R.JPG

祭り前のこの空気がいいのですよねえ。

あとは少しでも見に行けるように、

ひたすら原稿書くのみ!


…なんだけど、今朝起きたら、無性に築地に行きたくなり。

IMG_8739_R.JPG

自転車またがり行っちゃったよーん。ぴゅーん。
新緑が目に優しかったです。

築地では、波除稲荷神社にご挨拶。

IMG_8737_R.JPG

私の前に、シンガポールくらいかな?の
アジア系の男の子が手水をしていたのですが、
ちゃんとできてた。

勉強してきてくれたのだなとうれしくなりました。

日本の70代くらいの人が手水の柄杓に口をつけたり、
参拝のときも脱帽しなかったり、
一番マナーが悪い気がします。

そんなことを思いつつ、外国人でぎうぎうの築地で買い物。

今日の戦利品は、まぐろの脳天500gで300円と、
北海道の天然鮭5切800円。

あとは梅干しと気づけば豆ばっかり。

IMG_8741_R.JPG

豆好きです。

初めて「うすいえんどう」で豆ごはんが作れるよー。
わーい。

和歌山の人に「グリーンピースで作るのは
豆ごはんじゃない」と教えられた衝撃から早一年。
どれほどおいしいのか、楽しみです。

あと、大豆はひじき煮に投入。
青豆はひたし豆にー。

冷蔵庫においしいものがあると思うと、
すごく安心して、仕事にも集中できるのですよね。

頑張ろう。


ラベル:仕事 神社 
posted by はたまゆ at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

帰京

4泊の関西ロングロードを終え、
昨晩、無事に帰京しました。

旅は大好きだけど、
帰ってきての自分のおふとんの幸せ感たるやー。
たまりません。
昨晩も幸せでした。

結構疲れていましたが、ぐーっすり眠って、
今朝はスッキリ。

まだまだ若い!

…ということにしておこう。


そんな本日19時からは、日本橋・三重テラスにて
『神田祭の魅力』講座を開催します(無料・要予約)。

Img_2075_R.jpg

まだ若干、お席もあるようなので、お時間ある方はぜひ。
詳しくはコチラをどうぞー。

明日からの神田祭の楽しみ方が変わりますよ。

ラベル:仕事
posted by はたまゆ at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

皐月

奥様、大変!

GWも後半戦なんですって!

…脱力。

知らないうちに5月になってるし。
仕事は終わらないし。
胃が痛い、どころの騒ぎじゃありません。

明後日には出張が控えているので、
なんとか目の前の山だけでも越えなくては〜。

そんなんで、
本当はブログ書いている余裕もないはずなんですが、
お知らせしなければならないことがひとつ。

今年は、2年に一度の神田祭の年!

ということで、2年前に引き続き、
日本橋・三重テラスで『神田祭の魅力』という講座を
開くことになりました。

神田祭開催直前の5月10日19時から、
無料(予約制)です。
詳しくはコチラをご覧くださいませ。

IMG_8165_R.JPG

こちらは、三重テラスのお隣にある福徳神社。
三重テラスに行くときは、こちらに必ず手を合わせます。

福徳神社へのお参り方々、
講座にも顔を出していただけるとうれしいです。

三重テラス、当然ながら
三重のおいしいものもいっぱい売ってますよ。

この時期のおすすめは、生あおさ。

IMG_8157_R.JPG

こんなふうに、伊勢うどんにトッピングしていただいたり、
お味噌汁に入れても歯ごたえ、風味ともに満点です。

IMG_8206_R.JPG

伊勢うどんも初めて食べたときは
松田優作ばりに「なんだ、こりゃ!」と
言ってしまったものですが、
今では、あのふにゃふにゃくたくたのうどんが
時々たまらなく恋しくなるように。

パッケージには「ゆで時間3〜4分」と
書いてあったけど、物足りなくて

15分もゆでちゃったさ!

もっと、ゆでてもよかったさ!

人間、変われば変わるものですね。

…って、ホントに仕事しなきゃヤバイんだから。

今年は心を鬼にして、
端午の節句飾りも我慢しようと思ったのに
「出して−」っていう、
この子たちの声が耳から離れず(ノイローゼ)、
朝一番に出してやったさ!

IMG_8331_R.JPG

てぬぐい額も、鍾馗さまにしたさ!

IMG_8334_R.JPG

日の丸も掲揚したさ!

IMG_7673_R.JPG

本日、憲法施行70年。

独立国としての矜持をもって、
安倍内閣の憲法改正案を支持します。

さあ、仕事しよう。
ラベル:料理 季節 愛国
posted by はたまゆ at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ご縁

ああ、日が暮れる。

「今月中に」と言われていた仕事は
「30日までに」と考えていいんだよね????

で、できれば担当編集者がGWを満喫してくれて、
8日まで出社してくれないといいなー。

という、とんでもない妄想…汗。

世の中は、GWなんだなあああああああああああ。



今日もノルマまではまだまだ果てしないので、
ちょっと逃避して。

今月、袖を通した着物コレクション。
(アド街ック天国のBGMで)

IMG_8192_R.JPG

紅型と、帯は蝋纈染です。
桜の時期は過ぎたけど、
まだまだ春を感じたくて、の組み合わせ。

IMG_8314_R.JPG

今、80代だという方からまわってきた着物と帯。
どちらもピンクと銀糸でハマりました。

IMG_8316_R.JPG

こちらも着物は80代の方からのもの。
帯は20年近く前、着物を着られるように
なったばかりの頃に、自分で買ったもの。

まだ慣れていなくて、
「合う」と思った着物に、まったく合わなかった…
という一品です。

登場機会がほとんどないまま、
今日まできたのですが、
こんなに夢のように合う着物がやってこようとは〜。

春の山並みのように見えていたので、
この時期に着られるのがうれしい。

こうして見ると、着物って本当に不思議ですよね。

それぞれ、あちこちから私のもとへやってきたのに、
昔からこうして着られることが決まっていたかのように
ピタリとハマる。

帯揚げ、帯締めもそれほど多くは持っていないのに、
なんだか合うものがスルスルと出てくるのですよ。

組み合わせを考えている時間の楽しいことったら。

「着物を着たいけど、お金がかかりそう…」と
思っている方には、
「そんな心配しないで!」と、声を大にして言いたい。

箪笥の中で何年も何十年も、
着てくれる人を待っている着物が
たくさんいるはず、と思うんですよねえ。

私のところにも着てねー。
まだまだ待ってるよー(欲張り)。

ラベル:着物
posted by はたまゆ at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

笑い話

今村復興大臣、事実上の更迭ですかあ。

先日の激高会見は
質問していた記者がとんでもない輩だったこともあり、
そんな輩の術中にまんまとハマってしまった情けなさは
ありつつも、同情の余地はありました。

でも、今回はなあ…。

二階派のパーティーで行われた講演の中での失言、
と聞いたときは
「あんなポンコツに講演させるなんて、
どんなトラップだよ、意地悪だなあ」
と思いましたが、
名誉挽回のためにわざわざ用意された舞台だったとか。

恩を仇で返すほうだけでなく、
用意したほうもアホです。

お願いだから、安倍さんの足を引っ張らないでほしい。


以前から表明している通り、
私は政治家をはじめとする公人でも
やるべき仕事をきっちりやってくれていれば、
愛人がいたって問題なし、という考えです。

「人の手本となるべき政治家が不倫なんて…」などという
ワイドショー的な正論は、へそで茶を沸かしちゃう派。

政治家なんて特に、愛人くらい囲っていたほうが
大物っぽくていいわあ、
なんなら麻生太郎ちゃんの愛人になってもいいなあ、
くらいに考えているのですが、
重婚騒動の中川俊直については
あまりに幼稚でお粗末で、なんだかなあ。

だから「ウェディングドレスが着たい」だの
その写真、全部、週刊誌に売っちゃうような女が
相手になるのでしょうけど。

どっちもどっちですな。



気分が悪いので、笑い話をひとつ。

民進党・山尾志桜里が
「共謀罪は自首すれば刑が軽くなる。
共謀者が裏切って密告するのは問題」と発言。


何、テロリストの仲間割れを心配してんのさ!


語るに落ちる、とはこのことですな。
ほのぼのするくらいの笑い話です。


最後に、先日の靖國神社、勅使御参向の写真が届きました。

17990669_10212913443379184_1878002327357964969_n.jpg

参道に並び、勅使様がいらっしゃるのを待ちます。

18159643_10212912492115403_106861321_o.jpg

勅使様の前に、靖國神社の神職様が本殿に向かいます。
このときは敬礼。

18120029_10212912492275407_327176209_o.jpg

その後に、勅使様が続きます。
このときは最敬礼。先程よりも深いお辞儀になります。

18120306_10212912492435411_751734989_o.jpg

この後、待機で勅使様がお戻りになるときに
また最敬礼。

最後、お車を見送るまで2時間ほど。

礼装と黒留袖と磨き上げられた参道のコントラストが
美しいなあ(自画自賛)。

次の世代へと大切に伝えたいお務めです。
ラベル:神社 愛国
posted by はたまゆ at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

お務め

靖國神社春季例大祭二日目、勅使御参向。

IMG_8295_R.JPG

天皇陛下からの御幣物を携えていらっしゃる勅使様を
御奉迎団としてお迎えしてまいりました。

18073465_10212891673434949_520864906_n_R.jpg

それだけで、とても栄誉なことですが、
私の人生において、
きっと縁はないだろうと思っていた黒留袖に
袖を通せるのがうれしい日でもあります。

境内は新緑の装い。
その間を時折、はらはらと舞い散る桜の花びらが
とても美しかったです。

御奉迎の後は、みなで昇殿参拝。
こちら、撮影不可なのでお見せできないのが
残念なのですが、とても美しい場所なのです。
空気にも凛としたものを感じます。

機会があれば、
ぜひぜひ昇殿参拝を経験してみてください。

こんな御供物をいただけますよ。

IMG_8304_R.JPG

しばらくは金平糖で、
原稿書きに疲れた脳に糖分補給ですな。

IMG_8300_R.JPG

千鳥ヶ淵、今年は桜の時期を楽しめなかったのが
残念でしたが、
ぽつりと咲いている桜の木と
菜の花のコントラストがよい風情でした。

大好きな場所です。
ラベル:神社 愛国
posted by はたまゆ at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする